安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い615  伊豆長岡・修善寺旅行して来ました①韮山反射炉 

2016-11-26 10:41:08 | 日記
平和への希い615  戦後71年  
 伊豆長岡・修善寺旅行して来ました①韮山反射炉  2016.11.26.

料理教室仲間5人で、伊豆長岡温泉旅行を堪能してきました。
初日は、世界文化遺産「韮山反射炉」を見学し、長岡市内を散策。温泉と「食べ放題・飲み放題」
「カラオケ歌い放題」で満喫。

アヘン戦争(1840)で知った列強各国の植民地化の脅威、1853年ぺリー来航と、軍事力の
強化、海防体制構築が急務となった時代、江川英龍・英敏父子が韮山の地に造った、大砲など鋳造
するための溶解炉。

ビックリしたのは、砲身を鋳造してから、くりぬいて大砲にしたとのこと。余り大きくないこと。
2015年7月、「明治日本の産業革命遺産」の一つとして、世界文化遺産に指定された。
植民地化を切り抜け、富国強兵、日清・日露戦争を経て、軍事大国、敗戦への出発点とも言える
「反射炉」。

静かに日本の平和を見下ろしているみたいでした。

伊豆長岡の「世界文化遺産」の韮山反射炉と、周辺の紅葉。

11月26「今日は何の日カレンダー」より
ペンの日(日本ペンクラブ,1935)
▲白河天皇、善仁天皇(8歳)を皇太子とし、即日譲位。上皇となり、院庁で政務をみる(初院政)(1086)
▲南満州鉄道会社が設立(1906)▲英の考古学者カーター、ツタンカーメン王の墓を発見(1922)
▲北伊豆地震(1930)▲日本ペンクラブ結成。会長に島崎藤村(1935)
▲ハル米国防長官が、日本側の中国撤退を求める強硬な新提案(ハル・ノート)を提示(1941)
▲横綱・双葉山引退(1945)▲世界一の水道用貯水池、小河内ダム完成(1957)
▲田中角栄首相辞意表明(1974)▲公労協、スト権スト開始。国鉄全線8日間ストップ(1975)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 75年前の今頃、日米交渉が... | トップ | 平和への希い616  伊豆長岡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。