安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い816  政治主導

2017-06-15 09:56:22 | 日記
       平和への希い816 戦後72年 
    政治主導   2017.6.15
アベノミクス、規制緩和・岩盤突破のための経済特区、女性労働環境改善のための保育所・保育士など充実政策
等から憲法改正まで、安倍総理と内閣府が政治主導で一生懸命なのは、よいことだと認めます。
鳩山民主党も政治主導を掲げ、見事に大失政。官僚が、「お手並み拝見」とソッポッを向いてしまい、何も動か
せないまま、失脚。

その点、安倍総理は、「実際に仕事をしていくのは官僚軍団」と熟知、法律や諸規制を操る官僚を手の内に入れ
て政治主導でアベノミクスはじめとして、政治を動かして行こうと頑張っている点は評価できると思います。

ビジネスマン時代、目標を決め、目標を実現するために、関連部門の協働など会議や「根回し」など、あの手
この手で頑張ったことを思い、安倍政権の政治主導での政策実現手法は間違っていないと思う。
「結論ありき」の進め方も悪いとは言えない。
しかし、政策実現には、多大の予算(税金)が必要になったり、国民生活に多大の影響を与える。
あの手この手は良いけれど、「数の論理で何でも決められる」と、公明正大ではなく「ブラックボックス」の中
で「国民のため」というよりは、「自らの利益、親族や友人の利益のため」という、不公正な政策実現では困る。

国民の税金が、特定の人のために、森友学園国有地売却に伴って無駄使いされたり、加計学園の獣医学部新設で
多額の助成金として支払われるのです。

安倍総理の親しい友人であったり、昭恵夫人が名誉校長していた理事長だったり、「特定の人」過ぎます。
「総理や昭恵夫人のご意向」をそんたく(忖度)せざるを得ない状況なのです。
公正かどうかは、「国民のために」なる政策案件だったのかどうか、です。どちらも「国民のために」なる案件
とは思えないことに根本的な問題があります。国民のためになる案件なら、「特定の人」でも構わないのです。

規制緩和、岩盤突破も「国民のためになる」ことで、「政治主導を生かしてもらいたい」と思うのです。
ウォーキング中に出会った花々です。

6月15日「今日は何の日カレンダー」より
お菓子の日(毎月)、暑中見舞いの日、千葉県民の日、栃木県民の日
▲ポルトガル船の寄港を、平戸で大歓迎(1562)▲五稜郭、竣工。江戸幕府が北方警備の拠点に、蘭学者武田
斐三郎に命じ北海道箱館に作らせていた。8年の歳月と巨費を注いだ日本初の洋式城郭で星型(1864)
▲大津波来襲で、三陸沖で死者2万7122人(1896)▲新橋~下関間初の特別急行列車運転。展望車つき(1912)
▲暑中見舞いはがきが初めて発売される(1950)▲日米安保阻止第二次実力行動。国会に全学連デモが突入し、
警官隊との衝突で東大生・樺美智子さん圧死(1960)▲文化庁ができる(1968)▲全米オープンで日本人初の
2位(1980)▲谷川浩司21歳、史上最年少将棋名人(1983)▲PKO協力法成立(1992)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い815 金田法相に... | トップ | 平和への希い817  安倍1強... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。