ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 『生きる 劉連仁の物語』 森越智子 著  童心社

2017年05月17日 | 今日の一冊 etc.
                

 先日、札幌、藻岩山麓のブックカフェ塁さんで、森越智子さんの講演会があった。
 会場が家から徒歩で15分という場所で、主宰者も友人で、講演のゲスト、森越さんも友人なので、勿論、出掛けて行った。

 雨の日の夕暮れだったが、会場のブックカフェは、席が全部、埋まるほどの盛況だった。

 演題は、森越さんの著書『生きる 劉連仁の物語』から平和を考えるというものだった。

 劉連仁氏は、先の戦争で中国大陸から強制連行され、北海道の石狩沼田の昭和炭鉱で労役を課せられていた人である。
 彼は、過酷なその炭鉱から脱走をしたのだが、終戦を知らず、北海道の山野を13年間彷徨し続けた。
 北海道の冬は凍死するほどに厳しい。


 強制連行は拉致である。
 
 その数は、中国からだけで4万人余。

 著者の森越は言う。
 4万人という数字には、4万人それぞれの物語があるのだと。
 そして、知識は、知識でくつがえされることもあるが、感情に響いたものは、決して忘れない、だから物語を語ることが大事なのだと。

 まったく同感である。

 個別の物語に注視せずして、なにがあろうか。

 
 森越の講演は、とても興味深い内容だった。
 この著作の取材を通して、日本政府が中国からの強制連行を認めるに至った経緯もまた、サイドストーリーとして、かなりドラマティックな内容だった。

 いずれ彼女が物するだろうから、残念だがそのサイドストーリーの詳細は紹介できない。
 それを楽しみに待つとしよう。


 『生きる 劉連仁の物語』は、昨年の中学生の夏休みの読書感想文の課題図書になった本である。
 
 その感想文で、なんにも賞をもらわなかった感想文を森越が紹介した。
 13歳の少年の感想文だったが、ちょっと涙ぐんでしまった。

 何のてらいもなく、技巧もなく、ストレートに理解し、素朴に書かれた感想文だった。

 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ 『カタロニア讃歌』 ジョ... | トップ | ◆ 『野心あらためず』 後藤... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。