La voz y la luz

滋賀県でのんびり、ラジオ聞きながらの生活です。
たまに言いたい事、感じた事も書いたりしてます。

Pope John Paul II's Funeral

2005-04-08 22:58:02 | 感じたこと、言いたいこと
1分1秒でも長く…と書いた次の日、シンガポール出張のために朝早く起きて朝5時のNHKニュースで…5時5分だったでしょうか「ただいま入りましたニュースです。四半世紀に渡り…ローマ法王ヨハネ・パウロ二世が亡くなりました」とのニュース。

そして今日、バチカンではヨハネ・パウロ二世の葬儀が行われています。CNNは生中継で葬儀の模様を放送しています。荘厳な雰囲気の中での葬儀です。20世紀の最後の20年強を導いた指導者の一人が天に召されました。

CNNでは葬儀の模様と、サン・ピエトロ広場に世界から弔問に訪れた人々を映し出しています。改めてバチカン、カトリックの影響力を見せ付けられた気がします。ヨハネ・パウロ二世個人の影響もあるかもしれませんが。

私個人的には「法王と言えばヨハネ・パウロ二世」というイメージが強いので、コンクラーベで選ばれる次の法王がどんな人であっても、多分、違和感があるのではないでしょうか。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンガポール チャンギ空港 | トップ | 意外と高くつくもの »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
同じアジアでも (pfaelzerwein)
2005-04-09 03:22:39
早速のTB有難うございました。同じアジアでもフィリッピンなどは次期法王を巡って政治的影響も大きいようですね。



こちらからも新しい記事のTBを貼らして頂きます。
その日は... (たかはし@札幌)
2005-04-09 04:24:18
フェリーで大洗から、苫小牧へ移動している最中でした。

TVもラジオも入らない2等寝台という個室で、日本のマスコミはあんまりその報道はやらないもんだから、それ知ったのは苫小牧に着いてからだったりします。^^;



次期の法王は、どうしてもヨハネ・パウロ二世と比較されるだろうから、そういう意味では大変だろ思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
どこから来てどこへ行くの (Wein, Weib und Gesang)
バイエルン放送協会のニュースチャンネルでは、朝5時過ぎからサンピエトロ広場の様子が写され続けた。8時過ぎにスタジオからの前放送が始まり10時まで神学者とケルンドーム放送局の編集長が解説した。 大伽藍に柔らかな陽が当たる静かな朝の風景とは打って変わり、人の波で
ローマ法王に最後の別れ 史上最大の葬儀 (ペンギンの 気になるニュース & 日記帳)
冷戦終結に貢献し、今月2日に84歳の生涯を閉じたローマ法王ヨハネ・パウロ2世の葬儀が8日、バチカン市国内のサンピエトロ広場で行われた。  葬儀には、米国からブッシュ現大統領と父親のブッシュ元大統領、クリントン前大統領と3代の大統領が歴代大統領として初めて参加