ヤマトトトヒモモソヒメ徒然記

たわいのない日常事をしたためております。

Dr.ジン

2017年11月08日 09時29分08秒 | 韓国ドラマ
日本のドラマをアレンジしていましたが、楽しめました。

主役の男性の男前なこと・・・

見惚れてしまいました。

日本のドラマでは現在と過去を行ったり来たりしてましたが、過去にとどまりたくさんの病人を救っていました。

一人救うとそれだけ歴史が変わってきますが、医者としてそこに患者がいれば見放すことはない姿勢を貫いていました。

最後はハッピーエンドですが、日本のは少しちがっていたかと思います。

このドラマでは麻酔のない時代の麻酔を(酒)と言っていましたが・・・

日本のドラマでは華岡青洲がもうすでに麻酔を完成させていましたから、その時代でも麻酔を使った外科手術は納得でした。

あの時代に現代の医者がいれば、本当たくさんの命を救ったことでしょう。

妹に再開できてとても最後はよかったです。

でも妹との血縁関係のないことの説明が抜けていて、何で結婚指輪を持っているのかわかりませんでした。

血縁がないのでしょう。

親が連れ子同士での結婚とか、兄さんが養子であったとか・・・

にほんブログ村にほんブログ村


p>


にほんブログ村


 


にほんブログ村


にほんブログ村


 


ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国ドラマ評 | TOP | 畝傍山の麓をゆく 11月3日 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 韓国ドラマ

Trackback

Trackback  Ping-URL