愉快的生活~上海~

2009年4月から始まった上海生活の中での新たな出会いや発見、中国語の勉強法など。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

go for next phase!

2015-03-02 13:39:51 | 生活 ~日本~
ちょうど、去年の今頃に5年暮らした上海から日本に戻ってきました。
あれから、1年・・・。

本当にあっという間の1年でした。
上海の前のバンコク生活も含め、ほぼ10年ぶりに日本での「リアル生活」に戻り、ようやく根っこを据えて生活するって感覚がわかったような、わからんような。

この1年で、いろんなことから抜けられない状況になり、これまでの「期限付き」の状況から、「無期限」での責任を持つ状況に。
夫は夫で半年前に会社を作り、「来るもの拒まず」方式でいろんなものを受けた結果、今や抜き差しならない?状況になっているし、
夫婦そろって、走るのを止めるわけにはいかない状況に確実になっています。
バンコクで、優雅に平日ゴルフを楽しんでいたころには想像もしなかったわ~。


10年にわたる私と夫との海外生活は、昨年の上海からの帰国をもって、いったんこれで終了したわけだけれども、
またこの先は、海外で仕事をしているかもしれず、むしろ、また海外で暮らす可能性を積極的に大きくしていきたいな、と一人企んでいるところ。

あらためて振り返って、この10年の海外生活は、私たち夫婦にとって本当に濃密な宝物のような時間だったなあ
スティーブジョブスが言うところの、「conneting dots」、点(ご縁)と点(ご縁)がつながるような経験や出会いが本当に盛りだくさんでした。
本当に、このご縁がなければ、為し得なかったことだらけです。

そんなご縁をくれた、夫くんの元会社には感謝の気持ちでいっぱい

この1年はちょっとゆっくりとしすぎた感じがあるので、今年はスピードを付けて、次のステップへ行かなくちゃ。

Go for next phase!

海外で生活する日本人の色んな経験やモノの見方のようなものを伝えられたら、と思って始めたブログ。
2003年から始まったバンコク時代からのブログは、2007年からのUSCPAの受験日記が基本となっています。

そこから一旦日本に戻り、一年後には上海へ。
5年を上海で過ごし、日本へ戻ってきました。
こうして読み返してみると、自分の海外生活の備忘録として、とても良かったと思います。

これで、私の日記も終わりです

日本に帰って来てから、これといった新しいネタも更新できませんでしたが、訪問して下さった皆さん、ありがとうございました

Stay Hungry, Stay Foolish !


(バリ島のチャングービーチにて)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャパニーズジビエ@琵琶湖

2015-02-17 15:38:30 | 生活 ~日本~
1月の終わりに、日本最大の湖、琵琶湖の湖畔で今が季節の「鴨」を頂きにいきました
いつも食べる合鴨じゃなくて、「真鴨」 行く前からテンションが上がります

魚清楼さんは、200年以上の歴史を持つお料理屋さんだそうです。

お店の真横にある浮御堂へお参りをしてから、お店にはいります。


この日は、寒いながらも晴天に恵まれました






魚清楼さんの玄関
元は、堅田市内の別の場所にあったそうですが、この浮御堂の真横の土地が空いてるということで、
移転されてきたそうです。
本当に絶好のロケーションですね


いよいよ、鴨料理が始まります
深紅色の真鴨肉、美味しそう~


このローストも、本当に美味しかった。
お代わりお願いしたいくらい・・・。


鴨鍋の美味しさは、本当絶品で。


絶品と言えば、この鮒鮨。
琵琶湖と言えば、鮒鮨ですね
イメージがすこぶる悪い?鮒鮨ですが、私たちが頂いたのは、まだ漬け込みが浅い鮒鮨だったので、
唐墨のような、烏賊の塩辛的な?そんな日本酒がすすんで困ります的な、絶妙のお味でした

 この量を4人でペロリ

真鴨さん、今日はありがとう




■ 魚清楼
滋賀県大津市本堅田1-17-3
JR堅田駅からタクシーで10分くらい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝する日

2015-02-16 10:34:46 | 生活 ~日本~
先週は、私の誕生日でした

今年も、この日を健康で元気に迎えられたこと、そして家族や友人、同僚に恵まれていることに感謝をする日です

というわけで、事務所の皆さんに振る舞い酒ならぬ「振る舞いシュークリーム」を配りました。
中国式ですね~ 中華圏の方はお誕生日の方がごちそうするっていう習慣があるんですよ。
 × 3箱 

お店のシュークリームを買い占めてしまった

夜はお家でゴハンです
外食も多いから、家でゆっくり好きな物を作って食べるのがいいな~ってことで
いつも、お客さんが来られたときにするミスジ1キロのローストビーフ
この日は自分の為に焼いて、堪能しました~




