広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

仁丹いわく、「案外、オッサンたちがこの国の希望かも知れない」

2017年03月08日 11時15分00秒 | 社会問題

▲<那覇の「寒緋桜」もピークを過ぎました>

「日経ビジネスオンライン」「河合薫」さんのメルマガ2017.3.7 の抜粋(10分の一くらい)です。

森下仁丹が、“第四新卒”の採用をスタートさせた。 
               
毎日新聞では「『第四新卒』おっさん、おばはんWANTED」
東京新聞では「森下仁丹が『第四新卒』採用へ おっさん、おばはん求む」
読売新聞では「求む中高年、森下仁丹が『第四新卒採用』」
日経新聞では「森下仁丹、50代中心の中途採用導入へ 幹部候補に 」

森下仁丹の定義によれば、「社会人としての経験を十分積んだ後も仕事に対する情熱を失わず、次のキャリアにチャレンジしようとする人材」をいい、「性別・年齢を問わず採用」していく事を、第四新卒採用と呼ぶのだという

採用募集のTVCMは、泣けます!                                
「オッサンたちへ」
「あの頃は仕事がすべてだったんです。」
「ずっといた場所から出てみたい、そう思ったんです。」
「まだ、できると思うんです。」
「案外、オッサンたちがこの国の希望かもしれない。」
「オッサンも変わる。ニッポンも変わる。」


“オッサン”の連発で申し訳ないのだが、結論から述べると私はオッサンの「やる気」が、「人格的成長(personal growth)」というポジティブな心理的機能によるものなら、変わると確信している。

「人格的成長」とは「自分の可能性を信じる」気持ちの事で、専門家はこれを「チャレンジ精神」と同一に扱う人もいるが、実際には異なる。

チャレンジ精神が、 自分の行動する力に価値を見出している事に対し、人格的成長は、自分の内在する力に価値を見出すもので、TVのCMでいえば「まだ、出来ると思うんです」という、実にシンプルかつ根拠なき確信である

そう。「根拠のなき確信」ほど、人間の底力を引き出す無謀な心の動きは存在しない。・・・・以上(抜粋)。



私も同感!「退職後の約10~20年の人生をどう生きるか?」が、現代ニッポンに生きる人達の課題です。

森下仁丹によると、若干名の採用人数に、1000名を超える応募があったらしい。

貴重な経験を積んだ、仕事に対する情熱を失っていない。まだ発展余地ある「おっさん&おばさん」の「根拠のなき確信」で、ニッポン活性化に大いに期待したいものです(私も頑張ります!)
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「スンノーデン」を観ま... | トップ | 「ぬみあっちゃー栄町」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。