安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い874 72年間、日本の平和を守ったのは憲法9条

2017-08-13 10:16:32 | 日記
        平和への希い874 戦後72年 
     72年間、日本の平和を守ったのは憲法9条  2017.8.13.
明後日にやって来る8月15日。
72年前、玉音放送によって、ポツダム宣言通り無条件降伏、平和日本がスタートした。
第2次世界大戦の反省でスタートした国際連合が揺れています。
ソ連を中心とした共産1党独裁国家と米中心とした民主主義国家が睨み合う、東西冷戦が続く。冷戦は、
ケネディ・フルシチョフのキューバ危機を頂点に、東西冷戦の象徴ベルリンの壁が崩壊して、終わりました。
日本は、無条件降伏通り、「もう戦争は絶対しません」と憲法9条を掲げて、平和国家として生まれ変わった
のです。

アメリカは、ソ連の世界戦略の野望を抑えるために、極東の防波堤を、韓国と日本に決め、両国に膨大な兵力
とカネを投入した。
アメリカは、韓国や日本を守るために、やったことなのでしょうか。違います。
ソ連の脅威からアメリカを守るために、地勢学上、水際で止めるために韓国・日本を活用してきたのです。
日本は、「軍隊を持たない」「戦争はしない」という憲法と、日本にある「アメリカを守るための米軍基地」
が功を奏して、戦火を交えることなく、平和を享受でき、経済活動・文化活動に専心出来たのです。

中国の台頭、北朝鮮の狂気、トランプアメリカのアメリカファースト、世界的な流れになっているポピュリ
ズム(大衆迎合)、安倍1強が成立させた「集団的自衛権」、日本の平和は薄氷を踏む思いが続きそうです。
アメリカが、日本の平和を守ってきたのでしょうか?アメリカを守るための日本・韓国だったのでは?
かつて、植民地帝国主義が起こした侵略戦争にならない限り、日本は「憲法9条」がある限り、戦争に巻き込
まれる筈がないのです。集団的自衛権は、国民を戦争やテロに巻き込む最悪の法律だとつくづく思います。

日本の72年間の平和を守ってきたのは、「憲法9条」なのです。
ウォーキング中に出会った花々です。

8月13日「今日は何の日カレンダー」より
函館・夜景の日(函館市役所)
▲城ケ島灯台に初点灯(1870)▲日本初の国際水泳競技会(1898)▲甲子園から第13回全国中等野球大会
(現在の全国高校 野球選手権大会)を初めて実況放送(1927)
▲映倫が青少年向き、成人向き映画の選定へ(1954)▲東独、ベルリンの壁を構築(1961)
▲中国、文化大革命はじまる(1965)▲金融機関、第2土曜日休日制を実施(1983)
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い873  確信犯 | トップ | 平和への希い875 世界から戦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。