明日も写真日和。

何気ない日常で見かけた「どこかにある どこにでもあること」を撮り続けています。

「子平町の藤棚」は雨もよく似合う

2017-05-15 23:23:44 | まち歩き
おさんぽ写真家休業中の身ではありますが、
ちょっとした時間ができたので、仙台市指定天然記念物の「子平町の藤」を訪ねてみました。

ちょうど18日までが一般公開ということなので、まさに、このチャンスを逃すわけにはいかなかったのです。

なにせ、この藤棚の訪問は実に16〜17年ぶりのことでしたので。

藤棚のある千田家は、伊達藩に仕えておりました。
藤は、初代藩主となる政宗公が秀吉の命で朝鮮出兵した際に持ち帰ったそうで、それを拝領したそうです。
よって、樹齢は400年を超える古木なのです。
「彼」はどんな思いで、伊達藩、そして仙台の栄枯盛衰を眺めていたのでしょうか?

今回の訪問はあいにくの雨模様の中でしたが、なかなかどうして、
雨も風情がありますね。紫の花房がひときわ鮮やかに感じられます。
紫と白のグラデーションも濃いような。

それにつけても、千田家のお屋敷の素晴らしいこと。

藤棚だけでなく、和風庭園や和洋折衷の住居にも魅せられてしまいました。

毎年こうして、私たち一般市民向けに自宅(の庭)を解放していただ蹴ることは
本当にありがたいことです。感謝の思いしかありません。

また来年も伺おうと思いました。
次回は、妻を連れていくつもりです。

【ご参考】
公開のお知らせ/2017年 子平町の藤
<子平町の藤>五月晴れに「紫の雨」(2017.5.12 河北新報)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ちょっとワケありで、おさん... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL