濃飛樹脂軌道

おもちゃ修理、鉄道玩具「プラレール」をメインに、あとは作者の趣味趣向。独立型(オフグリッド)ソーラー発電にも凝ってます。

異質のプラレーラー?!

2017-07-06 18:02:00 | プラレール・鉄道模型
今まで多くのプラレーラー(プラレールのファン、大概は成人男子)を見てきましたが…自身プラレーラーの中では異質の存在だと思います。

大きな違いを3つ挙げます。
1.地域限定である(他地区へ動けない)
有名なプラレーラーは複数の都道府県に足跡を残し、全国区でオファーがかかる方も多いですが…自分はあくまで岐阜県内のみ。
しかも自分の住む中濃地区が殆ど。それ以外は飛騨萩原(下呂市萩原町)だけ。
その中濃エリアは広く、担当したのは南部の可児市・美濃加茂市・加茂郡八百津町・関市のみ…まだ北部の郡上市は実現していません。
どこも「おもちゃ病院」の伝がないと「プラレールひろば」を開催できない弱みを内包しています。
東濃地区は「多治見おもちゃ病院」の伝があれど、オファーのある8月はエネルギー管理士国家資格受験と重なって参加不能。他地域のプラレーラーが乗り入れど彼らには会えていません。
岐阜地区・西濃地区は伝がないので難しいです。
飛騨地区は「高山おもちゃ病院」の伝があれど自宅から遠すぎて宿泊しないと無理(手前の飛騨萩原でも前泊する有様)…既にミニSL(ライブスチーム)やNゲージなど各種活動を抱える彼らにプラレールひろばを招聘する発想があるかどうかです。
※当然希望があれば出しますが事前調整は必須。
土日作業の多い電気屋であり「おもちゃ病院」ドクターでもあるため土曜日のスケジュール確保が難しく、地域限定プラレーラーにならざるを得ない事情をお察し下さい。

2.機材が少ない
ただでさえ「おもちゃ病院」「オフグリッドソーラー」など多種多様な活動を受け持つ自分、プラレールひとつに絞れるはずがありません。
手持ち機材は他のプラレーラーに比べ相当少ないです…過去の画像から見ても机10脚が限度。
一畳プラレールなどにみられる高層化も橋脚の少なさから夢のまた夢。いつになればできるのやら。

3.一人親方である
電気屋ゆえ土日確保が難しく、それが「一人親方プラレーラー」になった背景です。
プラレーラー同士の横のつながりは殆どありません。あくまでレイアウト設計は自分の資材だけで行うスタンス。
「おもちゃ病院」活動と併営している場合も資材は1名の分だけで行う構図は変わっていません。
※逆にそれが幸いして機材紛失はありません。数少ないメリット

以上、先に欠点ばかり述べましたが…逆にこれで生じた長所も幾つかあったりします。

1.和室でのプラレールひろば
一人親方であるため、他のプラレーラーでは例のない「和室でのプラレールひろば」を実行できました…グループでやっていると反対意見が出て実行できないオチが自分にはないから。
飛騨萩原で成功したので今後も積極展開できるかもしれません。万一壊れても併営のおもちゃ病院で直せる強みがありますし。

2.おもちゃ病院との併営
自分が「おもちゃ病院可児」代表だった頃「おもちゃ病院+プラレールひろば」コラボを展開していました。可児市土田公民館の公民館まつりに出展していたことも大きいですが。
これで美濃加茂・八百津・飛騨萩原におもちゃ病院を展開でき、いずれもイベントでの「プラレールひろば」普及を果たしました…その意味でも異質。
プラレーラー兼おもちゃドクター、他にも出てこい!
※その意味では「プラレールひろばはおもちゃ病院活動に理解のある地域へのささやかなご褒美です」と言えなくもなかったり(笑)。

以上「プラレーラー界の竹原文楽」気取りで取り留めもなく書いてみました。
もっとも下呂市の文化遺産「竹原文楽」には遠く及びませんが…人間1名で100体の人形を操れる天才には憧れます。
(残念ながら竹原文楽は演者が他界し後継者も居ないため現在は合掌村での展示だけになっています。あしからず)

自分以外に一人親方プラレーラーがみえたら、ここに名乗りを上げて下されば幸いです。
※ここは同じ仲間の集まる場所さ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薬用養命酒(飲物) | トップ | イングレス辞められますよう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

プラレール・鉄道模型」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。