Hiro*のStarlight Note

デジタル天体写真初心者の奮闘を綴る備忘録です
2013年春ポタ赤で再発し14年秋オートガイド導入、装備だけ完全再発!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

M81・M82の処理を見直してみました。

2017年01月12日 | 画像処理あれこれ
今日は満月です。曇っています。次の遠征時期まで、まだ当分はあります。
投稿した鮮度の落ちた写真を見れば見るほど見直したくなりましたので再び処理です。



ε130D 430mm F3.3
トリミングは同じようにAPScフレームの7割くらいのサイズにしています。

カメラはAPSc。フラットのミラーアップの蹴られが気になっていましたので、昨夜RGB各30のグレー色の設定画面(モニター)にてss2秒、50コマで新フラットを作成。
結果、強調処理に強いフラットになったようです。

手順はコンポジット後、今回は先にステライメージ7に持込みレベル調整・デジタル現像・Lab色彩調整等を処理し、Photoshopで後処理しました。
しかしヒストグラムの山を合わせると前回の色調になります。
色合いはどうもRっぽくもBっぽくもなく、僅かにGっぽいように思います。仕方なくほんの少しのさじ加減ですがお色直しをしてみました。
若干ですが白飛びも締まっています。M82のスターバーストも見え易くなった。

処理手順やパラメータの入力値加減を色々と試していますが、今日のところこれでOKです(笑)。

日々移動する話題の彗星の導入には、ステラナビゲーターのお”力”を借りる必要があります。室内にて久々にクロスLANケーブルで繋いで試運転してみたり、そんな満月期です。




コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

春の系外星雲(M81・M82)

2017年01月08日 | ε130D
春を代表する系外銀河
M81(27'×14' 7.9等級)・M82(11'×4' 9.3等級)


2017.01.04 2:12~撮影  撮影地:seranisityou 光学系:ε130D 430mm F3.3 + EOS60D SEO SP4
露出:5分×15コマ(75分) 感度:iso1600 機材:Vixen SXP赤道儀 + QHY5L-Ⅱ PHDガイディング
APScフレームの7割くらいのサイズにトリミングしています。



画像処理はどちらの銀河に合わせるか?難しいところです。


M81 をトリミング



こんなに大きく明るい銀河ばかりあれば楽しいですが。

夏の星座が昇って来るまで、しばらく小さく写った銀河を追いかけてみようかと感じています。広いフレームで銀河狩り、いいかも!

本田・ムルコス・パジュサコバ彗星&タットル・ジャコビニ・クレサック彗星やジョンソン彗星も気になるところです。
久し振りの彗星フィーバーとなればいいですね!





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

春の系外星雲(M106)

2017年01月06日 | ε130D
ご存じの、おおくま座しっぽの南、りょうけん座にあり見掛けの大きさが19'×7'と大き目の銀河です。


2017.01.04 3:23~撮影  撮影地:seranisityou 光学系:ε130D 430mm F3.3  + EOS60D SEO SP4
露出:5分×20コマ(100分) 感度:iso1600 機材:Vixen SXP赤道儀 + QHY5L-Ⅱ PHDガイディング
APScフレームの7割くらいのサイズにトリミングしています。



明るさは9.1等級で南西に12等級のエッジオン銀河NGC4217(5.2'×1.5')などもあり、遠いい銀河空間の感じがします。
小さな対象は400mm辺りの焦点距離ではスケールで叶いませんので広さで勝負(笑)!です。


SIGMA Artライン50mm + EOS6D SEO SP4をTOAST Pro に載せていましたので、おおくま座しっぽの南を狙ってみました。
とても地味です。原版サイズでは50mmでも銀河の形が見えて面白いです。

その約3分の1の1800×1200ですがファインディングチャートぽく文字入れしてみました。拡大鏡がいる。

SIGMA Artライン50mm  にて撮影

2017.01.04 02:13~撮影  撮影地:seranisityou 光学系:SIGMA Artライン50mmF1.4DG(絞りF3.2) + EOS6D SEO SP4
露出:5分×4コマ(20分) 感度:iso1600 機材:TOAST Pro にてほったらかし追尾 カブリ処理あり


これより南は”かみのけ座銀河団”や”しし座銀河”となり、同じようにして確認してみるのも良いかもしれません。。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新年の初撮り遠征(1月3日)

2017年01月05日 | SIGMA 50mm F1.4 DG
この夜はε130D+6Dのフラットを完成すべくテスト撮影のためε130Dを持ち出しました。

天候は高気圧の前面ですから一晩中期待できます。
22時月没後のメインの対象はオリオン座東南に位置する難ものNGC2170,子午線越えが23:30.過ぎ前後90分ずつ3時間の露出を予定
していました。
ム!「していました~」ってことで・・・・・

トラブルの連鎖がはじまります。

トラブル①、スターブックTENの電源投入時に何をやらかしたのか分かりませんが、初期設定が全てキャンセルされてしまいました。
時刻・設営場所他の再入力に時間を費やして、どうもリズムがおかしい、トラブル②ポーラファインダーに北極星を確認せずに組み上げてしまってやり直し。
もう月没22時を回って、やっとε130D+6Dのフラットテスト、ところがこれです迷光が写り込む!トラブル③

原因究明のため時間をロスして結局6Dでの撮影は諦め~~センサークリーニングなどで壊してしまったかと心配になり出し後ほどカメラレンズで確認することに・・・・

で、6D+SIGMA Artライン50mmで撮ってみたのが。
迷光はない(ほっと!)

2017.01.04 01:36~撮影  撮影地:世羅西町 光学系:SIGMA Artライン50mmF1.4DG(絞りF3.2) + EOS6D SEO SP4
露出:5分×5コマ(25分) 感度:iso1600 機材:TOAST Pro にてほったらかし追尾 カブリ処理しまくりで上手くなりません。


ε130D+6Dは帰宅後処理の結果、フラットの方は上手くいきそうです。しかし迷光は未解決。一歩一歩です。



メインの撮影対象NGC2170は
EOS60Dで,子午線越え50分前に撮影開始。しかしトラブル④EOSユーティリティーでのタイマー撮影ができない。ミラーアップ設定が原因と判るまで時間かかり過ぎで、撮影開始して4コマ目で赤道儀が追尾停止!。PHDはキンコンキンコンと鳴って。
今度はスターブックTENの反転メッセージが出ない!トラブル⑤。仕方なく手動で反転して撮影をしようとするが、子午線越え前のフレーミングにできず1時間半ももくって諦めた。4コマを無視すればよかった。

久し振りの遠征とはいえ集中力が足りません。もう2時前だぁ~~諦めモードに・・・・・笑っちゃいました。
仕方ないのでε130D 430mm F3.3 + EOS60D SEOで春の銀河に切り替えて楽しむことにしました。
続く!!

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新年のご挨拶

2017年01月01日 | 雑記
新年あけましておめでとうございます。
皆様のご健康とご健勝をお祈り申し上げます。


今年の撮影は”1対象にじっくり対峙”をテーマに、そして仕上げは”プリントが綺麗”にチャレンジしたいと思います。

また撮影対象では、2月の本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー周期彗星や6月のジョンソン彗星 C/2015 V2にも目を向けてみたいと思います。


2月7日早朝の本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー周期彗星をナビってみました。
上弦を3日超えの月が沈んで1時間半、薄明開始30分前ですが、横たわる天の川の中でいい感じです。
しかし問題があります。最も厳寒の時期の早朝に行動できる気力があるか!です。このハードルは案外高い!



今年は一年を通して撮りまくりたいものです。
当ブログへのご訪問をどうぞよろしくお願い致します。
m(_ _)m





コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加