マダムヤンのひとりごと

香港が大好き!中国の情報を発信したいと思っているのですが…ごめんなさい!子どもの話題ばかりになっていますね。

中間テスト

2016-05-20 | 子ども

ryuryuは、今日1日中間テスト。

朝から、なんとなく緊張している様子。

「悪い点とっても怒らない?」

んん?テストを受ける前から何を弱気な

でも、私のひと言がプレッシャーになるようなので

   「怒らないよ。一生懸命にやって悪い点なら仕方ないもん。」

「今の言葉、覚えててよね」と、ニヤッと笑う。

   「覚えてるよ。怒らないけど機嫌悪くなるから(笑)」

「行ってきまーす」
と出かける時の顔も、なんだかスッキリしない心配そうな顔。

   「Take it easy

と、送り出したものの、なんだか心配。
朝からお腹の調子も悪いらしいし・・・
自分では「夜冷えたから」って言ってたけど
(緊張性下痢)とかなのかな???

   「じゃ、腹巻き買ってあげるね
    何がいい?妖怪ウォッチ?ドラえもん?アンパンマン?
    あ、ポケモンがいいかな?」

って言ったら、笑ってた。

でも、気になる・・・そんなに勉強しなかったのかな?
自信がないのかな?
私の反応が怖いのかな?

ま、とにかく「腹巻き」買って帰りましょう

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝ごはん 5/18

2016-05-18 | 朝ごはん

毎朝ラジオから流れてくるACJapanのCM

「セトモノとセトモノと

ぶつかりっこするとすぐこわれちゃう

どっちかやわらかければだいじょうぶ

やわらかいこころをもちましょう

そういうわたしはいつもセトモノ」

いつもは2階で身支度をしている時間にこのCMを聞いているんだけど
よりによって、お父さんと一緒に、(無言で)TVを観ていると
このCMが流れてきた・・・。
お父さんもなにか心に感じたところがあるような雰囲気
私はもちろん、
「あ、私とお父さんのことだな」って思ってました。
 

お父さんと私はセトモノ同士だからね〜。

お父さんがひと言
私がひと言
ガッシャーン 
それはそれは大きな音を立てて壊れてしまうのよね。

スポンジのような柔らかい心になれたらいいのにね。
優しくしてあげようと、事あるごとに反省して決心するのに。
だめ、出来ない。

こんな2人を、天国から見ているお母さんはどう思っているかしら?

毎朝聞くこのCM、私に向かって言っているようです。

というわけで、今日の朝ごはん。

今朝も白ごはんです。


焼き鮭 卵焼き ほうれん草としらすのごま油炒め シソ入り笹かまぼこ トマト オレンジ 
大根とお豆腐とワカメのお味噌汁 わかめ入り青のりの佃煮

今日の給食は山菜うどんって書いてあったから、またごはんにしました。
なんとなく、朝ごはんにお米を食べたほうが背が伸びる感じがするんだけど、そんなことないかな?

今日のポイントは「わかめ入り青のりの佃煮」
お葬式の引物の中にあった「青のりの佃煮」が美味しいおいしい!って言うので
ネットで青のりの佃煮を見つけていて、たどり着いたのがこの佃煮。
私も、チョットしょっぱいものが欲しいなって時に、チョロっと舐めちゃったりします。
とっても美味しいですよ
今日も、ryuryuは完食のペロリ賞

朝はごはん、昼はうどん、明日の給食はビビンバってあったから
今夜は何に???
なんて考えてると
「カップラーメンが食べたい」なんて言われたりしてね。
でも、めげずに今日も頑張ろう











 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝ごはん 5/17

2016-05-17 | 朝ごはん

今日の朝ごはんはいつものパン食ではなく
ごはん。

近所のおじさまから
「これは放牧で育てた鶏の卵だからね。う〜んとうまいから食べてみろし」
とズッシリと重くて美味しそうな卵をいただきました。
なので、その卵で "卵かけごはん"  をしてあげたかったら。

