わが家の太陽光発電所

太陽光発電を導入して、1年が経ちました。これから太陽光発電の導入を考えている方に参考になれば幸いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2010年12月31日をもって、「わが家の太陽光発電所」は、終わらせていただきます。

2011-01-03 23:47:43 | 日記
2010年12月31日をもって、「わが家の太陽光発電所」は、終わらせていただきます。
過去1年の傾向をみていただければ、太陽光発電の大づかみな傾向は、分かっていた
だけると思います。
長いあいだ、見ていただいた方、陰で応援していただいた方、お付き合いしてくだ
さいまして、ありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前月12月の成績は、赤字6656円と惨憺たるものだったわい。ま、前年12月と似たようなものだったんじゃが

2011-01-01 10:41:06 | 日記

※12月分は、12月31日現在の数値
※能力倍数」とは、発電量が発電能力の何倍発電したかを表す数値である。「わが家の太陽光発電
所」の場合、発電能力は3.2kwで、今年1月の発電量は212kwだったから、「能力倍数」は、66倍になる。
この「能力倍数」は、これか太陽光発電を考えている人に、分かりやすい判断基準を、という意図で
設けた。6.4kw(シャープの場合、パネル40枚)を設置すれば、×66=422.4kwを発電するという計算
になる


※12月分は、12月31日現在の数値。21年12月、22年1月分光熱費には、灯油1缶分代金(12月は
1040円、1月は1,100円)、22年12月分光熱費には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む
※「満足度指数」について、買電額と売電額が等しいレベルで満足度100とするが、グラフ上で見やす
くするために10倍し、1000とした。言い方を換えると、満足度1000になれば、日常生活の必要電気量
をオール電化によって賄えますよ、ということを示している。算式は次の通り。売電額÷買電額×1000


※表示している月は、電気の使用月ではなく電気代の支払い月を示している。対象となる期間は、
月によって多少異なるが、だいたい中旬(20日ごろ)~中旬(20日ごろ)である。したがって、図A、B
のデータとは、期間のずれがあるので多少異なった数値になる
※買電額には、灯油代を含んでいる。したがって、実質的には「光熱費」である。一昨年は暖房に
石油ストーブを使用したので、20年11月~21年4月は灯油代を次のようにプラス(11月36L 12月
54L 1月72L 2月72L 3月54L  4月18L)、18L=1500円として計算した。なお売電額は、21年11
月1日支払い分はkw当たり28.62円。12月1日支払い分(10月20日~11月19日の電気代)は二種類の
売電価格が混在する。21年10月20日~10月31日の分については28.62円、11月1日以降の分について
は48円になる。買電価格は時間帯別料金なので単純計算できないが、買電額÷電力使用量でみると、
各月平均kw当たり17円になる
※22年2月、3月(それぞれ1日支払い分)の買電額には、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分
1,100円)含む


※印の買電額は、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分1,100)を含む。その他諸条件は、上図Cの※印と同様である


※上の表の売電額は、kw当たり48円(21年11月1日よりこの価格。それ以前は中国電力の場合、28.62円だった)。
買電価格は、kw当たり17円(これまでの実績からみた概算値)として算出した
※12月23日の買電額には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む


────────────────────────────────────────

12月の精算値がでたぞい。赤字(売電額よりも買電額のほうが多い状態)が、6656円にもなる
惨憺たる成績じゃった。
 もっとも、このうち灯油代2560円(1280円×2)が含まれておるからのう。そうびっくりする
ほどの赤字でもないんじゃが。
 一昨年12月の赤字は5300円で、このなかには灯油1缶分(1040円)が含まれておるんじゃが、
昨年12月も灯油を1缶分とすると、6656円-1280円=5376円 で、一昨年よりも76円多いだけとい
うことになる。ま、たいして変わらんということじゃな。例年、12月のパフォーマンスはこんな
ものなんじゃろう。
 さて、2011年に入ったんじゃが、太陽光発電の全量買取制がどうなるか、注目じゃな。

────────────────────────────────────────

●前月(11月19日~12月19日 使用日数31日間の光熱費 1月1日支払い分)の実際の収支決算

 買電額は8,737円で売電額が7,488円となった。差し引きの電気代は1,249円。さすがに今月
は光熱費ゼロ、というわけにはいかなかった(図C、表A参照)。
 昨年同時期と比べた光熱費削減率は、95.4%(表A)になった。
 太陽光発電を入れる前の同月には、光熱費は27,397円かかった。
 だから光熱費削減額は、
  27,397円-1,249円=26,148円
 となる。
 比率で表すと、95.4%の削減効果となる。
オール電化(エコキュート+太陽光発電+IH)による省エネ効果は、導入前に予想して
いた以上に大きい。
 ただし、以下のような条件下においての数値である。どのような場合にもあてはま
るわけではないことに留意した方がいいだろう。条件によっては、以上の効果が望め
るだろうし、条件によっては下回る数値になる可能性もある。

 ────────────────────────────────────

【わが家の太陽光発電所 基礎データ】

メーカー   : シャープ ND-160AV
パネル(モジュール)枚数  
       : 20枚
最大発電量  : 0.16kw(パネル1枚当たり) × 20(枚) = 3.2kw
         ただし、取り付け位置がすべて真南ではないので、最大発電量
         は、下記のようになります。
パネル(モジュール)取付位置
       : 1F屋根 南側 4枚 東側 6枚
         2F屋根 南側 10枚
         発電量は、パネルを取り付ける方角によって、次のようにちが
         ってきます。
         真南 を100とすると
         南東、南西 約96%
         東、西   約85%
         真北    約66%
         になります。
         ですから、わが家の場合、
         南向き 0.16kw(パネル1枚当たり)×14(枚)=2.24kw
         東向き 0.16kw(同上)×6(枚)×0.85=0.816kw
         南向きと東向きとを合わせて
         2.24kw+0.816kw=3.056kw
         これが最大発電量になります。
         パネル20枚がすべて南向きの場合の95.5%で、4.5%のマイナ
         ス。これを大きいとみるか、小さいとみるかは人によってちが
         うでしょうが、わが家では、「これぐらい、いいか」で決行し
         ました。
         
         
取付場所   : 岡山県赤磐市
         岡山県は「晴れの国」と、謳っている(岡山県人だけ?)よう
         に、太陽光発電設置には最適の地。自分の住む地域がその点で
         適地かどうか、調べた方が良いでしょう。
導入コスト  : 約 200万円
補助金    : 国 244,000円 岡山県 244,000円 合計 488,000円
ローン対象額 : 約 1,500,000円


●【オール電化】コスト
エコキュート : 約 550,000円
IH (電磁調理器):100,000円
国からの助成金 : 41,000円
ローン対象額 : 約610,000円
太陽光発電システムと合わせた投資額 : 2,110,000円
月々返済額(15年、金利3.8%) : 15,397円
昨年の月平均光熱費 15,000円(暖房用の灯油代 年間25,000円を含む)
家族構成 : 老夫婦2人

太陽光発電設置(オール電化)の目標として、
まず、これまでの光熱費(月平均15,000円)をどれぐらい減らせるか、
がポイントになります。
それから二番目に、光熱費がゼロになったとして、
ローンの返済額をどれだけ減らしてくれるか、
がポイントになります。  

●オール電化にかけた費用は、現金で設置した場合、約9.4年で取り戻せる
2009年1月~12月の光熱費削減額(オール電化以前の光熱費との比較 表A参照)
は224,980円となった。一方、オール電化にかけた費用は約211万円。だから、
  2,110,000 ÷ 224,980 ≒ 9.4 (年)
となる。つまり9年と5か月で、オール電化にかけた費用は取り戻せるということ
である。
 ただし、これは現金で設置した場合で、ローンの場合とは異なる。
 わが家の場合でいえば、毎月返済額は、15,397円を15年(180回)返済するから
  15,397 × 180 = 2,771,460( 円)
  2,771,460 ÷ 224,980 ≒ 12.3(年)
となる。つまり、12年と4か月で取り戻す、ということになる。

