ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 『赤露の人質日記』 セルゲイ・エリセーエフ 中公文庫 

2016年10月19日 | 今日の一冊 etc.
                    

 今夜も、漱石つながり。
 思えば、私の半世紀とチョイの読書人生に於いて、忘れたころに漱石と縁の深い人が、忽然と現れては、心に沁みる足跡を遺してくれた。
 セルゲイ・エリセーエフも、その一人である。
 この『赤露の人質日記』は、セルゲイ・エリセーエフ自身が、日本語で執筆した書である。
 ここが、ラフカディオ・ハーンとの、決定的な差違だ。

            憧れの日本に留学し、羽織袴でポーズを決めるセルゲイ・エリーセフ。

 『赤露の人質日記』というこの本を、書店で手に取って買って来たのは、なぜかは、今はもう、まったく覚えていない。
 その頃は、札幌に住んでいたが、私は日本海に面した小さな町、留萌というところで、幼少期を過ごした。

 私の、小学生の低学年のころ。
 その頃、昭和で言えば、30年代、西暦で言えば1960年代、日本海に面した小さな町の港にソ連の大型船が度々、入港した。大人になってから調べてみると、貿易特区のような港になっており、ソ連からラワン材など木材を積んで大型の輸入船が来ていた。

 私が、初めてみた、白人は露人である。
 私が、初めて覚えた外国語は、ハラショーである。
 その大型船でやってきた露人は、留萌の小さな町の市街で、ショッピングを楽しんでいたのだろう。結構、気軽に住民たちとやり取りがあり、子どもの私たちにも、外国人という警戒心はなかった。互いに珍しいもののもやり取りもしていた。
 
 私にとって、露人は、馴染みのある人たちであり、いつも眺めている海のむこうの国に住む人たちであり、中学生頃から高校生になると、小生意気な文学少女気取りの小娘にとって、白樺やトロイカ、革命、ボルシェビキ、という語彙が、とてもロマンティックな響きとなって、ロシア文学に興味を持つようになり、意味も分からず、トルストイの字面を追い、ドストエフスキーの字面にしたり顔の裏、その難解さに困惑すし、アレクサンドル・イサーエヴィチ・ソルジェニーツィに至っては、もう小脇にぶら下がる木綿のトートバックに入ったままという日々を過ごしていたのである。
 ある種の、三田誠広状態だったかも。
 
 そのような背景を過ごして後、あの70年前後の熱気にも、もう冷めた(覚めた、かな?)頃、『赤露の人質日記』を読んだのだった。
 読み初めて、それは、とても衝撃的だった。
 鉛筆で記された日付を見ると、「1976年、12月吹雪」と記してあるので、初版が出版されてすぐに購入したようだ。

 セルゲイ・エリーセエフは、ロシア帝政にあって、とてつもない冨と権力を有したブルジュアジーだった。セルゲイはフランスに留学し、そこで新村出に出会い、日本学に興味を抱く。
 そして東大初の正式な海外留学生第一号となった。
 彼は、一心不乱に勉学に励み、漱石と出会い、木曜会の仲間となる。 

 勉学の徒、セルゲイは、東大を卒業し、ロシアに帰国する。
 そして、彼は、ロシア革命に翻弄されることになる。

 彼の家系というか彼自身も革命を支持するのだが、革命というものは、おおよそ文学的思考と無縁な、政治の世界の出来事である。
 それは、無情であり、非情だ。
 革命家たちは、支援し資金まで援助したエリセーエフ家を否定し、追尾の手を緩めることはなかった。

 セルゲイ・エリーセエフの人生は、それからというもの流転の日々となる。

 しかし彼が東大で学び、漱石の元で会得した日本学が、彼をアメリカのハーバード大学へと導く。

 先の大戦の、東京空襲で、神田古書街が、焼夷弾攻撃を免れたのは、アメリカ政府へのセルゲイ・エリーセエフの進言があったからだという伝説がある。
 神田古書街の店主たちは、「エリセーエフとか言う人が、ここは焼いてはいけないと、大統領に進言したらしい」と、言っているのを、私も聞いた。
 この神田古書街に伝えられているエリセーエフの進言というのは、実は、事実無根かも知れない。
 しかし、エリーセエフとは、何者か判らないにもかかわらず、このように、エリセーエフという、その名前が語られることにこそ、意味があり、その事実に、私は心惹かれてしまう。  

 アメリカのジャパノロジーの礎となった人である。

 セルゲイ・エリーセエフは、どうにも偏屈な性格になったらしい。
 この写真をみると、そうだろうなー、と思う。
 偏屈になって、当然だよなーと、思う。
 そんな人生だったのだと、思う。
 だから、私は、そんな白系露人セルゲイ・エリーセエフを今も忘れない。
 
 
 

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ 『煤煙』 森田草平 著 ... | トップ | ◆ 心惹かれてやまない 阿部... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。