安倍総理へ提言


 
  積極的平和主義を唱えるなら、世界のすべての国に日本
 の平和憲法を「輸出」する努力をすべきです。

平和への希い1035 「忘れずにやって来る天災」と「人災」

2018-01-24 10:30:31 | 日記
    平和への希い1035 戦後73年 
 「忘れずにやって来る天災」と「人災」 2018.1.24.
首都圏中心に、関東が久しぶりの大雪になって、大混乱。
草津の本白根山の噴火は、3000年ぶりらしい。
近くのスキー場で演習していた自衛隊員が1人亡くなり、スキー客も含め11人が負傷した。
気象庁によると、常時観測火山(全国で111火山)の一つとして草津白根山も入っていたが、観測対象は
草津白根山のうち、この100年内に数回水蒸気噴火した「白根山の火口湖『湯釜』」に照準を当て、観測
態勢を敷いていたが、本白根山は全く観測対象外だったとのこと。
ということで、御嶽山噴火で多くの犠牲者を出した経験から、スマホやラジオなどに流すことにしていた
「噴火速報」を出すことが出来なかった。

天災が起きると、「人智を超えた」「想定外」という言葉が飛び交う。
人間の力では、天災が起こらないようにすることは出来ない。できるだけ予知体制を強化したり、発生したら
犠牲を小さくするための準備を怠らないようにするしかない

天災列島に住んでいる私達日本人。天災は、忘れずに必ずやって来る。天災に対する覚悟は必要です。
人智が及ばない事態には、「アキラメ」なければならないでしょう
一方、戦争や弾圧、テロは、人間が起こす最悪の「人災」。人間がその気になれば起こさないで済む筈。
「人災」で「アキラメ」なければならないなんて、人類の不幸。
憲法9条を変えてはいけない
ウォーキング中に出会った花。この時期、花屋さんで撮ったものが多くなります。黄梅が匂っています。

1月24日、「今日は何の日カレンダー」より
ゴールドラッシュの日、法律扶助の日、全国学校給食週間(~30日)
▲カリフォルニアでゴールド・ラッシュ始まる(1848)▲長崎に大浦天主堂、完成(1865)▲歌会始毎年恒例と
なる(1869)▲東京・京都・大阪間の郵便業務開始。4種類の切手発売(1871)▲明治天皇始めて牛肉を食べた
日(1872)▲大逆事件の関係者、幸徳秋水らを処刑 (1911)▲アメリカで世界初の缶ビール発売(1935)
▲キヤノンがEEカメラ、キャノネット発売(1961)▲美濃部東京都知事都の公営ギャンブル廃止発表(1969)
▲ザ・タイガースの解散コンサート(1971)▲グァム島密林内に終戦を知らずに潜んでいた元日本兵の横井庄一
さんが発見され、救出される(1972)▲スペースシャトル・ディスカバリー号打ち上げ(1985)
▲アメリカの無人惑星探査機ボイジャー2号が天王星に最接近し、新たな衛星10、リング55本など次々に
発見する(1986)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和への希い1034  笑うしかない大雪

2018-01-23 14:25:52 | 日記
      平和への希い1034 戦後73年 
    笑うしかない大雪 2018.1.23.
久しぶりの大雪。
今日は、ウソのような透き通る青空。ベランダ越しに見える林の木々に重たく積もっていた雪は暖かい陽の光
で、殆ど滑り落ちてしまった。
車の様子を見に行く途中、慣れない腰つきで、ご近所の人たちが雪かきしていました。
腰つき怪しい奥様「こんな大雪、大変過ぎて、笑うしかないですよね」
私「まったくですね、怪我しないよう、ほどほどに」
親子で雪かきしている会話。
お父さん「早く溶けるために、道路の方へ雪を出すのだよ」
お子さん「溶けない方がよいのに~!」

車通勤できずに困っている親御さん。雪で遊びたいお子さん。
雪を巡って、親子が「同床異夢」なんて、ほほえましい。
オリンピックを巡って、韓国と北朝鮮の「同床異夢」なんて、黒い雪合戦みたいで、いただけない
たまにしか降らない雪が、核兵器が飛び交って、黒い雪になりませんように
豪雪地帯のみなさまには、のんきなこと言っていて、ごめんなさい。
さいたま市の、昨日今日の大雪の景色。


