明日も写真日和。

何気ない日常で見かけた「どこかにある どこにでもあること」を撮り続けています。

続・「君の名は。」聖地巡礼

2016-11-26 01:27:09 | まち歩き
「君の名は。」の舞台をいわゆる「聖地巡礼」してから、はや一ヶ月がたとうとしてる。
先日、新宿や信濃町界隈の訪問地を紹介したままで、
肝心の場所がまだだった。

ここからは、作品の核心に触れます。
思いっきりネタバレなので、ご容赦のほどを。

そうです、ラストのふたりの出会いのシーン、
四ッ谷の須賀神社です。

聞くところによると、あまりに大勢の人びとが巡礼されるというので、
人ごみを避け、早朝、足を運んできました。

かの地はありがたいことに、私の大好きな高低差のあるところ。
四ッ谷の地名があらわすとおり、
谷に向かって降りて、底からまたのぼるという地形でした。

まさに、谷底に向かっておりてるところです。
そして、向こうに、境内への階段が待ってます。


ふたりが出逢うために、それぞれの姿を探すシーンのひとつが、ここです。


そして、ふたりが互いに階段の上と下で、その存在に気づきます。



一瞬、すれ違うのが、このポイント!
思わず、「なぜ、そのタイミングで声をかけないんだ!」と言いたくなりますよね。

何度も何度も「聖地」を行き来したことで満喫して、かの地を去ろうとしたところ、
谷底に向かう途中の自販機の脇に、こんなものを見つけました。

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 砂押川定点撮影〜津波をリア... | トップ | フィルムカメラでとらえた荒浜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事