濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」をメインに、あとは作者の趣味趣向。独立型(オフグリッド)ソーラー発電にも凝ってます。

トランジスタ・テスター 2016(Atmega 328P)

2016-10-14 18:32:45 | おもちゃ病院
最近多治見おもちゃ病院で「トランジスタ・テスター」なるものを発見、興味を持ちました。
モノはトランジスターやダイオード・抵抗・コンデンサ・チョークコイルなど、大抵の電子部品の抵抗値・静電容量・素子動作電圧・増幅率などが一瞬でわかる優れもの。
我輩も勧められてキット購入に至りましたが、まだキットが届いていないので現地点でのレポートは出来ません。あしからず。

このキットはマイコン[Atmega 328P]というICを使っているので、動作させる前にプログラミングが必要になります。
しかし当方は現在それらチップに書き込む道具を持っていません・・・当然EP-ROMなどのデータ書き込み経験もないから、まずはそういうところから経験を積まないとうまくいきそうにありません。
とはいえせっかく便利なツールを教えてもらったのですから、使わない手はありません。
多治見おもちゃ病院のホームページに「LCRメーター」と題して製作記や改造例などが載っているので、それを参考にしながら製作していくつもりです。
うまくゆけば自分の手持ちだけでなく美濃加茂や関にも配布して玩具修理効率をアップさせたいです。3セット発注していますので事足りるとは思いますが、八百津や飛騨萩原などが欲しがれば追加発注になるでしょう(爆)。
あとはキットを収めるケースが欲しいところ。似合うものがなければ自作します。
『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« eKスポーツ不調(異音) | トップ | 美濃加茂おもちゃ病院201610+... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。