安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い730 客寄せパンダか、印籠か?

2017-03-21 10:13:53 | 日記
      平和への希い730 戦後72年  
    客寄せパンダか、印籠か?  2017.3.21.
「相棒」・「科捜研の女」などミステリーTVドラマが好きで、以前に放映されたものも録画して観ています。
しばしば、政治家と高級官僚の圧力が絡んで、現場を担当する「課長クラス以下」の人達が悪戦苦闘する。
複雑で、面白く、でも、最後は「善が勝つ」ので、ある意味、「水戸黄門さまの印籠」と同じく快いのです。
格安土地問題から端を発し、混迷している森友学園問題。
名誉校長だった「安倍昭恵」さんが、安倍総理の奥様ということで、
「格安土地や学校認可に影響があったのではないか」と野党が追及。
「いや、水戸黄門の印籠みたいに影響力がある筈ない」と安倍総理がやっきになって反論。
この影響を、「忖度(そんたく)」と言うのだそうです。

「この印籠が目に入らぬか」と印籠を掲げなくても、「総理に奥様」が名誉校長なら、高級官僚は、安倍総理
の強権を意識して、「安倍総理にゴマすって、出世の階段を」と手心を加える。いわゆる「そんたく」。
「事実は小説より奇なり」です。ミステリーTVドラマまがいの現実が、国会で、都議会で繰り広げられて
います。こちらは、最後は「善が勝つ」のではなく、「闇の中」で快くない。

名誉校長だった「安倍昭恵」さんは、「客寄せパンダ」ではなく、「黄門さまの印籠」にされていたのです。
籠池元理事長は、悪代官(高級官僚)の心理を深読みできたのでしょう。

揺れ動いている世界平和を思うと、平和ボケした国会風景や都議会風景だなあ、と複雑な心境です。

ウォーキング中に出会った春の花です。

3月21日「今日は何の日カレンダー」より
国際人種差別撤廃デー(国連)、ランドセルの日、太陽の日(毎年春分の日、ソーラーシステム振興協会)、
◆春分の日(二十四節気のひとつ。太陽が春分点に達し昼夜等しくなる日、3月20日または3月21日)
▲対馬より金、献上される。元号を大宝と改元。同時に大宝令の一部も施行(701)
▲真言宗の開祖・空海、没。62歳(835)▲藤原道長が病のため出家する(1019)
▲柳生一族、家光に剣法を伝授(1621)▲ナポレオン法典が公布(1804)
▲小学校令が改正され、義務教育年限が6年となる(1907)▲函館市で大火。死者650人(1934)
▲日本初のカラー劇映画「カルメン故郷に帰る」封切(1951)▲奈良・高松塚古墳で極彩色壁画発見(1972)
▲誘拐された江崎グリコの江崎勝久社長が自力で脱出する(1984)▲グリコ・森永事件の発端となったグリコの
江崎勝久社長誘拐事件が午前0時に 時効成立となる(1994)▲明石海峡大橋開通(1998) 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平和への希い729   ホモで... | トップ | 平和への希い731 「臭いもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。