ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 『死都ブリュージュ』 ローテンバック 作 窪田般彌 訳 岩波文庫

2017年03月06日 | 今日の一冊 etc.
 四日に、もの書きの集まりがあって、二次会でなにがきっかけだったか、『死都ブリュージュ』の話になった。                 

             

 随分と昔に読んだ本だけれど、印象がとても強く残っている。
 こんなにも、人の心のゆらゆらとゆらめく様を描いている小説はそうない。



   作品中に描かれる愛の湖 Minnewater  
 
                          何気に、うら寂しい感じ……。
                                      季節は七月、夏なんですけどね。

                         

 
 小説『死都ブリュージュ』は、一見、谷崎の『痴人の愛』にも似ているような感じもするのだが、谷崎の強い生へ執着する感じは、この小説にはない。
 
 むしろ荷風の廃退的な感じと、似ているよう気がしたものだった。


 後年、荷風に関する文章を書くために、いろいろ読んでいたら、やはり若かりしころローテンバックに共感していたらしいことが分かった。
 げに納得。
 荷風は、フランス語で読んだらしい。


 
   

 ブリュージュは、ベルギーのとっても有名な観光地になってしまっているので、沢山の観光客がどっさりと訪れるところだけど、こんなにも静謐なところもある。

 でも、観光で訪れた外人の女が一人歩くには、若干、不安になるぐらい誰もいない観光ツアーの道から外れているの場所なので、少なくとも二人以上で散策することをオススメ。
 

 <この水辺の道 Minnewaterpark へ行ってみたい人へのメモ>
 ブリュージュ駅を背にして、ロータリーの横断歩道を渡り、観光客がどっさり向かう左側の道へは行かず、観光客はまず誰も行かない右側の道を林に入って行くと、水辺沿いに遊歩道があります。
 道なりに歩いていくと、ちゃんとペギン修道院の裏門らしき場所に辿り着き、ペギン修道院で、『尼僧物語』のオードリー・ヘップバーンなんぞ思い出しつつ正門から出ると、観光客がどっさりの旧市街地に至ります。

 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ 宮城県山元町、保育園行き... | トップ | ◆ Jack Wolfskin  書を捨て... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。