 
白ごはん 焼き肉 サバの干物 芽かぶ納豆 カボチャ ひじきの煮物 アスパラガス トマト 
新玉ねぎとワカメとお揚げのお味噌汁 放牧卵 

本当はお肉はメニューにはなかったんだけどね、
給食の献立表を見たら、今日は「サワラ」と書いてあったので、お肉を足しました。
でないとryuryuは「朝もお昼も魚だったんだから〜〜〜」と文句を言うに違いないのでね。

チョット多いかしら?と思い「残してもいいからね」といったにもかかわらず
「ごちそうさまでした」と運んできたお皿は・・・何も残っていません。
完食
「残してもよかったんだよ」って言うと

「だって、美味しかったから」

Wao〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

朝のローテンションが一気にハイテンションに

お料理したものを、「美味しい」と言って食べてもらえた時はすっごく嬉しい
また、お料理頑張ろうって気になるものね。

結婚したら、ちゃんと奥さんに言わなきゃダメよ。
「美味しい」ってね。
決して「ママの方が美味しい」なんて言っちゃダメよ〜〜〜







 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日 2016年

2016-05-09 | ryuryuと行った香港マカオ

お母さんがいなくなってから
「母の日」 というのはただただ悲しい日。
だから、今年の母の日も、お母さんのことを思い出して
ため息が多い1日になるはずでした。

4月のうちから
「今年の母の日はいつだっけ あ、5月8日だね〜
と、ryuryuに言ってはいたけれど
(ほぼ冗談でね)
ryuryuには、毎月決まったお小遣いをあげているわけではないので
ryuryuから何かプレゼントがあるわけもなし、
肩たたき券も1回¥100のを、何年か前にもらったことがあるけど
¥100とるってところに大爆笑でしたよね
ま、何も期待しないでGWの最後の日を楽しみましょうと思っていました。

ところが、ryuryuは色々と考えてくれていたようです。 
しかし、ryuryuに何が出来るものではありません。そこで思いついたことが
「母の日は1日中ママといっしょに過ごす」
ということだったようです。
お友達と遊ぶ約束もせず、1日私と過ごすこと。 
それが、日頃の私への感謝の気持ちを表すことだったようです。

母の日の朝、いつもの習慣で朝5時に起きて
庭の草取り
部屋の掃除
ようやくryuryuも起きてきて
朝ごはん
ランちゃんのトリミングに出かけ・・・
10:00の予約だと思っていたら、12:00ですって。間違えてしまった
終わるのが13:00・・・3時間、何をしましょう???

お天気もいいし、「金川の森公園」に行って、自転車に乗ろうか?
ということで、近くの公園に行きました。
¥100/時間/1台X2人=¥200

「ママ、自転車乗れるの?転んじゃうんじゃない?」
なんて言われましたけれど、言い出したからには乗らねば

あ〜〜〜、乗れた乗れた

陽射しは真夏並み、でも5月の風はなんて気持ちがいいのでしょう
森の中を自転車で走っていきます。


森の中をサイクリング

緑の中、とっても気持ちがいい



あら、チョットおすましポーズ

小さい頃にも、ここに来て自転車に乗ったよね。もう何年前のことでしょうか???
この公園に最後に来た時は、サッカーをして遊んだよね。
そうそう、私のふくらはぎにボールが当たったら、みるみる紫色になって腫れてきてしまったのよね。
本当に懐かしい
お母さんとも一緒に来たことがあるし、そうそう、卒園前に「うんてい」から落下して、
青くなって病院に駆けつけたこともあったっけ。
ryuryuのパパとも一緒に遊びにきたこともあるよね。
わぁ〜〜〜、ここ、結構想い出がいっぱいあるね。

小さいころに自転車に乗った時には
ryuryuが転んでは大変!なので、私の前をryuryuが走っていたよね。
ところが、今回は私の後ろにryuryuが
そうか・・・後から見守っていてくれるのね。ありがとう


こんな景色のところがず〜っとあるの

1度も転ばなかったわよ!

