安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い845  不信、支持率 

2017-07-14 09:54:24 | 日記
       平和への希い845  戦後72年  
    不信、支持率    2017.7.14
最近の、報道各社の世論調査で、安倍内閣支持率は第二次安倍内閣発足以来、最低の30%台。
裸の王様、「安倍1強」が、子供(国民)にバカにされているのです。
森友学園、加計学園で、疑惑に対して丁寧に説明しようという姿勢がなく、菅官房長官はじめ、内閣府の
面々が国民をバカにしたような国会劇を演じ、共謀罪では数の論理で未消化のまま強引に押し切った。

2月27日の衆議院予算委員会で、
「私や妻が(国有地売却や学校認可に)関係していたことになれば首相も国会議員も辞める」
と言ってしまった手前、引くに引けなくなったので、菅官房長官はじめ取り巻きの「佞臣」達は「スワ」
一大事とばかりに、ドタバタ劇を展開することになり、国民から「不信・不支持」を突き付けられたのです。

森友学園問題では、名誉校長や100万円の寄付は悪いことではないのだから、
大阪理財局が、8億円の激安価格の算定根拠を明確にして、専門家の意見と照合して、国民を納得させれば
良いのです。

加計学園問題では、岩盤崩しや地域創生は「成る程」と国民も思っていることなのだから、
選定基準に沿って、加計学園と京産大を比較して判断した筈だから、基準に対して「このように判断した」と
国民が納得する説明をすれば良いのです。

それぞれ、「そんたく」したことが、はっきりしたら、「そんたく」した人々を処罰すればよい。
安倍夫妻には、「そんたく」させた責任はあるのだから、真摯に「ごめんなさい」と国民と官僚に謝ればよいの
です。それを、隠そう、隠そうとするものだから、疑惑が増し、不信に繋がるのです。

早く、こんなみっともないドタバタ劇をお仕舞いにしてもらいたい。
ウォーキング中に出会った花々です。

7月14日「今日は何の日カレンダー」より
検疫記念日(日本検疫衛生協会1961)、フランス革命記念日(パリ祭)求人広告の日
▲フランスの王政、貴族政治に反発する民衆がバスチーユ牢獄を占拠、フランス革命が始まる(1789)
▲ノーベル、ダイナマイト発表(1867)、後に莫大な財産を築き、ノーベル賞基金を設立
▲ええじゃないか、大流行(1867)▲廃藩置県実施(1871)▲東京日日新聞に日本初の求人広告が掲載(1872)
▲コレラ伝染予防規則が公布(1879)▲政府が日本の呼称を「ニッポン」に統一(1970)
▲「エクソシスト」封切り2日目で観客流血。東京新宿の劇場では午前5時から列ができ、押しあって6人が
負傷。午後から上映中止。渋谷でも午前1時から客が集まり6時には1万人に。横浜では機動隊出動(1974)
▲ひまわり1号(初の静止気象衛星)打ち上げ(1977) ▲三井石炭鉱業砂川鉱閉山、従業員全員解雇(1987)
▲日本一の横浜ランドマークタワー完成。70階建。296m(1993)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い844  8億円激... | トップ | 平和への希い846  丸投げ共... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。