安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い787  対北朝鮮でもアメリカファースト  

2017-05-17 09:35:13 | 日記
      平和への希い787 戦後72年 
    対北朝鮮でもアメリカファースト  2017.5.17.
アメリカの対北朝鮮の姿勢が変わってきた、いや、アメリカファーストという意味では変わっていない。
14日の北朝鮮による新型ミサイル発射実験では、安倍総理は「北朝鮮に強く自制を求め、毅然と対応する」
と従来通り、残念ながら「歯牙にも掛けてもらえない」表明を繰り返しています。まあ、何も言わないで
認めてしまう訳にはいかないので、核ミサイル実験の都度、立場上同じ表明になるのでしょう。

私なんかは「困ったもんだ」、「キチガイに刃物になりませんように」と祈るばかりで、安倍総理の表明に
とやかく言えたもんではないけれど、「影響力」がなさ過ぎて、情けない。(ご本人も内心イライラされて
いるのでしょう)
世界各国の足並みは、国益思惑でなかなか揃わない。
安倍総理は早々とトランプ詣りをして、「万一北朝鮮が攻撃してきたら、アメリカが日本を守る」との
トランプ大統領の口約束(?)を頼りにしているようですが、アメリカの国益は、「アメリカファースト」。
「米国本土まで届くミサイルを造らないなら話し合うよ」と。

一見安倍総理は梯子を外されたみたいですが、「俺は元々アメリカファースト、少しも変わっていないよ」
ということです。

だから、集団的自衛権で日米安全保障同盟が強くなったことで、「抑止力」が強まったなんていう喧伝で
国民を騙せません。真珠湾奇襲した悪行を、「北朝鮮も中国も同じ悪行をする」と決めつけて「奇襲してくる」
と国民を煽り、挙句には「憲法9条を2020年に改定したい」と、「泥棒に追い銭」的展開になっています。

日本の平和憲法こそ、世界平和への「鍵」なのです。
ウォーキング中に出会った花々です。アメリカのどなたかに似た花も。

5月17日「今日は何の日カレンダー」より
世界電気通信記念日(国際電気通信連合1968)、自然保護の日
▲後醍醐天皇が北条氏の擁立した光厳天皇を排す(1333)▲オランダ商館、出島に移る(1641)
▲ミシシッピ川、発見される(1673)▲間宮林蔵が宗谷海峡を探検(1804)
▲喜多川歌麿、幕府の禁忌に触れ手鎖50日の刑に(1804)▲屯田兵が初めて札幌に入植(1870)
▲府県制、郡制、各公布(1890)▲ゾルゲ事件が公表される(1942)▲米最高裁が公立学校の人種差別は
違憲と判決(1954)▲石原裕次郎、兄・慎太郎の芥川賞作品の映画「太陽の季節」で デビュー(1956)
▲天皇が初めて新幹線に乗車(1965)▲ライシャワー元駐日大使が、核搭載のアメリカ艦隊が日本に寄港して
いると発言して波紋が広がる(1981)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い786 気が遠くな... | トップ | 平和への希い788  紙おむつ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。