 以上は、あくまでわが家の場合で、諸条件によって変わることに注意してほしい。


●太陽光発電システムおよびエコキュート設置業者
:岡山県(株)住まいるサポート

(オール電化にするには、多額の費用がかかります。太陽光発電システムとエコキ
ュートで、上記のように約255万円を要しましたが、かなり安くしていただいたと
思います。そのうえ説明も親切・丁寧で、施工も満足できるものでした。
 太陽光発電を相談したとき、最初に提示された見積額が250万円以上なら、導入
に踏み切らなかったでしょう。年金暮らしで、暮らしにそれほど余裕があるわけで
はないからです。業者選びも、導入するかどうかの重要な要素になると思います)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

42インチのプラズマテレビを買うたんじゃが、それで消費電力量が昨年より増えたんじゃろうか

2010-12-29 14:15:47 | 日記

※12月分は、12月28日現在の数値
※能力倍数」とは、発電量が発電能力の何倍発電したかを表す数値である。「わが家の太陽光発電
所」の場合、発電能力は3.2kwで、今年1月の発電量は212kwだったから、「能力倍数」は、66倍になる。
この「能力倍数」は、これか太陽光発電を考えている人に、分かりやすい判断基準を、という意図で
設けた。6.4kw(シャープの場合、パネル40枚)を設置すれば、×66=422.4kwを発電するという計算
になる


※12月分は、12月28日現在の数値。21年12月、22年1月分光熱費には、灯油1缶分代金(12月は
1040円、1月は1,100円)、22年12月分光熱費には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む
※「満足度指数」について、買電額と売電額が等しいレベルで満足度100とするが、グラフ上で見やす
くするために10倍し、1000とした。言い方を換えると、満足度1000になれば、日常生活の必要電気量
をオール電化によって賄えますよ、ということを示している。算式は次の通り。売電額÷買電額×1000


※表示している月は、電気の使用月ではなく電気代の支払い月を示している。対象となる期間は、
月によって多少異なるが、だいたい中旬(20日ごろ)~中旬(20日ごろ)である。したがって、図A、B
のデータとは、期間のずれがあるので多少異なった数値になる
※買電額には、灯油代を含んでいる。したがって、実質的には「光熱費」である。一昨年は暖房に
石油ストーブを使用したので、20年11月~21年4月は灯油代を次のようにプラス(11月36L 12月
54L 1月72L 2月72L 3月54L  4月18L)、18L=1500円として計算した。なお売電額は、21年11
月1日支払い分はkw当たり28.62円。12月1日支払い分(10月20日~11月19日の電気代)は二種類の
売電価格が混在する。21年10月20日~10月31日の分については28.62円、11月1日以降の分について
は48円になる。買電価格は時間帯別料金なので単純計算できないが、買電額÷電力使用量でみると、
各月平均kw当たり17円になる
※22年2月、3月(それぞれ1日支払い分)の買電額には、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分
1,100円)含む


※印の買電額は、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分1,100)を含む。その他諸条件は、上図Cの※印と同様である


※上の表の売電額は、kw当たり48円(21年11月1日よりこの価格。それ以前は中国電力の場合、28.62円だった)。
買電価格は、kw当たり17円(これまでの実績からみた概算値)として算出した
※12月23日の買電額には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む


────────────────────────────────────────

 同じ12月でも、ことしはひときわ消費電力が多いようじゃのう。ついに昨年レベルを超えて

しもうたわい。このぶんなら、あと2日で40kwはいくじゃろうから、昨年1月レベルをも超えて、

かるく630kwはいきそうじゃのう。エネルギー的に、暮らしが格別ぜいたくになったわけでもな

いし……、そうか、そういえば中旬に42インチのプラズマテレビを買ったが、それも影響して

おるんじゃろうか。発電量は昨年12月と同じようなペース(今のところ昨年より12kw少ないが

あと2日で届く範囲じゃよ)じゃから、やはりエネルギー使用量が昨年より増えたということ

なんじゃろうか。

────────────────────────────────────────

●前月(11月19日~12月19日 使用日数31日間の光熱費 1月1日支払い分)の実際の収支決算

 買電額は8,737円で売電額が7,488円となった。差し引きの電気代は1,249円。さすがに今月
は光熱費ゼロ、というわけにはいかなかった(図C、表A参照)。
 昨年同時期と比べた光熱費削減率は、95.4%(表A)になった。
 太陽光発電を入れる前の同月には、光熱費は27,397円かかった。
 だから光熱費削減額は、
  27,397円-1,249円=26,148円
 となる。
 比率で表すと、95.4%の削減効果となる。
オール電化(エコキュート+太陽光発電+IH)による省エネ効果は、導入前に予想して
いた以上に大きい。
 ただし、以下のような条件下においての数値である。どのような場合にもあてはま
るわけではないことに留意した方がいいだろう。条件によっては、以上の効果が望め
るだろうし、条件によっては下回る数値になる可能性もある。

