goo

相続・贈与に関する相談を受けて思うこと(1)

久しぶりに投稿します。

個人から相続や贈与の相談を受けて、感じること思うこと等を書きたいと思います。

まず基本的なことを理解して頂きたいと思います。

★相続は死亡後の手続きで、贈与は死亡前の手続きです。相続に関する税金は相続税、贈与は贈与税です。

★不動産の中に農地(田、畑)が有る場合、贈与する場合は農地法の許可等が必要です。相続においては農地法の許可等は不要です。

★贈与で考えるべき農地法の許可は、3条許可と5条許可です。3条許可は農地を農地のまま移転する場合の許可ですから、受贈者(贈与を受ける人)が農業をすることが前提です。5条許可は、農地を宅地などに転用する目的で移転する場合の許可ですから、住宅を建てるなどの転用目的が必要です。

★相続において有効な遺言が無い場合は、遺産分割協議などが必要になります。遺産分割協議書などには実印が必要で、当然印鑑証明書も必要になります。

少し踏み込んだことまで書きますと、

★遺産分割協議をする場合に、認知症などで判断能力が全く無い人がいると、その人については成年後見人を家庭裁判所に選任してもらって成年後見人が代わりに協議に参加することが原則になります。その場合通常、成年後見人は法廷相続分を確保することが職務ですので、自分一人で全財産をもらうことは難しくなります。

★また、成年後見の申立をして成年後見人を選任してもらう手続きは、自分でするとそれほど簡単な手続きではないと思います。

今日はここまで。

********************************
 相続に関するご相談は、お気軽にどうぞ
  困難な相続でもあきらめずに!!
  司法書士・行政書士 平 瀬 清 文
  宮崎県都城市久保原町9-3-20
  TEL 0986-22-5708  
平瀬司法書士・行政書士事務所http://hirase.biz/index.html
********************************

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 困難な相続で... 相続・贈与に... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。