母からもらったブーケ


友人が持って来てくれた春らしい花束


久しぶりにダンナさんからもらった花束 
ダンナさんが花束くれたの、意外だった~~
なおさら、嬉しいナ


感謝の気持ちを忘れずに、この一年も健康で頑張れますように・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風に立つライオン

2015-01-16 17:17:41 | 読書
まっさんこと、さだまさし氏の名曲の一つに、「風に立つライオン」という歌があります。
さだまさし氏の曲の世界そのものの、物語仕立てのこの曲。
アフリカで巡回医療に携わる青年医師が、日本に残したかつての恋人に宛てた手紙が曲の枠組みとなっています。
とても穏やかな歌詞でありながら、アフリカにいる自分の目から見た豊かな現代の日本人を憂う内容を強く伝えるメッセージソングになっています。

そして、この曲に惚れ込んだ、俳優の大沢たかおさんからの強く熱いリクエストでようやく書き上げられたのが、小説版「風に立つライオン」です。
この3月には主演が大沢たかおさんのキャストで映画が公開されます
もういまから、楽しみで、楽しみで・・・

戦禍のアフリカで犠牲になる人々を過酷な医療環境の中で治療にあたる医師と、命を助けられた戦争孤児との人間のつながりを軸にして描かれる「心のバトン」。
そして、そのバトンはこの豊かな日本で起きた東日本大震災の被災地へと引き継がれる・・・。

「生きるとは?」を熱く語り、自分は何ができるのか?と深く問いかけるこの一冊。
最後は涙なしでは読めません。

一人でも多くの人に読んでほしい一冊です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

gift

2015-01-06 15:41:12 | 生活 ~日本~
gift, 贈り物というのは、物質的なものだけとはかぎらない。
有形・無形のものを私たちは、日々色んな人から受け取っているんだなあ、と思う。

特に自分の親からもらう贈り物は、その人の人生を左右することもあるだろう。

私の父は私が19歳の時に50歳という若さで亡くなってしまったのだけれども、一緒に居た時間が19年しかなかったのに、
本当にたくさんのものを私に遺してくれたんだと、つくづく思うようになった。

幼少時に上海の日本人租界に住んでいたという父は、「これからは中国だ」と
口癖のように私に話して聞かせていたのを今でも鮮明に覚えている。
父の仕事の関係で、子供の頃から台湾の人との交流が深かった我が家。
子供だった私も、そんな環境を当たり前だと思っていた。

進学を考えたときに、自然と選択肢になったのは、外国語大学だった。
それも「中国語専攻」が第一志望。
そこから、私の外国語に親しむ一歩が始まったように思う。

父が亡くなって20年余り。
まさに父が私を導くように、その後の私は、北京、バンコク、上海、とそれぞれの土地にどっぷりと浸かって生活をし、その言語を身につけた。
そうやって、「外国語」というツールを手に入れたことで、世界が一気に近いものとなり、個性豊かな友人たちとの交流や、また言葉で人のお役に立てる喜びを得られた。

私の人生の方向性をこんな風につけてくれていた父のギフトに、今更ながら感謝するこの頃です。

ときに、遺産やgiftとは、物質的なものを思い浮かべがちだけれども、私の場合の遺産とは、父が私を導いてくれた道。

今年、2015年は、その道に磨きをかけるように、努力と精進をしよう。
ついつい、それまでの「貯金」で生きてしまいがちだけれども、ちゃんとメンテナンスをしなければ。
せっかくもらった人生。磨きをかけるか、そうでないかは自分自身。

今世で父がきっと巡り合わせてくれた旦那様と共に、この先の人生も充実した時間を送らなければ、父に会わせる顔がありませんものね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年の準備

2014-12-27 12:56:46 | 生活 ~日本~
ほぼ12年ぶりくらいに、日本でお正月を迎えるので、きちんと新年の準備をしようと慌ただしく動いています✨

お正月のお飾りも一夜飾りは良くないとのことで、30日の今日に慌てて準備。



今年のお正月のしつらえは、仏手柑のお飾りです
柑橘系の果物ですが、実はほとんどなくて観賞用のもの。
その形が、仏様が合掌している姿に似ているとのことで、「仏手」と言われているそうです。
この果物、中国ではそこまで珍しいものでもなかったのだけれども、日本でこの仏手柑を栽培してる農家さんはごく少数だそう。

たまたま、いつも行くお花屋さんで見つけてたの

柑橘系の果物はお正月のお飾りとして使われることが多いですね。
「橘」が「吉」に通じるということで、縁起物のお飾りですね。

このお正月はこの仏手柑のお飾りで、良い新年を迎えることができそうです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

