安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い844  8億円激安払下げ価格問題の決着のために    

2017-07-13 09:50:01 | 日記
平和への希い844  戦後72年  
    8億円激安払下げ価格問題の決着のために    2017.7.13
2月27日の衆議院予算委員会で、首相は、次のように答弁した。
「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」
昭恵夫人の名誉校長、安倍首相からの100万円寄付、森友学園用地(賃貸料・買収?)に関する昭恵夫人
秘書の財務省への関与など、疑えばきりがない状況ではあるが、首相が「辞める」と言っていた、
「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していた」ことになるのかどうか?

籠池元会長は、現金100万円を懐に、昭恵夫人に返すと息巻いているが、「ズブズブ関係」と思われたく
ないのか、昭恵夫人は、「100万円寄付は無かった」と、水掛け論の泥沼。
昭恵夫人にしても総理にしても、教育者としての籠池氏に共感して、名誉校長になったり、100万円寄付
したり、「出来るだけ力になって上げたい」と思うことは、悪いことではかったのです。

ただ、後から、籠池氏の黒い野望(補助金詐取など)判るににつれて、「こんな男だったのか」とホゾを噛む
思いで、手のヒラを返したように、過去の関係を「なかったこと」にしたくなって、籠池氏の激発を誘った。
お二人は、8億円激安の払下げ価格には、直接言及するほど「土地代」に精通していないはずです。
そこで、昭恵夫人が、秘書を通して財務当局に8億円激安価格程ではなくても「何とかしてあげてよ」という
働き掛けをしたかどうかです。いくらおバカさんでも、首相夫人がまずしないでしょう。
「籠池学園の土地の件は、どうなっていますか」ぐらいでしょう。

首相夫人からの「どうなっていますか」は、官僚にとってかなりのプレッシャーになるのは当然です。
安倍首相や首相の盟友麻生財務大臣の「顔色」や「点数稼ぎ」を思い浮かべ、「愛い奴(ういやつ)」と思われ
たいと、大阪理財局官僚の「そんたく」が働くのも人情として解ります。が、国有財産をあたかも自分の所有物
であるかのように、自分の利益(出世)のために「イロ」を付けてしまったというところではないでしょうか。
その「イロ」が、国民には理解しがたい「額」だったということに。
以上、ゲスの勘ぐりのお粗末。
ですから、大阪理財局は、8億円の激安価格の算定根拠を明確にして、専門家の意見と照合して、国民を納得
させれば良いのです。
8億円と専門家の算定額の差が、「そんたく額」で、算定した官僚と管理責任者を「クビ」など公務員法などに
したがって処罰すれば、8億円激安払下げ問題は決着するのです。
「そんたく」させた「どうなっていますか」の昭恵夫人と総理は、真摯に「ごめんなさい」と国民と官僚に謝れば
よいのです。トバされた昭恵夫人の秘書の方にも「ごめんなさい」と。

早く、こんなみっともないドタバタ劇をお仕舞いにしてもらいたい。
ウォーキング中に出会った花々です。

7月13日「今日は何の日カレンダー」より
ぼん迎え火
▲後鳥羽上皇、隠岐に流される。以後、王朝国家の自律性はなくなり皇位決定権は幕府の手に(1221)
▲豊臣秀吉、小田原城に入り、徳川家康に関八州を与える(1596)▲京都に大地震、伏見城など倒壊(1596)
▲幕府が京都町奉行を創設し、京都の直接支配の体制を整える(1668)▲江戸下谷種痘所を官立とし、幼児に
種痘を命ずる(1860)▲東経135度を日本の標準時とし3年後の1888年1月1日実施すると公布(1886)
▲第一回サッカー・ワールド・カップ大会。開催国ウルグアイがアルゼンチンを破り、初優勝(1930)
▲優生保護法公布(1948)▲日本中に集中豪雨の被害(1972)▲伊東市沖合3キロ付近で高さ30メートル直径約
100メートルの水柱が噴き上がる大規模な海底噴火が6回起こる(1989)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い843  国民を小... | トップ | 平和への希い845  不信、支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。