LoFi - Lab

オルタナティブ・ロック、クルマ、etc...

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SHURE E2c

2005-07-09 | 音楽 - そのほか

ネットワークウォークマン用にSHUREのヘッドフォンE2cを使い始めて1ヶ月ほどになります。
買った当初は曲によっては特定の音域、ちょうどスネアドラムあたりの音域が詰まる感じがしてしっくり来なかったのですが、最近はエージングが進んできたのか違和感無く聴けるようになってきました。
まあ単に耳が慣れたせいもあるかもしれませんが、エージングにより音が変化している部分は少なからずあると思います。

E2cのイヤパッドは透明シリコンタイプの「フレックス」とオレンジスポンジの「フォーム」がそれぞれ3サイズ付属しますが、自分はフォームのMサイズを使っています。
ただでさえ独特な形状をしているところにオレンジのスポンジを装着すると、異様さがさらに増してなんだか貝の中身みたいな感じです。はじめのころは人前でこれを装着するのはちょっと躊躇しました。今は全然平気ですが。
フレックスは1番小さいSサイズでも耳穴が痛くなってだめでした。それにフォームのほうが遮音性が若干高く、低音も出るように感じます。

ネット上を検索すると、今まで聴こえなかった音も聴こえるようになったという方が結構いますがそれは本当でした。
E2cに変えてから、「あれっ?この曲こんなフレーズが裏で鳴ってたんだ」とか、「無音だと思ってたけどボーカル何かしゃべってる?」みたいなことが結構ありました。
おそらくこれはE2c遮音性のおかげなのでしょう。たとえウォークマン付属品の安ヘッドフォンでも静かな部屋の中でなら聴こえるはずの音だとは思いますが、E2cの場合は電車の中でもそれが聴こえるというところが凄いです。
以前はソニーのEX51(だったかな?)を使っていて、これもカナル型(耳栓型)なのでそれなりに遮音性はありましたが、E2cと比べると雲泥の差でした。

ドンシャリ気味だったEX51と比べるとE2cはかなりフラットな特性に感じます。EX51の場合ドンシャリにも関わらず、遮音性の低さからか電車の中だと低音が不足気味でプレーヤーのイコライザーで補っていたのですが、E2cにしてからはイコライザー無しでもOKになりました。

結局のところE2cには非常に満足しているのですが、SHUREのヘッドフォンの中では1番安いエントリーモデルです。上にはさらに上があります。自分は特にオーディオに凝るほうではないのですが、E5cや最近出たE4/E4cはどんな音がするのか非常に興味があります。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネットワークウォークマン NW... | トップ | PORTISHEAD / DUMMY »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【耳栓】 (それとなく必要な品々)
Sponsored Links bgColor=#ffffff border=0> href=