小さな野草たち

人知れずひっそりと咲く可愛い花たちの世界

六月前半・野草勉強会

2017-06-09 | 草原の花


                                ’17. 6. 7
とうとう、梅雨入り宣言の翌日

雨が降ろうと、槍が降ろうと、郷が開いている限りは集合....です
完全武装で出発


                   [キダチニンドウ] スイカズラ科
スイカズラとの違いは~?
本で見ると、葉の裏に橙黄色の小さな点々が一面にあると.....
次回は確認せねば..

*

                    [ハンカイソウ] キク科
大柄な花です


*

                        [ドクダミ] ドクダミ科
庭にあれば嫌われ者ですが、ここでは愛くるしく感じられます



UPしてみると、、、

一本の雌しべと、三本の雄しべがあるだけの、多数の花の集まりです

*

[ノハカタカラクサ]

*

                      [ウマノミツバ]  セリ科
食べられないミツバ・・・馬三葉
実には鉤形の刺毛が密に生える.....というから、
どうやら、ヤブニンジン・シャク・ヤブジラミの仲間のようです

花に柄がない、奇妙な形です

*

            [ヤブムラサキ] クマツヅラ科
花は終盤
葉がビロード状でした..
*

                         [コガクウツギ] ユキノシタ科
ガクだけが残ったもの

*

                          [キヌガサタケ]
思わぬ出会い!
雨に誘われたのでしょうか~~

*

                       [ツキヌケオトギリ]  オトギリ草
対になった葉が基部でくっつき、
突き抜けたようになっている様子がよくわかります


雨の中、探して、探しての一輪


午前中だけの観察ではありましたが
満足度100%の観察会でした。。。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 待ちわびて | トップ | 杏の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

草原の花」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。