 ────────────────────────────────────

【わが家の太陽光発電所 基礎データ】

メーカー   : シャープ ND-160AV
パネル(モジュール)枚数  
       : 20枚
最大発電量  : 0.16kw(パネル1枚当たり) × 20(枚) = 3.2kw
         ただし、取り付け位置がすべて真南ではないので、最大発電量
         は、下記のようになります。
パネル(モジュール)取付位置
       : 1F屋根 南側 4枚 東側 6枚
         2F屋根 南側 10枚
         発電量は、パネルを取り付ける方角によって、次のようにちが
         ってきます。
         真南 を100とすると
         南東、南西 約96%
         東、西   約85%
         真北    約66%
         になります。
         ですから、わが家の場合、
         南向き 0.16kw(パネル1枚当たり)×14(枚)=2.24kw
         東向き 0.16kw(同上)×6(枚)×0.85=0.816kw
         南向きと東向きとを合わせて
         2.24kw+0.816kw=3.056kw
         これが最大発電量になります。
         パネル20枚がすべて南向きの場合の95.5%で、4.5%のマイナ
         ス。これを大きいとみるか、小さいとみるかは人によってちが
         うでしょうが、わが家では、「これぐらい、いいか」で決行し
         ました。
         
         
取付場所   : 岡山県赤磐市
         岡山県は「晴れの国」と、謳っている(岡山県人だけ?)よう
         に、太陽光発電設置には最適の地。自分の住む地域がその点で
         適地かどうか、調べた方が良いでしょう。
導入コスト  : 約 200万円
補助金    : 国 244,000円 岡山県 244,000円 合計 488,000円
ローン対象額 : 約 1,500,000円


●【オール電化】コスト
エコキュート : 約 550,000円
IH (電磁調理器):100,000円
国からの助成金 : 41,000円
ローン対象額 : 約610,000円
太陽光発電システムと合わせた投資額 : 2,110,000円
月々返済額(15年、金利3.8%) : 15,397円
昨年の月平均光熱費 15,000円(暖房用の灯油代 年間25,000円を含む)
家族構成 : 老夫婦2人

太陽光発電設置(オール電化)の目標として、
まず、これまでの光熱費(月平均15,000円)をどれぐらい減らせるか、
がポイントになります。
それから二番目に、光熱費がゼロになったとして、
ローンの返済額をどれだけ減らしてくれるか、
がポイントになります。  

●オール電化にかけた費用は、現金で設置した場合、約9.4年で取り戻せる
2009年1月~12月の光熱費削減額(オール電化以前の光熱費との比較 表A参照)
は224,980円となった。一方、オール電化にかけた費用は約211万円。だから、
  2,110,000 ÷ 224,980 ≒ 9.4 (年)
となる。つまり9年と5か月で、オール電化にかけた費用は取り戻せるということ
である。
 ただし、これは現金で設置した場合で、ローンの場合とは異なる。
 わが家の場合でいえば、毎月返済額は、15,397円を15年(180回)返済するから
  15,397 × 180 = 2,771,460( 円)
  2,771,460 ÷ 224,980 ≒ 12.3(年)
となる。つまり、12年と4か月で取り戻す、ということになる。

 以上は、あくまでわが家の場合で、諸条件によって変わることに注意してほしい。


●太陽光発電システムおよびエコキュート設置業者
:岡山県(株)住まいるサポート

(オール電化にするには、多額の費用がかかります。太陽光発電システムとエコキ
ュートで、上記のように約255万円を要しましたが、かなり安くしていただいたと
思います。そのうえ説明も親切・丁寧で、施工も満足できるものでした。
 太陽光発電を相談したとき、最初に提示された見積額が250万円以上なら、導入
に踏み切らなかったでしょう。年金暮らしで、暮らしにそれほど余裕があるわけで
はないからです。業者選びも、導入するかどうかの重要な要素になると思います)




コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

エアコンというものは、気温が下がれば下がるほど休みが多くなるとは、知らんかったぞい

2010-12-27 10:03:24 | 日記

※12月分は、12月26日現在の数値
※能力倍数」とは、発電量が発電能力の何倍発電したかを表す数値である。「わが家の太陽光発電
所」の場合、発電能力は3.2kwで、今年1月の発電量は212kwだったから、「能力倍数」は、66倍になる。
この「能力倍数」は、これか太陽光発電を考えている人に、分かりやすい判断基準を、という意図で
設けた。6.4kw(シャープの場合、パネル40枚)を設置すれば、×66=422.4kwを発電するという計算
になる


※12月分は、12月26日現在の数値。21年12月、22年1月分光熱費には、灯油1缶分代金(12月は1040
円、1月は1,100円)、22年12月分光熱費には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む
※「満足度指数」について、買電額と売電額が等しいレベルで満足度100とするが、グラフ上で見やす
くするために10倍し、1000とした。言い方を換えると、満足度1000になれば、日常生活の必要電気量
をオール電化によって賄えますよ、ということを示している。算式は次の通り。売電額÷買電額×1000


※表示している月は、電気の使用月ではなく電気代の支払い月を示している。対象となる期間は、
月によって多少異なるが、だいたい中旬(20日ごろ)~中旬(20日ごろ)である。したがって、図A、B
のデータとは、期間のずれがあるので多少異なった数値になる
※買電額には、灯油代を含んでいる。したがって、実質的には「光熱費」である。一昨年は暖房に
石油ストーブを使用したので、20年11月~21年4月は灯油代を次のようにプラス(11月36L 12月
54L 1月72L 2月72L 3月54L  4月18L)、18L=1500円として計算した。なお売電額は、21年11
月1日支払い分はkw当たり28.62円。12月1日支払い分(10月20日~11月19日の電気代)は二種類の
売電価格が混在する。21年10月20日~10月31日の分については28.62円、11月1日以降の分について
は48円になる。買電価格は時間帯別料金なので単純計算できないが、買電額÷電力使用量でみると、
各月平均kw当たり17円になる
※22年2月、3月(それぞれ1日支払い分)の買電額には、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分
1,100円)含む


※印の買電額は、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分1,100)を含む。その他諸条件は、上図Cの※印と同様である


※上の表の売電額は、kw当たり48円(21年11月1日よりこの価格。それ以前は中国電力の場合、28.62円だった)。
買電価格は、kw当たり17円(これまでの実績からみた概算値)として算出した
※12月23日の買電額には、灯油2缶分代金(1280円×2=2560円)含む 


────────────────────────────────────────

 ついに灯油を買ってしもうた(2缶)わい。この冬は、エアコンだけで、と思っていたん
じゃがのう。できんかったわい。
 というのは、じゃのう。エアコンというものが、寒さがきびしくなればなるほど役立たず
の機械になるということを知ったんじゃよ。
 エアコンは、外気温が低くなると、霜取り中だとかなんとかいって、さかんに休みをとる
ではないか。以前からその点が不審だったんじゃよ。この「霜取り」を作動させないように
することはできないのか。
 そう思って、ネットで調べてみると、なんとエアコンは寒くなればなるほど「霜取り」が
はたらいて、休むことが多くなるそうな。これはエアコンの宿命なんじゃと。ふ~ん。
 これじゃ、なんのためのエアコンなんじゃ? と今さら憤怒しても、ときすでに遅し。
 ということで、休んでばかりいるエアコンを切って、急遽、灯油を買いに行った、という
顛末じゃ。
 おかげで光熱費が、天翔る龍のごとく急上昇してしもうたわい。
 われわれ(爺だけか?)は、どうもエアコン信者になってしもうたようじゃのう。業者に
まんまとはめられたようじゃのう。

