ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 『坊っちゃん』 夏目漱石  文春文庫

2016年10月16日 | 今日の一冊 etc.
               


 今夜、『夏目漱石の妻』というTVドラマがあった。
 今日が最終回だったが、私は前回とこの最終回しか観ていない。
 残念。
 一回目から、ちゃんと気をつけて観るべきだったと思ったほど、興味を持った。

 本日の名シーンは、壇密の大塚楠緒子だ。
 楠緒子が、夏目家の玄関先に現れた瞬間、そのキャスティングに、私は、大喜びで手を叩いて、はしゃいでしまったほどである。
 私が空想する大塚楠緒子の雰囲気に、壇密はまさにはまっていた。
 壇密の佇まいといい、セリフまわしといい、目線といい、特に、斜め後ろ姿の、首筋は、さすが!だ、これだ、これだ、これこそが、「あるほどの菊投げ入れよ棺の中」と、漱石に俳句を詠ませたほどの楠緒子というものだと、感服してしまった私である。
 
 
 しかし、最終場面が、どうにも不満足でならない。
 
 修善寺の大患で、生きかえった漱石が、すっかり元気になり、信州へ講演に行くという。 
 信州の山中に佇み、山並みを眺めながら、漱石と鏡子が語り合うのだが、鏡子が実は『坊っちゃん』の清は、自分がモデルだろうと言う。
 そこで、漱石役は優しい目をしながら「だから、鏡子かどうか、どうだろうね」というようなセリフを言って、場面は、ばぁーとカメラが引いて、その場面で、ドラマは終わる。
 
 私は、漱石役の俳優が言った、だから、に咄嗟の逆上反応をしてしまい、だから、のあとに続く安直なセリフを正確には記録できないが、とにもかくにも、

 えええっー!!! 
 これって、ありですか、だったのである。
 これでは、まったく、肩すかしではありませんか!!
 演出家か脚本家か知らないけれど、『坊っちゃん』の“だから”のもつ意味の深さを、まるでわかっとらんのだ。


 小説『坊っちゃん』の最終行、あまりにも有名な、あの一行。

 「だから清の墓は小日向の養源寺にある」

 この、“だから”は、日本文学史上最高の接続言と言われているのですぞ!!


 私は、どんなに我が儘で、神経衰弱で、面倒臭い男であろうとも、この、一行が書ける、夏目漱石という作家に、とことん惚れてしまうのだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ AMPELMANN   アンペルマン | トップ | ◆ 『煤煙』 森田草平 著 ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。