安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い861 ゴキブリの知恵、平和主義

2017-07-31 09:15:36 | 日記
      平和への希い861 戦後72年  
    ゴキブリの知恵、平和主義  2017.7.31.
7月29日の日経夕刊、「明日への話題」で龍谷大学農学部伏木亨教授がお書きになった「戦わずして」と
いうお話しに、思わず「う~ん」とうなってしまいました。
伏木先生が30年前にお読みになり、衝撃を受けられた欧米の科学雑誌の論文。
論文の筆者らは、2匹のゴキブリをカップに入れ、戦わせた。
最初は両者睨み合っているが、触覚でコミュニケーションをするらしく、すぐにどちらかがひっくり返って
腹を見せ、全面降伏する。戦わずして勝敗が決まり、どちらも負傷しない。何匹かを対戦させても同じ。
ゴキブリの体臭に含まれている4種類の化学物質の「におい」が、優劣を決めると言うのです。
自分より強い「におい」物質を振りかけられると、降参。

伏木先生は、
「ゴキブリのシステムには考えさせられる。戦わずして勝負を決するなんて、実にエレガントな文化だ。
無駄な血を流さない。さすが、何億年もしぶとく生きながらえてきた種の知恵だ。(中略)
人間のすることは、どうもきな臭い方向に向かうようだ。軍拡競争もしかり。ゴキブリの知恵に学ぶ、
スマートなコミュニケーションの道具はないものだろうか」

と結んでいらっしゃいました。
金・北朝鮮も、トランプ・アメリカも、「威嚇」「軍拡」の挑発戦で、戦わずして勝負を決したいのだろう
が、どう見ても、ゴキブリのようにスマートなコミュニケーションとは言えない。

「話し合い」による、スマートな平和的解決しかないのです。テロだって同じ。
ボタン一つで、勝負を決するどころか、戦争当事国の衰亡ばかりではなく、人類滅亡に繋がるのです。
人類が滅亡しても、平和主義のゴキブリは生き続けるのでしょうね。
ウォーキング中に出会った花々です。

7月31日「今日は何の日カレンダー」より
パラグライダーの日、こだまの日、蓄音機の日、そばの日(毎月)
▲日露戦争、終わる(1905)▲サン・テグジュペリ、没。パイロットであった彼は搭乗していた飛行機と
 ともに行方不明に。享年44歳(1944)
▲戦後初の民間航空会社、日本航空設立。運航はすべて外国の会社を使うことが条件(1951)
▲日本最古の市電・北野線(京都)が廃止に(1961)▲北陸トンネル貫通(1961)
▲東京・山手線に冷房車初登場(1970)▲松下電器工業が真空管の生産を終了。真空管、姿を消す(1979)
▲日本男性の平均寿命80歳を超す(2014)▲千代の富士、没(2016)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い860 むなしい、... | トップ | 平和への希い862 「平和ファ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。