それにしても、30〜40分乗っただけで
自転車をお返しした後はしばらく放心状態。疲れたのなんのって・・・
体力の無さを実感

それから家に帰り、お昼ごはん、そして私は畑へ枝を切りに、ryuryuはお勉強。
なんと!夕方1hだけカラオケへ代わり番こに1h歌いまくって
戻るやいなや、庭でBBQ
でも、BBQの準備をする間に、ryuryuがお父さんをお風呂に入れてくれたので大助かりです。
コロボックルのお兄ちゃんも呼んで、楽しくBBQをしましたよ。

「でもさぁ、母の日は外食とかして、何もせずに過ごすのが普通じゃない???」
なんて、ryuryuに文句をいいながらね。

なんだか、 朝から夜までフル回転で動き回っていましたよ。
でも、ryuryu曰く
「非常に充実した内容の濃い母の日」
なんだって。

そうね、その通り
とっても楽しい幸せな「母の日」でしたよ。

急に背が伸びて大人っぽくなるryuryuに、正直、戸惑っている私。
いつも「あと何年一緒にすごせるのかな?」って思いながら過ごしています。
そんな私の気持ちを知ってか知らずか
「1日ママと一緒に過ごすの」と言ってくれるなんて
母親冥利につきるじゃございませんか

お風呂に浸かりながら、1日を振り返り
「あぁあ〜、私は幸せ者よね」としみじみ思った
母の日の終わりでした。

 



 


 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

銀座で過ごす「こどもの日」

2016-05-06 | ryuryuと行った香港マカオ

GWもずっとサッカーの試合と練習でお休みナシ
たった1日だけの貴重なお休みは5月5日の「こどもの日」

中学生男子と私では、お休みの時間の過ごし方について
意見が一致することは少ないのです。

私が「してみたいなぁ〜」って思うのは
のんびりドライブして、ふらりと雑貨のお店を覗いたり
野菜の直売所で新鮮な野菜を買ったり
温泉に寄ったり・・・
ryuryuがそんなことを楽しく思ってくれるはずがありません。

それでも、お友達と一緒に遊ぶよりも
「ママと1日過ごしたい」と、言ってくれるのだから
ryuryuの希望を100%聞いてあげることにしました。

私が東京に出かけて行くたびに
「いいなぁ〜、ボクも行きたい
「銀座に行きたい、Apple storeに行ってみたい
と言っていたので 

銀座に出かけて行くことにしました。

とてもよいお天気になったので、電車の中でUVケアです。

日焼け止めを手にして・・・
 
付け方がワイルドじゃないの。チビチビと少〜しずつ塗っていきます。

Apple storeにはopen前に着きました。
 
Appleが光り輝いています。朝から強い日差しがガンガン照りつけていますよ

Openして中に入ると、グリーンのTシャツを着たスタッフさんたちが両脇に並んで拍手でお迎えをして下さいます。
ryuryuは「あれ、本当に感激するよね」って。 

Mac book,i Mac,i pad,iphone・・・
ryuryuの目が輝いています。

さぁ!どうぞ!使いたいだけ使ってちょうだい 
 
この日は銀座の「柳祭り」の日。
毎年ryuryuの学校のマーチングバンドが演奏をします。
その情報を得たので、その時間にはその演奏を聴くためにApple storeを離れました。

外はもう、夏の陽射しが照りつけて、暑いったらない 
大通りではパレードが行われていました。
私、初めて本物の「芸者さん」を見ました。パレードしてたんです。
マーチングバンドもお祭りを盛り上げます。みんな上手です。

演奏を終えた友達に会いたいからと、友達が外に出て来るまで軽くランチにしました。
Open cafeへ。メニューを見て「たかっ」って言うので
「そうよ〜、ここは銀座だからね〜」って。


ホットドッグパリジャン

 
大きなホットドッグを、最初はナイフとフォークでお品よく食べていましたが
最後には

いつもの調子でガブッ!といっちゃいました。
マスタードが効いていて、とても美味しかったそうですよ。

まもなく食べ終わる・・・ってところで、仲良しの友達が外に出て来ました。
銀座というところで、偶然友達に会えたことがとても嬉しかったようですよ。

それから、またApple Storeに戻り、夕方まで遊んでいました。

じゃ、もうそろそろ帰りましょうか・・・

その後は、有楽町で本屋さん、新宿まで戻って靴屋さんを回り
夕食を済ませて帰ってきました。

今回写真が少ないのは、スマフォのバッテリーがどんどん無くなってしまってね。
ちょっと残念です。

Appleの製品を、今すぐ購入するわけでもないのに
ほとんどまる1日、あそこで過ごすことが出来るなんて、ryuryuは本当に凝り性ね。
そして・・・私は知っています・・・飽き性です。