────────────────────────────────────────

●前月(11月19日~12月19日 使用日数31日間の光熱費 1月1日支払い分)の実際の収支決算

 買電額は8,737円で売電額が7,488円となった。差し引きの電気代は1,249円。さすがに今月
は光熱費ゼロ、というわけにはいかなかった(図C、表A参照)。
 昨年同時期と比べた光熱費削減率は、95.4%(表A)になった。
 太陽光発電を入れる前の同月には、光熱費は27,397円かかった。
 だから光熱費削減額は、
  27,397円-1,249円=26,148円
 となる。
 比率で表すと、95.4%の削減効果となる。
オール電化(エコキュート+太陽光発電+IH)による省エネ効果は、導入前に予想して
いた以上に大きい。
 ただし、以下のような条件下においての数値である。どのような場合にもあてはま
るわけではないことに留意した方がいいだろう。条件によっては、以上の効果が望め
るだろうし、条件によっては下回る数値になる可能性もある。

 ────────────────────────────────────

【わが家の太陽光発電所 基礎データ】

メーカー   : シャープ ND-160AV
パネル(モジュール)枚数  
       : 20枚
最大発電量  : 0.16kw(パネル1枚当たり) × 20(枚) = 3.2kw
         ただし、取り付け位置がすべて真南ではないので、最大発電量
         は、下記のようになります。
パネル(モジュール)取付位置
       : 1F屋根 南側 4枚 東側 6枚
         2F屋根 南側 10枚
         発電量は、パネルを取り付ける方角によって、次のようにちが
         ってきます。
         真南 を100とすると
         南東、南西 約96%
         東、西   約85%
         真北    約66%
         になります。
         ですから、わが家の場合、
         南向き 0.16kw(パネル1枚当たり)×14(枚)=2.24kw
         東向き 0.16kw(同上)×6(枚)×0.85=0.816kw
         南向きと東向きとを合わせて
         2.24kw+0.816kw=3.056kw
         これが最大発電量になります。
         パネル20枚がすべて南向きの場合の95.5%で、4.5%のマイナ
         ス。これを大きいとみるか、小さいとみるかは人によってちが
         うでしょうが、わが家では、「これぐらい、いいか」で決行し
         ました。
         
         
取付場所   : 岡山県赤磐市
         岡山県は「晴れの国」と、謳っている(岡山県人だけ?)よう
         に、太陽光発電設置には最適の地。自分の住む地域がその点で
         適地かどうか、調べた方が良いでしょう。
導入コスト  : 約 200万円
補助金    : 国 244,000円 岡山県 244,000円 合計 488,000円
ローン対象額 : 約 1,500,000円


●【オール電化】コスト
エコキュート : 約 550,000円
IH (電磁調理器):100,000円
国からの助成金 : 41,000円
ローン対象額 : 約610,000円
太陽光発電システムと合わせた投資額 : 2,110,000円
月々返済額(15年、金利3.8%) : 15,397円
昨年の月平均光熱費 15,000円(暖房用の灯油代 年間25,000円を含む)
家族構成 : 老夫婦2人

太陽光発電設置(オール電化)の目標として、
まず、これまでの光熱費(月平均15,000円)をどれぐらい減らせるか、
がポイントになります。
それから二番目に、光熱費がゼロになったとして、
ローンの返済額をどれだけ減らしてくれるか、
がポイントになります。  

●オール電化にかけた費用は、現金で設置した場合、約9.4年で取り戻せる
2009年1月~12月の光熱費削減額(オール電化以前の光熱費との比較 表A参照)
は224,980円となった。一方、オール電化にかけた費用は約211万円。だから、
  2,110,000 ÷ 224,980 ≒ 9.4 (年)
となる。つまり9年と5か月で、オール電化にかけた費用は取り戻せるということ
である。
 ただし、これは現金で設置した場合で、ローンの場合とは異なる。
 わが家の場合でいえば、毎月返済額は、15,397円を15年(180回)返済するから
  15,397 × 180 = 2,771,460( 円)
  2,771,460 ÷ 224,980 ≒ 12.3(年)
となる。つまり、12年と4か月で取り戻す、ということになる。

 以上は、あくまでわが家の場合で、諸条件によって変わることに注意してほしい。


●太陽光発電システムおよびエコキュート設置業者
:岡山県(株)住まいるサポート

(オール電化にするには、多額の費用がかかります。太陽光発電システムとエコキ
ュートで、上記のように約255万円を要しましたが、かなり安くしていただいたと
思います。そのうえ説明も親切・丁寧で、施工も満足できるものでした。
 太陽光発電を相談したとき、最初に提示された見積額が250万円以上なら、導入
に踏み切らなかったでしょう。年金暮らしで、暮らしにそれほど余裕があるわけで
はないからです。業者選びも、導入するかどうかの重要な要素になると思います)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

