安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い857  「そんたく(忖度)汚職」

2017-07-27 09:36:38 | 日記
       平和への希い857  戦後72年  
    「そんたく(忖度)汚職」   2017.7.27
24日は衆議院、25日は参議院、国会閉会中予算委員会での審査も終わり、加計学園疑惑は深まるばかり。
疑惑に繋がる不都合な記録は「無い」、不都合な記憶は「記憶に無い」。
安倍総理は、都合悪くなったらしく、「過去の国会答弁」まで「整理不十分だった。厳密さを欠いていた。
お詫びして訂正する」と、あっさり取り消した。

これ等のみっともない「国会中継」を見せられて怒り心頭の国民をよそに、自民党は「総理の指示など介入は
無かったことがはっきりした」と、国民をバカにした表明で、幕引きにしたいようだ。
安倍総理が、盟友加計理事長と、「加計学園が事業主体」の今治特区が決まった今年の1月までに、ゴルフだ
焼肉だ、と十数回にわたる親交があったのに、「加計学園が事業主体」だったことを「知らなかった」って、
シラを切る。ますます、疑惑を深めた。

「知らなかった」「記録が無い」「記憶が無い」ということは、
安倍総理が、盟友加計理事長の意向を「忖度」し、安倍総理の意向を山本大臣(地方創生)や内閣府の重鎮が
「そんたく」した、「そんたく汚職」ということになる。

森友学園疑惑と言い、加計学園疑惑と言い、国会での水掛け論は止めて、解散総選挙で国民の「信」を問う
必要がある。

時間が経てば、「国民」は「いろいろな事件や異変など」で「記憶」が薄らいでいくと「タカ」をくくって
いるかも知れないが、「安倍総理自身と安倍政権」を信用できない、という事実は消えない。

今日は、ロッキード汚職で逮捕された田中角栄氏にちなみ、「政治を考える日」なんだそうです。
ウォーキング中に出会った花々です。

7月27日「今日は何の日カレンダー」より
政治を考える日
▲徳川家光、第3代の征夷大将軍に任ぜられる(1623)▲幕府が歌舞伎役者・前髪の少年・踊り子が女性の家に
出入りすることを禁じる(1694)▲近藤重蔵(28)が、ロシア人居住の進む択捉島に「大日本恵登呂府」の標柱
を立てる(1798)▲ゴッホがピストルで自分の胸を撃って自殺をはかる。すぐには死ねず歩いて帰るが2日後
に死亡(1890)▲朝鮮戦争休戦協定調印(1953)▲東京に初の光化学スモッグ注意報(1970)
▲田中角栄元総理、ロッキード事件で逮捕(1976)▲教科書の「歴史改ざん」に中国抗議(1982)
▲14歳の岩崎恭子、バルセロナオリンピック女子水泳200m平泳ぎで金メダル。競泳史上最年少の金(1992)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い856 ポツダム宣... | トップ |  平和への希い858  「一線... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。