株式投資は芸術です

証券会社で長期間、アナリスト業務に従事した後、投資顧問会社を設立。銘柄選定・相場観に違いが分かります。

アウトソーシング(2427)は戻りが鮮明に♪

2017-01-25 13:53:35 | 日記
3940円+55円
戻り歩調が鮮明になっています。
12月14日に2016年12月期経常を51億円→33億円(同2%増)に下方修正しましたが、株価は一時は255円高の3895円まで買われる場面がありました。
下方修正したのは円高による売上高の目減りが50億円あったことが主因。
これに会計処理変更による費用増、ドイツの人材会社買収に伴う費用増などが加わったため、減益になったわけです。
会社資料でそうコメントしていましたので、買い方が動揺しなかったため、そんなに下げなかったのだとみています。
大幅下方修正とはいえ売り上げは大幅な伸びになっており、最高益更新基調も変わりません。

同資料には、来期は「今回取得した会社に関連する費用の発生がなくなるうえ、IFRS移行に伴うのれん代の償却(今期は27億円消却予定)の多くが消却されなくなることから、大幅な増益になるものと考えております」と出ています。

12月22日の急落はメリルリンチに279万株の第三者割当増資(1株3515円)を行うと発表したことを嫌気したものです。
会社資料には調達資金は積極的なM&Aに伴う借入金の返済に充当すると出ています。
これが前向きに捉えられ、びっくりした売りが一巡した後は、急速に戻す展開になっていました。

会社四季報予想の2017年12月期経常は79億円予想となっていますが、IFRSへの移行でもっと凄い拡大になるのではとみています。
12月決算企業であと暫くしたら決算が発表されます。
その時、人気化する可能性大ではないかとみていますが、どうでしょうか。

ポチッとクリックをお願いします(1日1回だけでOKです)!!
    ↓         ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ<

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gunosy(M6047)が新値更新し... | トップ | ノムラシステムコーポレーシ... »

日記」カテゴリの最新記事