広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沖縄県知事日本に負ける

2016年09月17日 00時05分00秒 | よのなか


9月16日の午後、「那覇地裁」で、一つの判定が降りた。

現沖縄知事が、前知事が認可した「辺野古基地」造成許可無効を裁判所に訴え、日本国と争っていた。

その判決が、今日の午後に降りたのだ。結果は、日本政府に軍配が上がった(那覇市内では、号外が出てTVに泣いている老女を放映していた)。

沖縄県は、上告するらしいが、これからも今まで通りの主義主張を繰り返すのだろうか・・・。

私も、今から埋める新しい基地は、費用面でも高くつくし必要ないと思っている。


▲<商業&自衛隊併用の「那覇空港」を飛び立つ自衛隊ヘリ>

国も、20数年前に一度決まった「辺野古移転」に、こだわるのではなく、商業使用と自衛隊+米軍併用で「宮古島空港」「石垣島空港」活用は出来ないのか?

さらに、「与那国島」空港拡張の方が早く完成する。

それ以上に、宮古島「下地島」(下地大橋開通)に「3,000メートル級滑走路」の飛行機場があるではないか?!これなら、今すぐ使用出来る


▲<ほとんど使われていない立派な「下地島空港」>

現在の国際状況から見れば、「東アジア」が一番の危険地域らしい。

中国と北朝鮮問題もあと10数年で、決着がつくと思われるが(話せばわかる国なら苦労はしないが・・・)。

ここは、本当の意味で沖縄県民が、「オール沖縄」を発揮する時(チャンス)ではないだろうか。
ジャンル:
速報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 古民家食堂9月例会参加 | トップ | 台風16号が遠巻きに去って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

よのなか」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。