光熱費が、ついに2500円を超えたわい。ついひと月前までは、光熱費ゼロを謳歌しておったんじゃがのう

2010-12-24 10:41:16 | 日記

※12月分は、12月23日現在の数値
※能力倍数」とは、発電量が発電能力の何倍発電したかを表す数値である。「わが家の太陽光発電
所」の場合、発電能力は3.2kwで、今年1月の発電量は212kwだったから、「能力倍数」は、66倍になる。
この「能力倍数」は、これか太陽光発電を考えている人に、分かりやすい判断基準を、という意図で
設けた。6.4kw(シャープの場合、パネル40枚)を設置すれば、×66=422.4kwを発電するという計算


※12月分は、12月23日現在の数値。21年12月、22年1月分光熱費には、灯油1缶代金(12月は1040
円、1月は1,100円)含む
※「満足度指数」について、買電額と売電額が等しいレベルで満足度100とするが、グラフ上で見やす
くするために10倍し、1000とした。言い方を換えると、満足度1000になれば、日常生活の必要電気量
をオール電化によって賄えますよ、ということを示している。算式は次の通り。売電額÷買電額×1000


※表示している月は、電気の使用月ではなく電気代の支払い月を示している。対象となる期間は、
月によって多少異なるが、だいたい中旬(20日ごろ)~中旬(20日ごろ)である。したがって、図A、B
のデータとは、期間のずれがあるので多少異なった数値になる
※買電額には、灯油代を含んでいる。したがって、実質的には「光熱費」である。一昨年は暖房に
石油ストーブを使用したので、20年11月~21年4月は灯油代を次のようにプラス(11月36L 12月
54L 1月72L 2月72L 3月54L  4月18L)、18L=1500円として計算した。なお売電額は、21年11
月1日支払い分はkw当たり28.62円。12月1日支払い分(10月20日~11月19日の電気代)は二種類の
売電価格が混在する。21年10月20日~10月31日の分については28.62円、11月1日以降の分について
は48円になる。買電価格は時間帯別料金なので単純計算できないが、買電額÷電力使用量でみると、
各月平均kw当たり17円になる
※22年2月、3月(1日支払い分)の買電額には、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分1,100円)


※印の買電額は、灯油1缶分の代金(2月分1,040円、3月分1,100)を含む。その他諸条件は、上図Cの※印と同様である


※上の表の売電額は、kw当たり48円(21年11月1日よりこの価格。それ以前は中国電力の場合、28.62円だった)。
買電価格は、kw当たり17円(これまでの実績からみた概算値)として算出した 


────────────────────────────────────────

光熱費が、ついに2500円を超えたわい。ついひと月前までは、光熱費ゼロのうえに利益が

でたぞい、と太陽光発電讃歌をうたっておったんじゃがのう。

 じゃが、昨年12月の光熱費レベル5300円まではいかんじゃろう。今月はあと7日。最悪の

場合で2500円~2800円、とここまで書いて、うん? これは昨年レベルていどまではいく

可能性はあるぞ、と思い直したぞい。

 う~む。やはり冬は、とりわけ12月はきびしいのう。

 節電のためにエアコンをやめると、血圧が上がるしのう。血圧上昇→医療費加算、でかえ

ってマイナスじゃからのう。

 いましばらく、ガマンということじゃろう。

────────────────────────────────────────

●前月(11月19日~12月19日 使用日数31日間の光熱費 1月1日支払い分)の実際の収支決算

 買電額は8,737円で売電額が7,488円となった。差し引きの電気代は1,249円。さすがに今月
は光熱費ゼロ、というわけにはいかなかった(図C、表A参照)。
 昨年同時期と比べた光熱費削減率は、95.4%(表A)になった。
 太陽光発電を入れる前の同月には、光熱費は27,397円かかった。
 だから光熱費削減額は、
  27,397円-1,249円=26,148円
 となる。
 比率で表すと、95.4%の削減効果となる。
オール電化(エコキュート+太陽光発電+IH)による省エネ効果は、導入前に予想して
いた以上に大きい。
 ただし、以下のような条件下においての数値である。どのような場合にもあてはま
るわけではないことに留意した方がいいだろう。条件によっては、以上の効果が望め
るだろうし、条件によっては下回る数値になる可能性もある。