1月23日、「今日は何の日カレンダー」より
電子メールの日(日本電子メール協議会1995)、ふみの日(郵政省、毎月)、府民の日(京都府、毎月)
▲三十三間堂の本尊、造立(1254)▲織田信長が足利義昭に五か条の意見書を出す(1570)▲幕府が諸大名に
大坂城の修築を行わせる(1620)▲版籍奉還。版は土地、籍は人民。これらを朝廷に返上したことにより藩主
は政府の地方官へ(1869)▲八甲田山、死の雪中行軍開始。25日になり210人中197人の死亡確認(1902)
▲七里ヶ浜で逗子開成中学生のボート転落、小学生一人を含む13人死亡(1910)
▲シーメンス事件(海軍収賄事件)(1914)▲日ソ漁業条約が調印(1928)▲石原慎太郎「太陽の季節」で芥川賞
受賞。「太陽族」生まれる(1956)▲北朝鮮が米情報収集艦プエプロ号の捕獲発表。米朝関係が緊張する(1968)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和への希い1033 ドタバタ、アタフタ 

2018-01-22 09:58:31 | 日記
   平和への希い1033 戦後73年 
 ドタバタ、アタフタ 2018.1.22.
韓国・平昌オリンピックも間もなく開催される頃となって、北朝鮮の参加問題でドタバタ。
韓国としては、オリンピック開催中に北朝鮮が「妨害行為」として「核・ミサイル実験」、テロなど
起こしたら大変。
   
北朝鮮としては、兵糧攻めで国民生活に影響が出てきたことを打開したい、オリンピックで韓国が南北融和を
進めたがっているのをチャンスに、米韓の軍事行動に楔(くさび)を打って、あわよくば、韓国を利用して、
「アメリカを北朝鮮との直接交渉の場」に引っ張り出せれば、の思惑もあるでしょう。

このドタバタ劇では、韓国が足元みられて、アタフタしている図のようです。
国際オリンピック委員会も、北朝鮮参加は、オリンピック期間中の不測の事態回避につながることで、OK。
いずれにしても、折角の平和の祭典オリンピックです。
政治に利用されることは気にくわないのですが、無事、アスリートの皆さまが日頃の鍛練の成果を発揮でき、
国を超えての暖かい交流が出来、平和の素晴らしさを発信してもらえたら良いなあと願っています。

昨年、ウォーキング中に出会った花、再登場。

1月22日、「今日は何の日カレンダー」より
飛行船の日、夫婦の日(毎月)
▲白河上皇、熊野三山へ行幸(1090)▲東京初の電灯が鹿鳴館でともる(電灯営業のはじめ)(1887)
▲徴兵令が改正される(徴兵猶予の廃止など)(1889)▲劇作家・河竹黙阿弥死去(1893)▲アメリカがパナマ運河
地帯の租借権獲得(1903)▲ペテルブルグで「血の日曜日事件」勃発(1905)▲シーメンス事件(海軍収賄事件)
起こる(1914)▲初めての国産飛行船、誕生(1916)▲日本プロレタリア美術家同盟が結成(1929)▲貴族院守衛に
女性を採用(1938)▲オジロワシ、天然記念物に(1970)▲婦女暴行殺人犯人の大久保清(41)の死刑執行(1976)
▲サハロフ博士、流刑に(1980)▲新潮社「カセットブック」発売(1987)▲東京・上野のJR御徒町駅ガード下
の道路陥没。東北新幹線の工事中(1990)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和への希い1032 「核の傘」の意味 

2018-01-21 10:34:08 | 日記
      平和への希い1032 戦後73年 
   「核の傘」の意味 2018.1.21.
昨年、ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGО)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ⅠCAN)の
ベアトリス・フィン事務局長が来日し、「被爆者無くして核兵器禁止条約は生まれなかった」と被爆者の
皆さんが、核の非人道性を訴え続けた証言活動を高く評価、尽力に感謝した。
フィンさんは、「米国の傘」の下でこそ、核抑止力になると主張し、核禁止条約に反対している日本政府に、
長崎・広島との価値観と大きくかけ離れていると、苦言を述べ、核禁止条約に参加することを求めた。

世界に、15000発の核兵器があるのです。
安倍政権は、「核の傘」が抑止力になるって、本気で思っているのか?
北朝鮮は、抑止力どころか、逆に、「アメリカにやられないために」核・ミサイル開発を推し進めている。
「アメリカの核の傘」の下にいるから、核攻撃されても大丈夫ということはあり得ない。
アメリカは、自国の領土に飛んでくる前に、撃ち落とせるかも知れないが、撃ち落とした「核爆弾」は、
韓国や日本や太平洋の上空で爆発するのです。

戦争による唯一の核被爆国日本は、アメリカの顔色を窺っている場合ではないのです。
核兵器禁止条約を、世界各国が批准したら、「核兵器」を使う必要が無くなる、使用できない「核兵器」を
持つ必要が無くなる、高額な予算を使って「核兵器」を作る必要が無くなるのです。高邁な理想なのです。

