現代日本人文芸

現代に生きる日本人の文芸です。小説、エッセイ、俳句、短歌、川柳、現代詩、日本の伝統文芸を愛し新しい日本の文芸を創作

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代日本人文芸:二宮正治小説:小池百合子をひとりで歩かせてはならない第40回:(フィクション)

2016-10-25 06:37:06 | 日記

「小池都知事には、パリ、ロンドン、ニューヨーク、シカゴ、などなど世界の大都市との交流を深めて欲しい」

 Nは仲間の大学生にこう言うと、

「小池さんならできる」

 みんな口をそろえてこう言った。

「もっと、もっと文化交流すればいい」

「東京の素晴らしさを世界にアピールだ」

 小池都知事への期待は大きい。

「アジアの都市も重要だ。北京、ソウル、シンガポール」

「そうだなあ、国と国とは仲が良くなくても都市と都市なら仲良く出来る」

 Nが、

「新しい時代の世界の東京を小池都知事につくって欲しいな」

 こういうと大学生たちは大きな拍手をした。

みんな小池都知事のする仕事を信じているのだ。

期待は大きい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本人文芸:二宮正治小... | トップ | 現代日本人文芸:二宮正治小... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL