頑張るノンちゃん

脳梗塞闘病記 

サーファー床屋

2016-12-24 19:41:32 | 日記
遅れた話題ですがサーフィンファンの皆さんおめでとうございます。オリンピックですね。

開催地も一宮海岸に決定して。以前に書きましたが私の行っている床屋さんはサーファーです。
熱海に来て髪をどうするか家内が自分も行けるということでこの床屋さんを探してまづ自分が
行ってみた。まあ女子のカットも出来るのでOKで行くことになったのが始まり。この床屋さん
熱海の隣り湯河原に住み吉浜でサーフィンをしています。熱海で開店2年目とかでした。
家内から吉浜で朝波に乗ってから出勤するそうだとの話を聞いたので私もサーフィン話をしました。
何しろ熱海ではデイ以外の会話は床屋さんかマッサージのおにいさんぐらいですから貴重です。
ビッグウエンズデイ・ハート・ブルーサーフィン映画の話で盛り上がったり勤めていた会社の女性の部下がサーファーで
今は結婚後サーフィンメッカの茅ヶ崎に住んでいるとか。そんな話
私「サーフィンの一番盛んな国は?「アメリカ」二番は?
「オーストラリア」三番は?」「ブラジル」と来た。意外でした。それも川でやると言う。
もしかしてアマゾン?と言うとそうだと。川で波があるの?なんか河口から逆流する流れのに乗るとか
よく分からない。もしかしてそれポロロッカっていうんじゃない?と私が言うと床屋さんびっくりして
何で知っているの?と言う。実はこれは業界語で昔旧マイカルが下流から攻めると言って
コンビニより小さい店を関西に展開したけど失敗それから上流に向かって関東に攻めたのですね
サティとかマイカル本牧とかこの辺が華でしたかリゾナーレ小淵沢あたりで終焉し破綻しました。
そしてイオンに吸収されたのです。話が飛びました。

あと中国がサーフンをン始めたのでやばいそうです。何しろ人数が半端じゃないので4年後が心配とか。
10月に行った時入口に大きいトロフィーが飾ってあるので、どうしたの?と聞いたら10月の
鴨川大会で優勝したそうです。選手で試合に出ているとは話していたけどそんな人!とはビックリ
知りませんでした。今シーズン最後の11月下田大会に連覇をかけて臨みましたが惨敗だったそうです。
先日やはり難しいサーフィンは!と言ってました。来シーズンは3月からだそうです。

1月から小学生の息子のために日曜定休に踏み切ると言いました。私の父親もデパート勤めで月曜休みで
子供の頃つまらない日曜だった話をしてあげました。組合に入ってないから日曜定休でもいいそうです。
2年前から考えていたらしく試しに正月休みを10日程取って様子見したことがありました。
客が離れないか「予約制だから大丈夫だよ」と言ってあげました。本当は家族でハワイ旅行に行ったのです。
勿論ノースショア行もありましたね。「Nさん(私)はノースショア行ったことある?」というので
娘の結婚式でハワイに行った時観光で行って1時間程浜でぼーっと波に漂うサーファー達を眺めていたと。
パドリングして漂っているサーファーを見ていると彼らとなんとなく気持ちが通じるような気がしてとか
そんな話を家内としていたなと思い出した。

その年の1月末に行った時お土産までもらってしまって別に客も逃げなかったそうでよかったねと。
その後私が調子悪くなった時期、それでも髪は伸びるので床屋さんには行きました。
その時カットが終わりトイレを借りて店の前に止めてある車で待っている家内の所まで歩こうと思ったが
一歩が出ない。すると床屋さんが飛んできて「肩につかまりなよ」と言ってあっという間におんぶしてくれ
車の前まで連れて行ってひょいと下ろしてくれました。家内はやれやれとの顔。病気で一回り小さくなったといっても
50㌔以上はある私です。床屋さんは「サーフィンやるためにだけ体鍛えている訳ではないですよ」と
照れてうそぶく「うちに来れなくなってもどこでも出張しますよ」という。泣けてきます。

こういう人にも私は支えられています。ありがとう。
サーフィンランキング上位は床屋さん情報で未確認です。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 視聴率 | トップ | サーファー床屋2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北のカラス)
2016-12-26 00:15:50
50年ぶりの大雪に埋もれた北の国で聞く「サーフィン」の響き。
なんだか遠い遠い外国のお話のよう。。。。
でもサーフィンフィットネスというのがあるって最近雑誌で見たような気がします。
それこそ美容院で髪をカットしてもらっている時に手にした、こじゃれたファッション誌の小さな記事だったと思います。
フィットネス用のバルーンの上にサーフボードを置いて、そこでまずパドリングをする。
次にボードの上に立つ!でも下はバルーンなので当然立てない。こける。
最初のうちは生まれたての小鹿のようにワナワナするけれど、体幹が鍛えられるとサクッと立てるようになるのだそうです。
エアサーフィンですね。

北のカラスさんへ (ノンちゃん)
2016-12-28 16:40:39
ありがとうございます。
連日の雪かきごくろうさまです。
フィットネスどころじゃないですよね。
筋肉がついてくるでしょう。ごめんなさい。
春まで頑張れ。
Unknown (sally)
2016-12-31 13:02:53
サーフィン床屋さん、
会話が弾んで楽しそうですね!

サーフィンと言えば、
私が高校生くらいの頃サーフ・ロックというのが流行しました。

で、
ロンゲで色黒でヒゲをはやしてサングラスして、
アロハシャツを着て、カラパナとかのレコードを小脇にかかえた
「丘サーファー」がたくさん発生しました。
もちろんナンパ目的の嘘っこサーファーです。

真面目にサーフィンに取り組んでる人達は
あんなのが居るから俺達まで誤解されると怒ってました。

中国にも「丘サーファー」が出現するかもしれませんね(笑)


sallyさんへ (ノンちゃん)
2017-01-07 10:48:20
ありがとうございます。
昨日の熱海新聞に下田に凄いプロサーファーがいて
もう期待されていいて下田市長に支援の挨拶に行った
記事が出てました。
中国にサーフィンブームが来て日本に爆乗りに来たら大変。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事