GarageFREEDOMーブログ

へっぽこ整備士、日々の出来事や工具を紹介

ラチェットあれこれ

2017-06-30 23:40:39 | 日記
今日はちょこっとラチェットの話。

基本的な工具の一つのラチェットレンチ。
しかしかなり奥が深いのはマニアの人にはとうぜんの話

自分みたいにちょっとかじったやつが偉そうにラチェットを語るなんぞ10年早いと思いますが、

ちょっと語ってみたいと思いますw

好きなラチェットはSnapon80ギヤ。
仕事でメインで使うのはkoken24ギヤ。
(3/8スタンダードの話)

なぜ荒いギヤを使うかというとkokenは空転トルクが非常に軽いのと、ものすごく丈夫。


空転トルクが軽くて、ギヤが細かいのが一番の理想と思うけど、強度の問題もあり、ラチェットの永遠の課題だと思う。
(ラチェットで強度?力かけたらあかんしょ?とか言われそうだけど、現場ではラチェットに力かけなきゃならんときがある)
(ギヤレンチ社?だっけか、今は120ギヤとかでてるらしいけど)

仕事でのメインラチェットはKoken3753P

これは高校生の時初めてホームセンターで買ったラチェット。
かなり荒く使ってきたが故障は1度もなし。未だ現役レギュラー。


ロングラチェットもkoken3753P-250をもっているが、これはなかなか使わない

荒いギヤはスタンダードはいいが、ロングになるほど送り角度が大きいぶんハンドルを大きく振らなければならない。
狭い奥深い場所で使いたいロングラチェットが24ギヤでは使いものにならないが、空転トルクが軽くてロングって時のみこれを使っている。

ロングはいつもはSnaponの100スイベルを使っていた。

しかし今は。

かつて使っていたSnaponラチェット達は今は封印中。

これから建てるガレージで使うために仕事場から持って帰ってきた

Snaponの変わりになるラチェットはいないかといろいろ物色したところなかなか良いラチェットと最近出会った。

「SK11」
まえまでホームセンターのすぐ壊れる安物ラチェットと思っていたが、なんか新しいの出てんな~と手に取ると。

72ギヤと細かく、そしてkokenまではいかないが空転トルクもなかなか。

そして「安い」

そっこう買いましたよ




みなさんも使ってみて「SK11」
安物メーカーではございません

時代は多ギヤ化が進んでます

が、ここ最近旧MACラチェットの激おも空転トルクの荒ギヤが欲しかったりする笑



それではまた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本職と副業 | トップ | 今日の工具達 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。