那覇マラソン

2014-12-08 18:17:49 | ランニング
昨日は今年の大イベントのひとつ、那覇マラソンに参加してきました。
無事完走することができて、やれやれです



会社の恒例行事と化している、この那覇マラソン参加も今年で6年目。今年は35歳の営業マンが3時間7分の大快挙 このために17キロ落としたとか
もはや、完走は当たり前で、私の5時間13分なんて、ださっ!って感じでした



それにしても、那覇マラソンの楽しいこと。沿道の応援が最初から最後まで途切れることなく、皆さん、それこそ手弁当で黒砂糖やらオレンジ、バナナとか、準備して下さっていて




子供から大人、おじいちゃんおばあちゃんの声を枯らしての声援には、走りながらウルっとしたことが何度もありました。

那覇マラソン、最高でしたしんどいのは相当しんどくて、まあ練習したなりのタイムですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2014クロアチア旅行 vol.1

2014-11-19 16:47:34 | 旅行
11月の初旬、クロアチアに行ってきました。
初めてのバルカン半島の旅

ルートは、大阪~フランクフルト~オーストリアのグラーツから国境をバスで越えてスロベニアで一泊し、そこからクロアチアに入り、アドリア海に沿ってドブロブニクまで南下し、
帰りは、ボスニア・ヘルツェゴビナのサラエボに一泊して、そこからウィーン~フランクフルトを経由して関西空港に帰ってくるルート。


到着翌日のスロベニア観光は、ブレッドにあるブレッド湖の観光から始まりました。

朝一番、8時半。まだ湖には霧がかかって何にもみえません・・・。
こんな可愛らしいボートに乗って、湖の中に浮かぶ聖マリア教会とブレッド城のある小島を目指します。



だんだんと霧が晴れてきて、教会が見えてきました・・・!





島の全体はこんな感じで、おとぎ話の中に出てきそう




この階段を上がり教会とブレッド城に向かいます。



美しいマリア像


荘厳な雰囲気の教会の中



鐘を鳴らすと幸せになれるという鐘を鳴らします


ブレッド城内にある、3代続く鋳物屋さん。
キャンドルスタンドを買いましたよ



■ 宿泊:Golf hotel Bled Slovenia
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

練習あるのみ。

2014-10-31 14:23:52 | ランニング
毎日、仕事と家のことであっという間に1日が過ぎて、気がついたらもう帰国してから半年が経ってしまいました。
何のエクササイズもしてないので、まずいなあ~とは思っていたのだけれども、なかなか何も始められないままにグダグダと時間は過ぎていくばかり。

6年前から社内の有志(男性営業マン)が12月の沖縄の那覇マラソンに挑戦するようになり、いつしかそれは彼らの参加必須の「年中行事」になってしまった。
走るなんてとんでもない!って感じの社員の人も、自分だけ脱落するのは非常にかっこうわるいということで、皆12月を目標にせっせと自主練に励んでます。

今年は、私もうっかり一緒にエントリーしてしまいまして

暑さも和らいだ9月半ばあたりからボチボチと練習を開始しています。

6年前に完走したマラソンの記憶があるからか、どこかで「きっと完走できるはず」という甘い考えが頭をよぎります。

でも、これも準備をちゃんとしてないと、絶対に急には42キロも走れませんからね。
そう自分に言い聞かせつつ、もれなくダイエットもついてくるぞ、とニンジンをぶら下げながら、週に2回は走るように頑張ってます


my daily running course
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宅建受験

2014-10-22 15:54:39 | 生活 ~日本~
先週末に「宅地建物取引主任者試験」、いわゆる宅建を受験してきました

4月か5月に受験することを決意したものの、何せ通信講座での独学。これはなかなか気力を保つのが大変ですね

途中、すっかり受験することを忘れ去ってしまっていたのですが、9月に入ってからいきなり受験モードに入りまして。
でも、そんな付け焼き刃の勉強では、到底太刀打ちできる試験ではありませんでした

自分の中の理解度40%で、挑んだ宅建試験。

結果は50点中20点
あかんすぎやろ、という結果です~

でも、見事、自分の理解度と本試験の点数が合致していたこと(50点X40%)に、膝をうって「やっぱり」と妙に納得したワタシ

色々と言い訳はあるのですが、結果は結果です。
準備をちゃんとした人だけが、ちゃんと試験に合格するのです。

来年は、学校に通おうと決意

宅建の試験がおわったので、次のタスクは12月の那覇マラソンです


受験会場の関西大学

コメント
この記事をはてなブックマークに追加