明日も写真日和。

何気ない日常で見かけた「どこかにある どこにでもあること」を撮り続けています。

怒涛の二週間、仙台圏さくら巡り

2017-04-24 23:53:23 | まち歩き
4月7日に仙台に桜の開花宣言が出されてから約二週間、
それこそ怒涛のように、限られた時間を使ってあちらこちらと
仙台圏のさくら巡りをしてきました。

(お決まりの定点観測コース、東六番丁小学校)


(東六番丁小ほど定点観測してませんが、薬師堂も2〜3年スパンで撮ってます)

毎年、定点観測しているものはもちろんのこと、
今シーズンはそれ以外にも、と守備範囲を超えて周ってみました。

(新規開拓した萩野町。七郷堀に佇む姿に惚れました)


(こちらも七郷堀沿いで見かけた枝垂れ桜。ほんのりピンクに魅せられたのです)


(連坊界隈のお寺もいい感じでしたね。こちらは新規開拓した道仁寺。
お寺の裏の巨木に圧倒させられました)

さすがに、22日、23日の土日は疲れがたまったのと
ヒノキの花粉症にさいなまれて休息を余儀なくされましたが、
二週間の間に1,500枚以上も桜の写真を撮ってたことに気づかされました。


(昨年、泉区古内界隈で散り際の桜に出会ってから一年越しの邂逅。幹線道路からも見える立派な桜でした)


(「ブラタモリ」で有名となった「へくり沢」が広瀬川と合流する地点にも桜が咲くんですよ)

皆さんの心に響く写真が一枚でも多く撮れていたら、嬉しいのですが。


(志波彦神社にて。さくらと神社と人の往来の妙を撮りたかったのです)

さて、今シーズンのさくら撮影はこれで終わりとしようかな。
それとも、北上しちゃおうかな?

(鹽竈神社にて。たてものと桜をどう組み合わせるか悩まされます)

でも、仙台圏での今シーズンの撮影はおしまいです。
ひとつ、お気に入りの桜が見られなくなるのは残念だけど、
また来年、素敵な桜が撮れますように。

(多賀城の東北学院大学工学部キャンパスにて。満開からの散り際を撮ることができました)
『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仙台ふららん・お花見ガイド... | トップ | 東北に生まれ、東北で暮らす... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL