安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い579  信州志賀高原に「平和な時」が流れていました①

2016-10-19 10:19:41 | 日記
  平和への希い579  戦後71年  
信州志賀高原に「平和な時」が流れていました①  2016.10.19.

9月16日から、2泊3日で、信州志賀高原の「硯川温泉」に紅葉狩りに出掛けました。
11年前、さいたま市の上落合コミセンで始まった「男性料理教室」。教室終了後、「殿の料理教室」
として、安孫子先生(女性)にお願いして、8人でスタート。現在16人のメンバー中13人と
安孫子先生の14人で出かけました。毎年、温泉旅行に先生をご招待、昨年は10周年を記念して
四国一周旅行でした。いつも先生のご都合最優先です。

標高1700mの硯川温泉(熊の湯ほたる温泉)ですが、残暑と台風余波や異常な降水など紅葉が
遅れて、始まったばかりでした。
第一日の16日、翌17日の天気予報は最悪、1日中雨とのことで、ホテルから近い、「渋池」や
「ひょうたん池」のミニトレッキングコースをブラツキました。

快晴のもと、平和な時間が流れていました。あちこちに「熊出没注意」の看板があり、チョッと
ビビりました。日曜日の夕方近くのため、殆ど観光客がいなくて、クマ不安でした。

かけ流し天然硫黄のにごり湯は、殆どの人は喜んでいましたが、私を入れ4人は、強い硫黄に合わず、
ひりひりピリピリ。残念。
飲んで、歌って楽しい時間を過ごしました。
下界では、北朝鮮のミサイル失敗、オリンピックボート会場問題、大谷日ハムの日本シリーズ進出などで
で大騒ぎでした。

渋池とひょうたん池です。

10月19日「今日は何の日カレンダー」より
▲アメリカ独立戦争終結(1781)▲ナポレオンの仏軍、モスクワを撤退(1812)
▲早稲田大学開校(1902)▲海軍が神風特攻隊を編成(1944)
▲日旧ソ連国交回復に関する共同宣言(1956)▲福井謙一、ノーベル化学賞受賞(1981)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い578 タイ、安定... | トップ | 平和への希い580  信州志賀... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。