goo

相続放棄についての誤解

先日、相続放棄についての相談を受けましたが、その中で誤解されていることがありました。
簡単に書きますと次のとおりです。

1,相続放棄した場合に、他の相続人などに影響はないと思っている。
例えば、父親が死亡し妻と3人の子が相続した場合に、1人の子が相続放棄すると妻と2人の子が相続します。妻と3人の子の全員が放棄すると次順位の相続人が相続します。その場合、父親の両親は死亡していることが多いので、父親の兄弟が相続することになります。父親が多額の債務を残して死亡した場合は、相続放棄をして債務を逃れても他の親族に影響が及ぶことになります。

2,相続放棄には他の相続人の同意等が必要だと思っている。
相続放棄は単独でできます。他の相続人の同意等は法律上は必要ありません。ただし上記のとおり、自分の放棄によって他の相続人に影響が及ぶことは考慮すべきだと思います。

以上のような誤解をされている方がいらっしゃいました。
参考のために記載しました。

********************************
 相続に関するご相談は、お気軽にどうぞ
  困難な相続でもあきらめずに!!
  司法書士・行政書士 平 瀬 清 文
  宮崎県都城市久保原町9-3-20
  TEL 0986-22-5708
 
平瀬司法書士・行政書士事務所http://hirase.biz/index.html
********************************

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 「休眠抵当」...   
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。