被爆体験の日本政府は、「理想論で現実的には難しい」と一蹴するのではなく、この「理想」こそ核廃絶に
繋がるものであることを念頭に、この理想を実現するために責任ある行動をとるべきだと思うのです。

昨年、ウォーキング中に出会った花、再登場。
src="https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7b/a0/84a2cf901058f49a5e4dd2bdbc193b2a.jpg" border="0">
1月21日、「今日は何の日カレンダー」より
初大師、ライバルが手を結ぶ日
◆大寒(二十四節気の一つ。寒気が至り最も寒くなる)
▲ルイ16世、処刑(1793)▲坂本竜馬らの斡旋により、木戸孝允と西郷隆盛が薩長同盟を密約(1866)
▲大井憲太郎・中江兆民ら自由党を再興(1890)▲東京株式市場暴落(1907)▲日本で初めてスキー競技(1912)
▲レーニン死去。53歳(1924)▲ロンドン軍縮会議、スタート(1930)▲GHQ人身売買の公娼制度廃止を命令し、
1万400人の娼婦が解放される(1946)▲世界初の原子力潜水艦ノーチラス号進水(1954)▲インドネシアが
国連を脱退(1965)▲高橋展子、初の女性大使に(1980)▲ソニーが8ミリVTRを発売(1985)
▲ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が初めてキューバ訪問(1998)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和への希い1031 大義名分作りのための「挑発」

2018-01-20 12:08:21 | 日記
      平和への希い1031 戦後73年 
   大義名分作りのための「挑発」 2018.1.20.
150年前の昨日、1月19日、薩摩藩の江戸上屋敷が、幕府に命令された庄内藩によって焼き払われた。
薩摩藩が幕政への不満浪士を集め、江戸市中で略奪や放火など、ゲリラ活動をさせている黒幕と判断して
のことらしい。
薩摩藩・西郷隆盛が、幕府を挑発して、朝敵として幕府を打つために、大義名分をつくるための計略として
ゲリラ活動をさせていた、ということが通説になっているようです。
挑発は、相手をやっつけるために暴発させ、「やっつけるための大義名分」を作る手段としてよく使われて
来た。

日本の真珠湾奇襲も、アメリカの挑発に乗せられ、まんまと「やっつけるための大義名分」を与えたもの
大義名分は、開戦のためには必須。イラク戦争では、米・ブッシュ大統領(息子)が、イラク・フセイン
大統領をやっつけるために、イラクが大量破壊兵器を製造しているとの偽情報を世界に流して、イラクへの
開戦のための大義名分とした。国連安保理は、アメリカ中心の国連軍でイラク攻撃を決めた。
が、ガセネタだったことが判明、ブッシュ政権は崩壊。

北朝鮮に対する兵糧攻め「圧力」は、太平洋戦争に日本を暴発させたアメリカの成功体験からではないか。
安倍総理は、お爺さん岸信介が閣僚だった東條内閣が、真珠湾奇襲・宣戦布告せざるを得ない「兵糧攻め」の
圧力をはねのけようと暴発したとことを、お爺さんから聴いて育っただけに、「暴発」させるための「圧力」
という手段の効用を熟知しており、北朝鮮が暴発して、日韓の在留米軍を攻撃したら、北朝鮮をやっつける
大義名分が出来る、集団的自衛権を旗印に、アメリカと一緒に北朝鮮をやっつけることが出来る、と踏んで
いるのではないか。

勘ぐり過ぎかも知れませんが、「圧力」にこだわっている安倍総理の言動からそんな妄想が生まれました。
妄想が現実になりませんように

昨年、ウォーキング中に出会った花、再登場。

1月20日、「今日は何の日カレンダー」より
二十日正月
▲宇治川の先陣争い(1184)▲「生類憐れみの令」廃止(1709)▲バスケットボール誕生(1892)▲日本で初めての
映画撮影所完成(1908)▲国際連盟成立(1920)▲日本初のダイヤル式自動電話制実施(1926)
▲救急110番受付開始(1936)▲ナチスがユダヤ人の殺害を決定(1942)▲学校給食開始(1947)
▲第35代米大統領ケネディ就任(1961)▲日本橋人形町の末広亭、閉場(1970)▲ソ連のアフガニスタン侵攻に
抗議し、アメリカ、モスクワ五輪ボイコット表明。日本も不参加(1980)▲園山俊二、没。57歳(1993)
▲オードリー・ヘップバーン没。63歳(1993) ▲トランプ大統領就任(2017)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加