== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記




ニセコひらふでスキー 2011年2/19~22

飛行機のチケットはいつもインターネット予約して、座席は窓側にしておく。
電車、バスはもちろんのこと、旅というのは、窓からの景色を眺めているだけで飽きないもんだから。
関西空港から10:45発のANA便、離陸して15分ほどしたら、右手にもう富士山が見えた。早っ!
北海道まで夫とは、ちんたらガタゴトゆらゆらと列車やフェリーで北上したもんな。
眼下はよく晴れ、雪をかぶった北アルプスも陰影がくきりとしてパノラマを見ているようだった。
カメラはSONY NEX-5持参、スキー中はケータイカメラ。ときどき友だちのSONY DSC-HX5Vを拝借。

富士山

機上から

日本海側を北上して新潟付近の平野部が幾何学模様になっている。
5分遅れで12:40千歳空港到着。
東京からの友だちと合流、予約しておいたスキーバスの受付をして、急いで昼食済ませて、乗客は半分以上が白人系外国人というバスに乗り込んだ。
千歳からニセコまで、どんより雪空の支笏湖畔の国道を通って、美笛峠を越えて、2時間半、バスはスルスル走っていくが、遠い。

ニセコひらふスキー場

16:15 ひらふスキー場でバスを降りたら、北海道在住の友だちが2人お出迎え。
「久しぶり!」
バスの車体下部のスーツケースを受け取って歩き出そうとしたとき、友だちが「何か荷物持つよ」って言ってくれて、それならお土産の袋を…無い!
「R君!千歳で買ったケーキの袋は?」
「アッ!忘れた」と、慌ててバスに乗り込んで回収してきたR君。以後、2人はいろいろ落として忘れて来たのだった。

バス停近くのニセコパークホテルにチェックイン。
オーストラリア人が大挙して押しかけているというだけあって、ニセコひらふスキー場はホテルやレストランも多くにぎやかな雰囲気だ。

夕食

3連泊の夕食は毎夜違う内容の献立8品くらい3夜食べ続けた結果、1kg太ってしまい、今なお、0.5kg戻らない。
魚や肉献立が3品も付いてるし、そりゃ、家庭の夕食の3倍はあるが、いろいろと美味しかった。

夜のスキー場街

夜の8時半ごろ、歓楽街のようなにぎやかさ。
車店舗

食後は雪の降る中をお散歩。
雪は冷たいが、気温が高くて(0度くらい?)寒くてたまらんということはない。

ナイタースキー

しかし、降りしきる雪で、カメラも出せず、ひとめぐりして引き上げた。
キレイな大浴場であったまったあと、H氏の持ち込みギターで調子はずれのフォークソングなど歌って盛り上がった。
カラオケ嫌いの私でも、ギターは耳に心地よく、人工内耳者ばっかりだから音程がぶっ飛んでてもへっちゃらなわけで…可笑しな歌声と共にニセコの雪の夜は更けて行く。
明日はいよいよスキーだ。その2へ


コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 【壁紙】梅と雪 ニセコスキー... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは。 (LuckyBook)
2011-03-05 23:30:25
雲海の向こうに見える富士山が、メチャクチャきれいですね。
ブルーだけの世界ですが、その美しさに感動です。
冬の北海道へは行ったことが無いのですが、外はやっぱり寒でしょうね。
一度行ってみたいですね。
食べるものも美味しいでしょうからね。
  
下の壁紙の写真もきれいですね。
特に羊蹄山の美しさは、本当に感動ですね。
ダウンロードしてカレンダ壁紙にさせていただきました。
https://picasaweb.google.com/luckybook888/20113#
にアップもしました。
 
 
 
飛行機の窓から・・・ (sagano)
2011-03-06 08:30:19
おっ!頑張って 旅行記始めはりましたね!
飛行機乗る時、日本に近付いたら、やっぱり富士山みて
ほっとしますが・・・
長い時は 通路側に座りたいし、国内だと喋ってるうちに
着いて、あんまり窓の外を見たことありません・・・
何か 翼しか見えなかったり・・・

この写真拝見して「おーっ♪」と驚きました。
綺麗な雲海と山もそうですが、民家が地図みたいに
見えるの面白いね♪
最近 旅行が億劫になってきたので、めったに乗らないと
思いますが、新しい新幹線や列車には乗って見たい!
鉄道ファンの息子が いっぱい写した「雷鳥」もラストランなんですね・・・

このお友達は 何年前からのお付き合いですか?
本当に、学生時代のお仲間みたいな雰囲気でサイコーっすね♪
ギターつまびいて、歌っても様になってそうだぜ♪
○○歳のグループとは とても思えない行動っす!!!
(今日は 同居人の実家の法事っす!安定剤飲んで行こうっと)
 
 
 
フォークソング (にやけ氏改めてH氏)
2011-03-06 10:03:56
歌声喫茶「ともしび」のニセコ版の十八番は:
♪まちのどこーかーにー さびしがりやがひとーりー
いまにもなきそうにー ギターをひいているー♪
とか
♪きみはおぼえてー いるーかしらー
あのー しろい ブランコー♪
です。
 
 
 
同じ世代♪ (ささゆり)
2011-03-06 16:01:42
フォークソングではないけれど・・・

♪いつかある日 山で死んだら~旧い山の友よ~ 伝えてくれ~
なんて歌も歌ってましたよ♪

いいお仲間ですね!!

 
 
 
浜男の歌 (ろみ玉改めR君)
2011-03-06 18:42:28
良く落としたり忘れたりは、それだけスキーに集中したってことやろなぁ(^_^)vセンセ♪

♪娘さんよく聞~けよ
H氏にはほ~れ~とけよ~浜で吹かれりゃよ~おお ハワイ~で暮らすよ~♪
 
 
 
君の祖国を (ジュンジュン)
2011-03-06 19:06:52

今思えばニセコに泊まってスキーしないのは邪道だ!
スキーがダメならせめて孫の幼稚園での雪遊びにと作ってあげた、米袋に座布団を入れて紐をつけた簡易ソリを持っていってニセコの山を滑ればよかったと後悔(笑)

私はぶっ飛びの音痴だが、「ともしび」の歌はなつかしの歌ばかりでした。♪もう一度 よく見て欲しい この国を よく見て欲しい♪ 何十年ぶりに聞いたこの歌が凄くすごく懐かしかったです。

 
 
 
皆さんにコメントです (ひらりん)
2011-03-06 20:54:01
■LuckyBookさんへ■
今回の日程はたまたま暖かい日に当たったようで、寒さは全く感じませんでした。そのあと、北海道も寒波に見舞われたそうです。
カレンダー付の壁紙ありがとうございます。

■saganoさんへ■
自分の記録も残しておきたいので、旅行記は作りました。
ツアーだと、だいたい後部の座席になり、翼があったりしますね。ネットで予約するときは翼の前側を選んでます。
雷鳥はずい分古びた列車でしたが、国鉄色のカラーが懐かしいですね。

■にやけH氏へ(ますます変なネームかも)■
小さな日記を歌っているとき、歌詞の切なさになんか涙ぐみそうになったよ(笑)

■ささゆりさんへ■
何となく聞き覚えがある歌ですが…はっきり思い出せません。

■R玉くんへ■
そだそだ。スキー一直線。他のことなんかに構ってられるかいなぁ。で、遺失物多数。

■ジュンジュンさんへ■
そういえば、小さな子どもらのそり遊びはどこでしてたんだろう。
幼稚園児くらいの子もストック無しの短いカービングスキー?でミズスマシのようにスイスイ滑ってました。
来年はにやけ氏の超初級コースを受けましょう。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。