安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い819 「いやな臭いの元」着々と

2017-06-18 10:25:21 | 日記
        平和への希い819 戦後72年 
     「いやな臭いの元」着々と    2017.6.18.
72年前の今日、1945年6月18日は、激戦となった沖縄戦で負傷兵などの看護や後方支援に狩り出され
ていた「ひめゆり部隊」に解散命令が出た日です。
守ってくれない軍隊、行き場を失った「ひめゆり部隊」の方々は、米軍の火炎放射器などの猛攻で亡くなったり
自決(自殺)せざるを得なかったのです。

国家権力は、権力維持のために、国家総動員法や治安維持法などで、都合よいように国民を「酷使」、全国各地
の大空襲、広島・長崎の原爆などで、「ハーグ条約違反」の一般市民を巻き込む悲惨状況を招いたのです。
更に、自分たちの罪業を隠すために、「1億玉砕」を言い出し、密かに長野県の山の中に「大本営」を造り始め
たり、天皇の「終戦勅語」を妨害して、あくまでも戦争を続行させようとしたのです。

一昨年強引に成立させた「集団的自衛権」含む安保法で自衛隊の軍隊化を進め、一昨日、16日早朝強引に成立
させた「共謀罪」で警察権力を強め、戦前の「国民統制」に近づいている思いがして不気味です。
強引に幕引きを謀る森友・加計学園疑惑。「秘密保護法」を盾に内部告発者への強圧。

「ひめゆり部隊」の悲劇が再現されそうな、「いやな臭いの元」が強引に着々と築かれているようです。
私達国民は、国民を統制出来る国家権力を目指す、1強安倍政権を実現させてしまったことを反省して、冷静な
監視力をもつ必要があります。

ウォーキング中に出会った花々です。

6月18日「今日は何の日カレンダー」より
海外移住の日、頭髪の日(毎月)、米食の日(毎月)
▲ジャンヌ・ダルク、パテーの戦いに勝利(1429)▲ワーテルローの戦い(1815)
▲日本からの移住者781人がブラジルのサントス港に到着。本格的な海外移住がスタート(1908)
▲沖縄戦でひめゆり部隊自決(1945)▲極東国際軍事裁判米側主席検事、天皇を戦争犯罪人とせず言明(1946)
▲豊田商事会長・永野一男刺殺(1985) ▲全国イカ釣り漁船一斉休業(2008)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  平和への希い818 はっきり... | トップ | 平和への希い820 お灸をすえ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。