ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 『15歳、ぬけがら』 栗沢まり・作   講談社

2017年06月28日 | 今日の一冊 etc.
                     




 子どもの貧困がテーマだと思う。


 テレビドラマ『やすらぎの郷』を見ていたら、石坂浩二演じる脚本家が、「筋ばっかり追うのではなくて、人間を描かなきゃだめなんだ」と言っていた。

 まさに、その通りである。
 
 
 
 そこに描かれる世界に共感なければ、共苦もない。




 とは云え、
 
 蝉のぬけがらと、
 15歳、少女のぬけがらと、

 意味を、リンクさせたこと、その発見については、感心しきり!!


 



 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ 『死者の書 身毒丸』  ... | トップ | ◆ 『明日のひこうき雲』 八... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。