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝ごはん 4/27

2016-04-28 | 朝ごはん

久しぶりに朝ごはんの写真を撮りました。

ryuryuのパパに「最近は朝ごはんの写真ばかりでつまらない」と言われ
(もっとryuryuの写真を見せてよ!ってことだと思うんだけど)
ずーっと撮るのをやめていました。
だから、久しぶりの朝ごはんです。

4/27

ホットサンド アスパラ じゃがバタ 目玉チーズ ロイヤルミルクティー

コロボックルで食べてから、ボリューミーなホットサンドがお気に入り
挟んだものは、レタス、ほんのちょっぴり辛いサルサソース、チーズ、ウインナー
ホットサンドメーカーでは潰れてしまうし、中身が多すぎるので、トースターで焼きます。
庭で取れたアスパラと新ジャガ 2009年に旅行した北海道を思い出します
小さめの新ジャガを、圧力鍋でまとめてふかしておくと、直ぐに使えるのでとっても便利
チーズをのせて焼いた目玉焼き

この日の午後は授業参観があるので、「何の授業をするの?」とか、
GWはどうしよう?とか
ryuryuと会話をする時間はとっても大事

そうそう、今朝は起きてくるなり「喉が痛い」と言い
食事の時にはパジャマの上にモコモコのパーカーを着ていて
「寒いの?」って聞くと「寒い」って。
そのうちにくしゃみを3回、歯磨きの時に痰をペッ!と出したのを見たら白かったので、
「外感風寒だわ!」と、慌てて生姜と蜂蜜を入れた紅茶をポットに入れて持たせました。
ポットを渡すと
「ありがとう」っていい笑顔 
雨の朝はキライだけど、一気に心が晴れやかになったわよ〜
ママもryuryuに「ありがとう」ですね。


 





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

焼き肉に行きたい!!

2016-04-20 | 食べ物飲み物

ryuryuの夢

焼肉屋さんで焼き肉を食べること

「外食しようか、何食べたい?」
って聞くと

「焼き肉牛角に行きたい」

と即答。

いつもなら・・・
「いいお肉をたくさん買って来て、家で焼き肉をしよう」
と答える私。

でも、この日はryuryuに押されて、牛角行き決定

「牛角に連れて行ってもらえる」ということで
ryuryuはいっぱい仕事をしてくれましたよ。

・カーテンを閉める
・おじいちゃんのお風呂介助
・おじいちゃんのオシッコを捨てる

本当に助かります。
お孫ちゃん、しかもまだ13歳!が、おじいちゃんおばあちゃんを
お風呂に入れてくれるって、そんなにないと思う。
お陰さまで、私は楽をさせていただいております
いつも「焼肉屋さん」ということがなくても、ryuryuはやってくれます。
が、
この日は「進んで、自ら自ずから」ササッとやってくれました。

さて、本当に久しぶりの「牛角」です。
何をどうオーダーしたらよいのやら???
面倒くさいので¥2980/1人の「お気軽食べ放題」というのにしました。

喜び勇んでいっただきま〜す

お口が左へ・・・                 燃えてる!

お口が右へ・・・                 火の手が!!

ふくらんで・・・                   炙り焼き〜〜〜!

