== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記




カフェラテ

何もしなくても1日が終わる。
幼かった頃のクリスマスイブの思い出は、子ども心にも薫り高いセイロン紅茶の匂い。
ベタベタして甘過ぎるバターケーキ、父が庭から掘り起こしてきたモミの木のツリー。
視覚よりも味覚よりも嗅覚がいちばん鮮烈に残るらしい。


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 期待のケーキ 名前の表記 »
 
コメント
 
 
 
お父さんの思い出♪ (sagano)
2016-12-24 19:27:19
優しくて、ハイカラな(言葉が古い)お父さん
懐かしい思い出が まだまだ沢山ありそう・・・
年代も違うけど、子供のころ紅茶を飲んだ記憶ってないような?
ケーキは 或る事情で(表に出せない)当時としては
珍しく 頂きものがワンホール!!好きなだけ食べられる。
確かに 生クリームじゃなく バタークリームでしたが
今では見かけないので 食べてみたくてしようがないです。

このカフェラテは 何処かのお店ですか?
拝見した瞬間「ひらりんさんが?」と驚きましたが・・・
スタバのアイスラテ一途の私ですが、ちょっとしたきっかけで
コーヒーの奥深さにも 少し嵌りかけています♪
 
 
 
イブ (にやけ氏)
2016-12-25 13:16:16
スキー場からの帰りがけに、ホテル四季の前でサンタとトナカイを見かけましたよ。トナカイは何か餌を食べていました。普段の餌よりおいしかったのか、無心に食べていました。これもサンタからのプレゼントでしょうか?夜には世界中を走り回されるからね。
 
 
 
間違い訂正 (にやけ氏)
2016-12-25 13:27:40
ホテル「四季」じゃなかった。「木ニセコ」だった。
ちなみに「四季」のレストランは「KAMIMURA」って、ミシュラン一つ星(まだ行ったことがない)。
 
 
 
皆さんへ (ひらりん)
2016-12-25 20:18:44
○saganoさんへ
ツリーの飾りは厚紙製で、折り目がつくとボロボロ、綿は脱脂綿では良いほうで、生成色の布団わただったり。
クリスマスよりはお餅つきの日や大晦日のほうがはるかにワクワクしました。


○にやけさんへ
スキー場の近くに居たのはトナカイではなくエゾシカとちゃう?
サンタと思ったのは赤いダウンを着た酔っ払ったオーストラリア人だったりして。
1月の関西の会の新年会は肥後橋の四季であります。
といっても某チェーンホテルに入ってるただのレストランだけど。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。