安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い776 目くらまし政治 

2017-05-06 09:54:22 | 日記
      平和への希い776 戦後72年 
     目くらまし政治   2017.5.6.
ゴールデンウィークも終盤。各地の高速道路は前半と反対の路線が大混雑。ドライバーさんご苦労様。
ゴールデンウィーク(GW)に縁が無くなって15年。昔の勉強仲間と温泉旅行に出掛けるのは、G開け。
GWに関係ないのは、世界の動き。北朝鮮とアメリカの脅かしっこ、尻馬に乗って、アメリカ海軍に護衛艦を
つけて、「核」で北朝鮮に脅かされる日本。

憲法記念日には、改憲論議が急盛り上がり。
安倍総理が、2020年の東京オリンピックに合わせ、新憲法を施行したいと表明したことから、「えっ?」
野党もマスコミも「おっとり刀」で、議論百出。国民も「何でオリンピックの年に?」と不意を突かれた感じ。

次から次へと「新しい事態・事件」が出て来て、まえに大問題だったことが、どんどん薄まって行く。
東西古今、「内政問題で反対世論が沸騰」すると、外(国)に対する問題や、「違う問題」を大きく膨らませ
たりして国民の注意を逸らす、いわゆる「目くらまし政治」を展開して来ました

北朝鮮の「核威嚇」などは、安倍総理が「仕組んだ」みたいに見えてしまうのは、ゲスの勘ぐりすぎか?
集団的自衛権を盾に、「アメリカ原子力空母艦隊の威嚇」の尻馬に乗れば、「必ず北は日本を威嚇する」、
威嚇された異常事態に、「憲法9条を変えて」もっと自衛隊が動きやすいようにする必要があると「高言」
する、世論やマスコミは安倍高言にワッと飛びつく、森友問題の「昭恵」夫人国会喚問問題どころではない
状況をつくり、ウヤムヤに出来そう、と腹の中で「してやったり」。

太平洋戦争に突き進んだ東條政権も、「目くらまし政治」で、マスコミも世論も良いように操縦したのです。
私達国民は、「目くらまし政治」に絶対ゴマ化されないように気を付けなければいけないのです。
ウォーキングで、春の花を満喫しています。えんどう豆の花も。

5月6日「今日は何の日カレンダー」より
◆立夏(二十四節気の一つ。初めて夏の気配が現れてくる)
▲第一回朝鮮通信使、徳川秀忠と会見(1607)▲オランダ西インド会社がマンハッタン島買収(1626)
▲第4回パリ万国博覧会でエッフェル塔初公開。設計と建築のアレクサンドル・エッフェルから命名(1889)
▲安田講堂、建設へ(1921)▲スターリンがソ連首相に就任(1941)▲茨城県東海村、第一号原子炉完成(1957)
▲三浦雄一郎、チョモランマ滑降に成功(1970)▲4歳馬ハイセーコーがNHK杯で一着。10連勝。(1973)
▲富士通がワープロ「マイ・オアシス」を75万円で売出す(1982)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い775 子どもは「... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。