ご飯物をオーダーせず、ひたすら肉食に走ります。


もうお腹いっぱい・・・ふぅ〜〜〜〜〜

一気に食べきった感じですよ。

お会計の時に笑ってしまいました。
スゴイ!!全部で60皿のお料理を食べたことになります。
ワオォ〜〜〜、60枚もお皿を洗うのはイヤだわ

ryuryuは大満足な様子

「また連れてってね」って
すっごくいい笑顔

「1年後かな?」って言ったらブータレてた。

嘘だよ〜〜
たまには連れて行ってあげるから
お勉強頑張ってね〜〜〜












 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの成長

2016-03-28 | 子ども

ryuryuも、もうすぐ2年生。

写真を見ると、2年前、1年前、そして今 ・・・
その成長ぶりには驚かされます。

ドラえもん体型だった面影はすっかりなくなり
背丈も伸び、ヒョロヒョロっとして
お顔にはニキビがチラホラ・・・それを気にして
鏡に向かってローションを塗り、
寝ぐせを気にして鏡から離れなかったりね。

男の子って、こんなに変化が顕著なのね。
本当にビックリします。

外見だけでなく、気持ちや生活態度も変わりました。

とかく感情的に言葉を発する私に対して、なんだか理論めいたことを言いながら
偉そうな態度をとることもあります。

「本を読むのが大好きになった」そうで、私が読んだことのない本の文章を引用して
私を諭そうとします。 

嘘やごまかしだらけの私に対して
「オレは間違ってない!」と、正義感を盾にして自我を主張することもあります。 

他にもいろいろ・・・

一昨日と昨日、私が一日留守をしていると
こんな嬉しいことがありました。

食事が済んだ後のお皿は洗ってあります
お洗濯物はきちんと畳んであります
おじいちゃんのシビンのオシッコは捨ててあります
おじいちゃんをお風呂に入れてくれます
家中のカーテンは全部閉めてあります

何もかも、済ませてくれていました。

疲れていて、お皿を洗うのってう〜んとイヤ
お父さんのオシッコを捨てるのも、お風呂に入れるのも
あ〜〜〜ぁあって思う。

本当に感謝感激雨霰カンシャカンゲキアメアラレ
どうもありがとうね

面白いことに、ryuryuは自分がやったということを主張しないと気が済まない。

「◯◯しといたよ。XXしといたからね。」

そう言ったあとで、ryuryuと私は
「B型だよね〜」って大笑い 

大昔に読んだ心理テストかなんかね。

<シンクにたくさんの汚れたお皿が積み重なっています。
あなたはどうしますか?>

A型は全部きれいに洗って黙ってる、決して自分がしたとは言わない
O型は何もしない
AB型は、何だったかなぁ・・・忘れた

そしてB型きれいに洗って、自分がやったんだよ~って必ず主張する
言わずにはいられない

もう、私もryuryuもその通りだから、ほんと、笑えます。
 
もうすぐ中学2年生だね。ついこの前涙の卒業式とドキドキの入学式がおわったばかりなのに。
本当に時がすぎるのはあっという間で、子どもの成長もあっという間。

ううん・・・本当は違うかも。1日1日の積み重ねがその成長なのよね。
きっといつか私の手から離れていくその日まで1日たりともムダにしないで、
しっかり(べったり?)見守っていきたいな

・・・と年度末にちょっと思っています。 



 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月14日という日

2016-02-14 | 脳梗塞

一昨日、デパートの紳士服売り場で、
お父さんのバースデープレゼントを探しながら、涙がこぼれて困ってしまった。

新宿のデパーには、お父さんの世代の洋服も、素敵なものばかり。
つい
「こんな洋服買っても外に出かけないし」
「部屋着とパジャマがあればいいし」 
なんてことを思って、ため息が出ました。 

あ〜あ・・・もう何年になるのかしら?
・・・もう10年になるのね。
もう、そんなに経ってしまったのね。

2月14日はお父さんのお誕生日、バレンタインデーと同じ日ね。

10年前の2月14日は、お母さんもいてね。
友人夫婦と温泉にお泊りしていて、夜中に脳梗塞で倒れてしまったのよね。

売り場を歩きながら、あの時のことから今日までの色んな事が
頭の中を巡り始めました。

運が悪かったのね。
夜中に倒れて、朝までお医者さんが来るのを待たされて
みるみる身体が動かなくなって・・・

最初の頃は、呼吸も苦しそうでこのまま死んでしまうんじゃないかと思ったわ。
あの時と今を比べると、お父さん、本当によく頑張ってるね。

病室にソファーベッドを持ち込んで、泊まりで看病していたお母さんのこと。

そのお母さんが1度だけ、こたつに入って大声を出して泣いていたこと。
あとにも先にも、お母さんが泣いたのを見たのはこの、たった1度だけ。

リハビリ病院のエレベーターの前で、車椅子に乗って私達を見送る時の涙をこらえている顔。

自分の右手をさすりながら「こんなんなっちゃってな〜」と、悔しそうに言っている顔。

思い浮かんでくるのは、お父さんの怒った顔とつらそうな顔と寂しそうな顔。
10年間、どんなに悔しくて辛い思いをして来たのでしょうね。

介護もお母さんが3年、私が7年、いつのまにかお母さんより私の方が長くなっちゃったね。
実の父子だから、お互いに遠慮なしに言いたいことを言い合ってしまうしね。
イヤな思いもさせてるよね。
今ではryuryuがお風呂に入れてくれたり、オシッコを捨ててくれたり、
だんだんと助けてくれるようになってね。
孫の介護は嬉しいね。

ふと目に止まったきれいなパープルのシャツ。

「これを下さい」と言うと
店員さんが「これは伸び縮みもして着やすいですよ」と言うので
「右手が動かないので、それはいいですね」と答えます。
店員さんが「えっ?」と、ちょっとビックリした表情を見せたので
そうなの、そうなの、動かないのよね・・・と
涙があふれそうになりました。
でも、あふれるのだけは、なんとかこらえたわ。

リボンをつけて、きれいに包装されたプレゼント。
14日の朝早く、ryuryuがプレゼントして、開けて見せると
「さて、これを来てどこに行かっかなぁ〜」って
とても喜んでいました。
暖かくなったら、どこかに連れて行ってあげなきゃね。

2月14日は、そういう日。
正直、「また何か起こるんじゃないか?」って、緊張の1日。

そうそう、お赤飯を炊きました。
年に1度だけ、この日だけ炊きます。
また、食紅がチョコっと多かったらしくて、色鮮やかなお赤飯になりました。
でも、「ウマイウマイ」って食べてくれたからね。
甘納豆を入れるから、甘くて美味しいのね。
来年は食紅の量にう〜んと注意するから、
お願い、元気でいてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この前「廃用身」って小説を読み始めて、
すぐ放り投げてしまいました。

脳梗塞で麻痺して回復の見込みがない手や脚のことを
「廃用身」と言うらしい。
医学用語らしいけれど、なんてひどい言葉でしょう。
残酷な言葉です。
どうやら、役に立たなくなった、使い物にならなくなった身体の一部を
「要らない」と、切断してしまう話らしい。

お父さんの腕や脚を見ながら
これが「廃用身」??
廃棄物?
血液がちゃんと流れてるのに。


小説の冒頭を思い出すと、怒りがこみ上げて来ます。











 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子宮ガン

2016-01-26 | 子ども

夕食の片付けをしながら
向こう向きのソファに座っているryuryuに

「ママ、今月いっぱいで子宮ガン検診しなきゃいけなかったんだけど、お休み取れないし、いいや、行かなくてもね〜」

と、半分独り言のように言うと
ソファの背もたれから顔を出して

  「ダメだよ行って」 

「だって、香港行ったりしてお休み取り過ぎちゃったもん」

  「お休みと身体と、どっちが大事なの
    「お願い行って

「大丈夫ってば。でも、ryuryuは時々『ママなんかいなくなればいい』って思ってるんじゃない?」
って、私に反抗する時のryuryuの顔を思い浮かべながら聞くと

チョット考えて
  「思うけど本気で心から思ってないから」

ほ〜らね、やっぱり思ってるんじゃん(笑)

「いいよいいよ、ママは大丈夫だから」

  「ダメッダメッ 絶対行って

と、駆け寄ってきて、私の肩をつかんで、顔の前に顔を持ってきて

    「絶対に行って いい?行ってよね

と、検査に行く約束をさせられました。

絶対に大丈夫なんだから。
私はお母さんから、とっても健康な身体をいただいていて、今まで大きな病気は何一つしたことないんだから。

とは言うものの・・・万が一、億に一、ってこともあるので
検査に行くことにします。
ryuryuのためにね、元気でいなくっちゃ



 
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加