安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い717  援護射撃(発射)?北朝鮮の弾道ミサイル発射

2017-03-08 10:00:29 | 日記
      平和への希い717 戦後72年  
    援護射撃(発射)?北朝鮮の弾道ミサイル発射  2017.3.8.
マレーシアでの異母兄暗殺事件での混迷、米韓軍事演習、日米トップ会談・・・、北朝鮮には「気に食わない」
ことばかり。
「一発カマしてやれ」と、4発も弾道ミサイルを発射。
皮肉にも、安倍総理にとっては、一時的ではあるけれど、ミサイル発射が「援護射撃」となった?
今、昭恵夫人が名誉校長だった森友学園疑惑(?)で国会が紛糾していますが、ミサイル発射で、国民やマス
コミの目を、「逸らす」ことが出来た。

米トランプ大統領との緊急電話協議で、「安倍総理、よく頑張っている」を国民に見せる絶好のチャンスとなる。
「北朝鮮の暴挙は許せない。米国は日本を100%支持することを日本国民に伝えて欲しい」との言辞を引出し、
得意満面。

前日の、国会での「森友学園」問題で、昭恵夫人を躍起になって弁護したり、国有地の格安売却に説明になら
ない説明で見せた取り乱したような「ゆがんだ笑顔」とは打って変わった笑顔。

それにつけても、北朝鮮の異常な「ふるまい」には、太平洋戦争中の「大政翼賛会」や「治安維持法」などで
国民やマスコミ統制で軍部ファッショが「意のままにふるまった」ことを連想し、戦慄を覚えます。

平和の難しさを痛感します。

さいたま市の大宮公園「梅まつり」中。ウォーキング中に春を告げる花も見られるようになりました。

3月8日「今日は何の日カレンダー」より
国際婦人デー、みつばちの日(全日本蜂蜜共同組合、日本養蜂はちみつ協会)、米の日(毎月)
▲文武天皇が初めて度量衡を定めて天下に公布(702)▲ルイ14世の絶対王政、スタート(1661)
▲エトナ火山大噴火(1669)▲東大寺大仏殿の再建。大仏の開眼供養(1692)
▲東京駿河台にロシア正教のニコライ堂が完成(1891)▲ニューヨークで初の婦人デモ(1908)
▲ロシア革命、はじまる(1917)▲第10回党大会でレーニンの新経済政策採択(1921)
▲忠犬ハチ公、帰らぬ主人を十年待ち続け死ぬ。20歳(1935)▲大相撲、初の大阪場所開催(1953)
▲日米相互防衛援助協定(MSA)調印(1954)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い716  辛い思い... | トップ | 平和への希い718  『客寄せ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。