ケセランパサラン読書記 ー私の本棚ー

BOOKS LIVRES BOEKEN Buecher LIBRIS 本

◆ 旅ばなし 51回 フリジリアーナ(FRIGILIANA) に行った。

2017年10月10日 | 旅ばなし
 フリジリアーナ(FRIGILIANA) に行ってみた。 
 現地では、フリヒリアーナという音に近い。
 ちょっと、日本人には、難しい発音かも。

 スペイン、マラガ駅前のバスターミナル20番から、バスに乗った。
 バスターミナルはマラガ駅に隣接しているので、すぐにみつかる。
 
 そこの窓口で、ネリハ(Nerja)行きのチケットを買う。

 チケットを買ったら、ターミナルにある電光掲示板で乗り場を確認する。(チケットには乗り場の表示はない! これ要注意)
 バスは全席指定だけど、座席のナンバーが、まったく判読できない状態なので、判読できる座席から追って数えるしかない。
 まぁ、乗客はみんな親切で、「39番シートはそこだよ」とかって、教えてくれた。

 バスに乗って約1時間、地中海の町、ネリハ(Nerja)に到着。


 まず、ネリハ(Nerja)で、ホテルにチェックイン。
 
 翌日、フリジリアーナ(FRIGILIANA) に行く。
 交通手段は、路線バスもあるらしいが便数が少なく、私はタクシーで行った。(片道 €12)


 真っ白な町が目の前にあった。

 坂を登った。     つい目を見張ってしまったマンホール。


 窓辺の花。  壁に綴られている町の伝説。
        

 一気に太陽燦々の、真っ白い町、フリジリアーナ(FRIGILIANA) に辿り着いて、美しい! と思う。
 まるで、テレビの旅番組のような、きっと世界遺産のような、なんだか、内実共に真っ白で、ある意味白々しい町。

 だけど、ふと、その白い家から、人が出てくる。
 あぁ、ここに、確実に、生活している人が、いる、と思った。

 なんか、切ない町。




 <追記>
 
 不思議……。
 私のブログで、何故か『ヘンリ・ライクロフトの私記』(ジョージ・ギッシング)が、かなり数、アクセスされている。
 
 この文章をupしたのは、調べてみたら16年の4月6日だった。

 いったい、どういう人が、こんなマイナーな本を検索して、私のブログに行く着くのだろう…。
 
 なんとなく、不思議…。 

 私の好きな本だけど。





 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« ◆ 旅ばなし 50回 世界入り... | トップ | ◆ 旅ばなし 52回 バイヨン... »