mazi thankyou ブログ

mazi thankyou records に関して

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思うことなど

2011-06-25 10:56:06 | Weblog
家で煙草を吸う時は台所の換気扇の下でイキりながら吸う。

そこの窓から、30m程先に、こぢんまりとした、
分譲マンションが見渡せる。

そこの一室にいつも夕食時になると、

幸せを絵に描いた様な4人家族が、
一家団欒を楽しむ「THE 幸せ」な
光景が、おぼろげながら目に入ってくる。

その幸福感は、全ての日本人に

「幸せとは?」

と問うた時、間違いなく最大公約数となるであろう
幸せな光景だ。

父親が小さい会社ながらも、辛い労働を終えて帰ってくると、
母親があたたかいご飯を盛り、
そのご飯を食べながら、娘たちの学校での話しを
皆で笑いながら聞く。


100点だ。


仕事で休憩の時は喫煙所で愛想笑いを浮かべながら煙草を吸う。

先日、いつもの様に煙草を吸っていると、
トヨタのエステマ的な車が、
ドゥン、ドゥン、ドゥンとへヴィーなリズムで、
私の目の前に停車し、ドアが開いた。

中には男女が3人づつ乗っており、

男性は肌が浅黒く、サングラスを着用し、刺青が入っていそうで、
入っていないという風貌である。

女性の方も、さほど大きな差はない。
平たく言えばEXILEと倖田 來未だ。

彼らはどうやらこれから海に行くようで、
人の手垢のついた様な話を繰り返し、
コンビニにカラカラと笑いながら入っていった。

これから海で、スイカ割り、ビーチバレー、行水などを
楽しむのであろう。


0点だ。


上記二つの例は実に相反していて、この2組の遠さと言えば、

小学生の頃、親友同士だった女の子二人が、
一方が片方の筆箱だったり、消しゴムだったりを
すぐ真似して購入するタイプの子で、

お互い成長し、そのままの流れで、男性までとってしまい、
悲しいかな、ついには絶縁した。

くらいの距離感があるだろう。


片や地に根をはりまっすぐに立った堅実な生活。

片やふらふらと浮き草のごとく大胆なチャラさ。


しかしおかしな話かもしれないが、心の底では
この刀と鞘程の差がある話二つに
私は同じような連想をした。

「羨ましい」だ。

私は生まれてこの方、幸せな家庭を築いた事もなければ、
海水浴に行った事もない。

私は実際行動した事がないものには考えが先に行動してしまい、
切れば血が出るような具体性を帯びた想像の世界を構築してしまっている。


つまりこの上記二つの逆説を同じように連想するのは、
フルチャラなギャル男までにも、
自分自身を重ねている、自己投影なのだ。


この道中とゴールの落差の激しい話は、一つの結論に行き着く。





私はEXILEだ。







_________FUNNY THRASHライブ予定___________




2011年7月8日(金)


新宿NINE SPICES

The Hacked Rabbit House
FUNNY THRASH
not great men
OFFICE VOIDS

and more...??

OPEN / START 未定 ADV / DOOR 1500












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« けんもほろろ | トップ | 道草 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL