仏教と佐藤康行

自身の体験を交えながら、仏教の本質を佐藤康行の言葉・表現を元に紐解いていきます!

学長講話

2017-01-24 23:16:59 | 佐藤康行
お疲れ様です。いつもありがとうございますm(__)m

「みんな自分のために自分のことで動くわけです。人のためというとだんだん嘘になってくるわけです。
ここに地球がある。この地球の中にいろいろな国があり、いろいろな考えがある。皆さん個々違うじゃないですか。
それぞれ考えがある。この人がこの考えになってほしいとか、このようになってほしいと願ったらちょっと違ってきますよね。
でもこの地球全部が一つの命。人間という一つの命。いろいろな生物がいて一つの命。その中に自分が入っている。
だからどの単位で見るかなんです。ここで自分の幸せを願っていても国同士が核戦争したらそれ実現しないでしょ。
全体からとらえれる世界なんです。満月という真我の世界は無限次元の世界なんです。
何次元何次元というのは全部三日月なんです。その無限次元の世界からとらえたときにこの大宇宙の一つの世界で全部通じていくわけです。」


佐藤学長、みなさまありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書店回り | トップ | 学長講話続き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む