 ────────────────────────────────────

【わが家の太陽光発電所 基礎データ】

メーカー   : シャープ ND-160AV
パネル(モジュール)枚数  
       : 20枚
最大発電量  : 0.16kw(パネル1枚当たり) × 20(枚) = 3.2kw
         ただし、取り付け位置がすべて真南ではないので、最大発電量
         は、下記のようになります。
パネル(モジュール)取付位置
       : 1F屋根 南側 4枚 東側 6枚
         2F屋根 南側 10枚
         発電量は、パネルを取り付ける方角によって、次のようにちが
         ってきます。
         真南 を100とすると
         南東、南西 約96%
         東、西   約85%
         真北    約66%
         になります。
         ですから、わが家の場合、
         南向き 0.16kw(パネル1枚当たり)×14(枚)=2.24kw
         東向き 0.16kw(同上)×6(枚)×0.85=0.816kw
         南向きと東向きとを合わせて
         2.24kw+0.816kw=3.056kw
         これが最大発電量になります。
         パネル20枚がすべて南向きの場合の95.5%で、4.5%のマイナ
         ス。これを大きいとみるか、小さいとみるかは人によってちが
         うでしょうが、わが家では、「これぐらい、いいか」で決行し
         ました。
         
         
取付場所   : 岡山県赤磐市
         岡山県は「晴れの国」と、謳っている(岡山県人だけ?)よう
         に、太陽光発電設置には最適の地。自分の住む地域がその点で
         適地かどうか、調べた方が良いでしょう。
導入コスト  : 約 200万円
補助金    : 国 244,000円 岡山県 244,000円 合計 488,000円
ローン対象額 : 約 1,500,000円


●【オール電化】コスト
エコキュート : 約 550,000円
IH (電磁調理器):100,000円
国からの助成金 : 41,000円
ローン対象額 : 約610,000円
太陽光発電システムと合わせた投資額 : 2,110,000円
月々返済額(15年、金利3.8%) : 15,397円
昨年の月平均光熱費 15,000円(暖房用の灯油代 年間25,000円を含む)
家族構成 : 老夫婦2人

太陽光発電設置(オール電化)の目標として、
まず、これまでの光熱費(月平均15,000円)をどれぐらい減らせるか、
がポイントになります。
それから二番目に、光熱費がゼロになったとして、
ローンの返済額をどれだけ減らしてくれるか、
がポイントになります。  

●オール電化にかけた費用は、現金で設置した場合、約9.4年で取り戻せる
2009年1月~12月の光熱費削減額(オール電化以前の光熱費との比較 表A参照)
は224,980円となった。一方、オール電化にかけた費用は約211万円。だから、
  2,110,000 ÷ 224,980 ≒ 9.4 (年)
となる。つまり9年と5か月で、オール電化にかけた費用は取り戻せるということ
である。
 ただし、これは現金で設置した場合で、ローンの場合とは異なる。
 わが家の場合でいえば、毎月返済額は、15,397円を15年(180回)返済するから
  15,397 × 180 = 2,771,460( 円)
  2,771,460 ÷ 224,980 ≒ 12.3(年)
となる。つまり、12年と4か月で取り戻す、ということになる。

 以上は、あくまでわが家の場合で、諸条件によって変わることに注意してほしい。


●太陽光発電システムおよびエコキュート設置業者
:岡山県(株)住まいるサポート

(オール電化にするには、多額の費用がかかります。太陽光発電システムとエコキ
ュートで、上記のように約255万円を要しましたが、かなり安くしていただいたと
思います。そのうえ説明も親切・丁寧で、施工も満足できるものでした。
 太陽光発電を相談したとき、最初に提示された見積額が250万円以上なら、導入
に踏み切らなかったでしょう。年金暮らしで、暮らしにそれほど余裕があるわけで
はないからです。業者選びも、導入するかどうかの重要な要素になると思います)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加