ひとりごとパートⅡ

日々体を動かしているのが好きな男
庭いじり、スポーツクラブ通い
時々山登り・旅を楽しんでいます。

『高崎だるま展』

2016年10月15日 | 日記

 10月9日(日曜日)高崎シティギャラリー1階で催しされている「第3回高崎だるま展」を妻と一緒に行って来ました。

  だるまといえば、沢山の産地があるが、だるまは高崎市と言われるくらい全国に知れ渡っていると、私自身自負しています。

今も52戸72人の職人がだるま作りをしているそうです。

今回の展示は群馬県達磨製造協同組合設立百周年を記念して、ミャンマーのだるまをはじめとして全国各地のだるまを一堂に集めて展示されていました。

デジブック 『高崎だるま展』

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« うどん | トップ | アップルパイ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiro)
2016-10-16 19:32:18
ツーカーさん、こんばんは~♪
高崎のダルマは有名ですね。
実家が八王子市の近くなので、若い頃は八高線に
乗って一度見に行ってみたいと思っていましたが、
結婚して神奈川県民となり、ちょっと遠くなりました。
(今は圏央道が出来て、少しは近くなりましたが)
デジブックを見せていただき、ダルマの制作過程を
知ることが出来たり、その種類の多さに驚きました。
ダルマ (☆彡異邦人)
2016-10-17 10:23:08
☆彡 ツーカーさんへ ☆彡
達磨と言えば高崎が直ぐに思い出されます。
高崎の達磨は人気ありますよね。
達磨寺にも行ったことがあります。
だるま展 (風花)
2016-10-18 16:19:54
ツーカーさん こんにちは

いつもコメントをありがとうございます。

高崎だるま展沢山のだるまが展示されていますね。

以前達磨寺や販売している所にも寄った事がありましたが
だるま展だけあって色々なだるまがあってビックリです。
写真で見せて頂くだけでもホッコリトします。

色々 (ねこおばさん)
2016-10-20 01:19:14
こんばんは、コメントありがとうございました。

昔ながらの目を入れる赤い達磨さんばかりと思ってました。
達磨ってこんなに種類が多かったんですね。
くまもんやニャンコまで達磨さんになっていたとは。でも、可愛い。
Unknown (スー)
2016-10-21 23:33:34
こうして見ると‥
達磨の種類の多さに驚かされますね~
「達磨と言えば高崎だるま」で育った私は、高崎だるまの顔に惚れています(笑
Unknown (ツーカー)
2016-10-24 06:02:05
hiroさんへ
返事遅くなりました
昔ほど製造風景を見かける店が少なくなりましたが、天気の良い日には乾かしている風景を見ることがあります。
今年から少林山周辺での展示がなくなり昔の風情が変わったといわれています。
Unknown (ツーカー)
2016-10-24 06:08:17
異邦人さんへ
返事遅くなりました。
我々は達磨寺は少林山と呼んでいます。
だるまの1月6日・7日の日は、大変賑わいますが普段はかなり静寂のだるま寺です。
最近寺と達磨組合との話合いがつかず、寺の脇での店がだえなく今年からなったようで、昔の風情が変わったようです。
Unknown (ツーカー)
2016-10-24 06:12:24
風花さんへ
昔はよく達磨寺へ行きましたが、最近は製造している店から前もっていただいているので、達磨寺に行かなくなりました。
ご利益がないかもしれませんね。
全国には、多くのだるまがあるのですね。
Unknown (ツーカー)
2016-10-24 06:15:42
ねこおばさん
本当に全国各地でだるまが、作られていたのですね。
我が家でも毎年だるま購入しています。
Unknown (ツーカー)
2016-10-24 06:21:07
スーさんへ
私も高崎のだるまが一番好きです。
今年からだるま市のやり方が、寺と組合で話合いがつかづ、従来と違っているといった人に聞きました。
境内で売られていないと、少林山の達磨市ではなくなって寂れてしまうのではと心配ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。