広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「微妙な話の“聞き方”の技術」

2012年05月14日 00時05分00秒 | 沖縄の生活

▲<最近読んで勉強になった「微妙な話の“聞き方”の技術」(明日香出版>

私は、昔から「人の話が聞けない短所」を持っていて、中々改善出来ない。

営業マン時代は、お客様に営業トークで勝つ事を狙って仕事をしていた。
管理職時代は、部下の気持ちを介せず話を聴かないで、「教えてやる気持ちタップリ」で指導すれば、部下は育つと信じていた。

根っから「人間大好き」で、「世話焼き」で「いらち(セッカチ)」な性格は、相手の言葉が待てなかった。
こんな調子で、20年数年間管理職をやって来た・・・。

最近、「微妙な話の“聞き方”の技術」宇都出雅巳著(1,300円)を、家の近くの「マンガ倉庫」で、見つけ650円買った。2006年10月の発行だが、新刊の時に本屋で見つけられなかった本だ(私が、まだ東京にいた頃の話)。

二日間で一気に読んだが、私の事が書いてあるのかと思えるくらいの内容で、読みながらビンビンと反省ひとしきり・・・。

「誰もが自分の言いたい事を伝えるのに気を取られています」「何とか説得しょうと必死です」「聴いているのは、相手の話ではなく自分の話?」「“事柄”を聴いて、“相手”を聴いていない」「意識の矢印はどちら向き?」「人は、自分で決めるから力が出る」・・・。等々、今頃学んでどうするのだ?というくらいに、60過ぎに読んで勉強になった本でした。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「空芯菜の炒め物」 | トップ | 「わが母の記」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
今までトーストは (つい最近まで)
色々思うことありまして・・・ブログにしてみました。個人的な日記です