飯屋ひら乃です。人間を世の中を料理してみます。

人生を美味しく楽しく、ほろ苦く時には渋く。

自然栽培について

2017年05月18日 | 日記

無農薬で育てた 野菜を食べるのは大事なことです

それらを 化学調味料や サラダ油 ドレッシングで 食べたらって思うと

どうなんだろうって 思います

食べる前に これじゃ 意味のないことではないでしょうか

作るのは かまいません  それを 売り物にして栽培するものもいます

そうかんがえると  有機栽培  そのものは 良いのですが

全体を 考えると まだまだまだ そこだけ新鮮  安全でもって思います

 

その前に  食べられることに 感謝すること のほうが  先に大切ではないでしょうか?

人間の体は そんなにやわじゃないと思うし 作る側だって 一生懸命作っているんだし

なんだか矛盾を感じたりもするわけです  

煙草を吸う 循環器の先生が  患者に  煙草は体に悪いから やめなさいって言っているのと

言葉は違うが 同じような気もします

 

少しの 農薬食べても 丈夫な体を 精神を 作ることのほうが 世の中にも良い気もします

運動もしないし 車社会だし  パソコン  テレビ  自然と体が弱くなっているのだからね

農薬も影響ないと思うが  私たち父母は もっとひどいもの食べてきたわけですからね

 

昨年 学んだ自然農法なんだけど  どうしても  しっくりこない

良いことは良いが 何かが かみ合わない  

そう感じるのでした

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご無沙汰しております。 | トップ | ふたつあるわけ・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL