== 毎晩パコパコ せっかちでドジなひらりんの言うたもん勝ち ==


ひらりん気まま日記



憧れの白馬岳へ 2011年7/16~7/18




今年もどっか山に登りたいねぇと、いつもの山遊び仲間で相談して、無謀?にも白馬岳に行くことになった。
本格的山小屋など誰も泊まったことがない、登山経験といえば、日帰りか二百名山くらいか、途中までロープウェイを使ってのお手軽登山しかやったことのない者ばかりである。
白馬岳は登山入門の山であるし、険しいコースもなく、ま、時間かければなんとか行けるんちゃうと、交通機関と山小屋を予約して計画実行。
7/16、大糸線白馬駅12時半に待ち合わせした。
私は京都駅から新幹線、特急「しなの」、在来線を乗り継いで、定刻通りに12時40分に白馬駅に到着。
しかし、東京から直通バスでやってくる3人が遅れに遅れて。
連休初日で高速道路が大渋滞していると何度もメールが入り、白馬駅でひとり2時間待ちぼうけになった。
(白馬駅の写真を撮るのを忘れた…)
ここはどこやねん?というくらいに暑い。駅前でざるそば昼食してひたすら待つ。
雲の合間にちらっと大雪渓らしきものが見えて、あんなとこ登るんかぁとうんざりしてきた。

14時半に合流。登山口の猿倉行きのバスは出てしまったので、4人でタクシーに乗った。
3600円なのでバスとあまり変わらないか。
25分ほどで猿倉小屋に着き、ここからいよいよ自分の足で歩き始める。




途中まで林道やゆるやかな道が続き、それから山道をたどって…これくらいなら楽勝やけど。


猿倉から1時間10分で「ようこそ大雪渓へ」の白馬尻小屋へ到着。


キヌガサソウの群落


サンカヨウ




今年は小屋のすぐ近くまで雪渓が残っている。


小屋から15分の大雪渓入口まで散歩。手ぶらだと段差もへっちゃら。明朝、雪渓を登るんやなぁ。


小屋の横のテント場のカラフルなテント。


夕食は到着時間ごとに数回に分かれて食べる。食堂の天井。
白馬尻小屋(200人収容)は冬季の間は建物が解体されて、雪の中に保存、初夏に組み立てられて7月から10月初めまで開いている。
部屋は蚕棚のように区切られているだけで、私たちは1区画5畳くらいのところに6人入って雑魚寝。
5時40分に夕食。7時半には真っ暗で、みんな寝てしまう。
雪渓の谷間にあるので、えらくしめっぽくて、気温は低いのにじっとりと気持ち悪い。
夜中にヘッドランプをつけて外のトイレに行ったり、よく眠れなかった。
明日の天気予報は晴れ午後に雷雨らしい。
お天気が悪くなる前に頂上にたどり着けるやろか。ここまで来ても不安と心配がもぞもぞと。
その(2)へ


コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« 次回はもっと... 白馬岳~栂池... »
 
コメント
 
 
 
登山入門の山とは! (千葉のおーちゃん)
2011-07-22 20:48:33
あの白馬岳が入門の山ですか!え~って。
ガイドブックを見たら、確かに一般向きとありました。
でもでも、やっぱり大変そうです。よく歩きましたね
おかげで写真で楽しめます。
山小屋泊はほんとに眠れませんね。もうやらないって決めてたつもりが
今年も行くことになりました。但し標高はだんだん低くなってます。
ひらりんさんはこれからですよ。若いんですから。
 
 
 
いよいよ はじまり!! (banchan)
2011-07-22 21:44:49
一緒に登山している気分になれそうです!!

小屋から見える限りは そんなに大変そうには
みえないなだらかな坂ですが・・・・

これがアイゼンつけてあるくと 重いんだね

あの映画「岳」のような クレパスもあるんかいな?

続きが楽しみです!!
 
 
 
えっ?山小屋初めて? (sagano)
2011-07-22 22:00:23
そう言えば、ブログにお邪魔するようになってから
初めてやったかな?
この辺まではまだ元気でカメラしてはったんやねえ。
咲いていた花、二種とも始めて聞いた名前のように思います。
やっぱり、伊吹辺りでは比較的知られた花が多いですが
雪渓周辺では 全然違うのでしょうね。

山小屋があるのにテントに泊まったはる人は 本格的な人??
山の「や」も登ったことないけど、テレビで見ていて
驚きました。
朝は洗面器一杯の水ね・・・それだけの魅力あるんやろなあ。
バスで行ける乗鞍の畳平?のご来光とか、長ーーい
ロープウェイで行ける???とかしか知らんもんね。
白馬は下から眺めただけ・・・

何か同じ一生でも 全然!中身がちゃうなあー
 
 
 
皆さんへコメントです (ひらりん)
2011-07-22 23:07:57
■千葉のおーちゃんへ■
ガイドブックによって、評価が違ってました。
2008年のヤマケイ夏増刊号には北アルプス入門の山と書いてあるので、ま、登れるかと。
あとで、ネットで調べると、けっこうきつそうで、ビビッてました。
図書館で借りた日本百名山のガイドブックを見たら、白馬岳も槍ヶ岳も剣岳も同じ体力度★★★技術度★★★でした。
登っているときはもう山なんか来ないぞ、と思いましたが、帰宅すると、やっぱりよかったなぁと。

■banchanへ■
軽アイゼンなので重くはないのですが、生駒山くらいの高さの雪道を2時間で登っていくと思ってくれはったら。
目印のルートを外れると雪渓にクレバスとかあるらしいです。

■saganoさんへ■
尾瀬の山小屋には泊まりましたが、尾瀬はお風呂もあるし、相部屋でも男女別だし。山の上の山小屋とはまた違いますね。
雪渓のすぐそばの木々はまだ芽吹いたばかりでした。
テント泊の人は自分でシュラフも食料も持っていけば山小屋宿泊費9000円が不要です。
テント場所代が千円?
何より、混雑する小屋の部屋より1人テントが気楽でいいらしいです。
私もロープウェイやらの日帰り登山しかやったことないです。

 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。