株式投資は芸術です

証券会社で長期間、アナリスト業務に従事した後、投資顧問会社を設立。銘柄選定・相場観に違いが分かります。

フィル・カンパニー(M3267)は増額修正が好感される!

2017-07-14 09:37:19 | 日記
1783円+48円
反発の動きで戻り高値を更新しています。上昇率2.77%はマザーズの14位。
5月中間期は売上高7.34億円、経常利益0.27億円となっています。
新規IPOのため前年同期との比較はできませんが、通期売上高を21億円→25億円(前期比49%増)に、経常利益を2.50億円→2.90億円(同27%増)に増額修正、最高益更新に弾みが付く見通しと発表したことが好感されています。
2カ月ほど前だったと思いますが、同社の社長がラジオ日経の株式番組で、第1四半期のこの経常利益(800万円でした)で通期経常の2.50億円は達成可能かとの質問に、「第1Qのこの業績でも通期見通しは十分達成可能」と話していました。
「上場関連業務に人員を割く必要がなくなり、その分営業に振り向けることが可能となる」とのことで、社長は「6~9カ月先の業績は既に読めている」とも話していました。
そのような業績となっています。

ポチッとクリックをお願いします(1日1回だけでOKです)!!
    ↓         ↓

人気ブログランキングへ にほんブログ村 株ブログへ

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノダ(東証2部7879)が新値更... | トップ | SFPホールディングス(3198)... »

あわせて読む